各駅停車(わざと普通とは言わない)の運転速度を向上させる悲願の全電動車、4扉の800形が1978(S53)に誕生!
             
800形の新機軸 
 普通車用に設計され、起動から60km/h位まで群を抜く加速力。減速も効き、ラッシュ時に4扉構造とともに時短
 8mmカメラで乗降時間を検証し、4扉片開きとした。1,200mm開口の扉窓とほぼ同じ寸法の客窓で側面の一体的なデザインを狙った 
 京急初の右手操作のワンハンドルによる加減速操作801編成には遮光ガラスを入れて隧道、夜間はミラー電車にFRP窓枠の採用
 3両全電動車ながら、主制御器1台で3両12個の主電動機をコントロール。6連では在来MMユニット比較、1台の主制御器等が浮くエコ設計
 回生制動を取り入れて使用電力量の削減全電気式ブレーキMBSシステムの導入
 冷房機器は分散式冷房機で室内の屋根高さの重視派、集中式冷房機でメンテ面での平天井派のせめぎ合いで先頭車は分散に
 等々の230形以来の一大エポックメーキングな車両(店主の独自判定)として登場した。順次書足しております。
 ページは、登場当時の広幅の窓周り白の「ニューデザイン車」で構成しましたが、非撮影やデジイチの最近のつまらん写真もアップ。
 ※写真が多すぎて下の方のページ表示まで多少時間がかかること、ある程度読み込まないと他ページへ「ジャンプしにくい」ことをお詫びいたします。
京急800形3+3
 前照灯丸形で登場時代。
京急800形丸形前照灯時代-801
 ↑↓登場間もない頃  ↓この後に2000形(系)の登場が近い600形と
 京急800形丸形前照灯時代-801
以下、 車号編成順に・・・当時の「ニューデザイン」と「現行」を混ぜて・・・。
京急800形丸形前照灯時代-802
起動時から約30~35km/h位までは、従来のカム軸を回して電流を制御する抵抗制御方式。
実はこの領域が空転が一番起こりやすい魔の速度域なのだが、この点はオールMで粘着負担
分散してギリギリの加速度を出すようにしていた。
ところが就役直後にいろいろ計測した担当の方は「カム軸の上がりが悪い。もっと早くカ
ム軸を回せないか」「減流値の調整する?」等と機器の限界に近づく努力や調整をされてい
た。この結果、性能的に阪神のジェットカーを抜いたと思われる(店主体感比較)加速度に到
達した。中、高速域の伸びは分巻界磁チョッパ装置が働いて当初からジェットカーを上回っ
ていた。 その後、現在までに様々な調整を経て、安定した動作で運用に使用された。
さて、上りのラッシュにバンバン投入されるはずの800形、下り列車でも活躍していた。
それは沿線各駅の学校に通う学生の牛歩乗車が遅延の大原因となっていて、仕方なく学生を
4扉で吸い込んで、下り列車の遅延防止にも大活躍をしていた。
担当の方は「上りにもっと入れたいが、下りも遅れさせられないから」と涙で下り列車に
投入の運用を組んでおられた。
京急800形丸形前照灯時代-802 
京急800形丸形前照灯時代-803
 ↑↓日中は普通運用に6連は必要ないので急行で運用された
京急800形丸形前照灯時代-804
京急800形丸形前照灯時代-804
 京急800形
 ↑超望遠レンズで陽炎が凄くてこうなりました。
風が吹いていればノープロブレムなのですが。線路間中央の距離杭が100m毎に並んでいます
京急800形丸形前照灯時代-805
京急800形丸形前照灯時代-812 
前照灯角形 (こちらも車号編成順で)
京急800形窓周囲白塗装-801
↑↓連結器とジャンパ関係。6連化後はつなぐ必要ないのでさっぱり
 京急800形801
京急800形窓周囲白塗装-801
 何故右手ワンハンドルになったのか
設計側から見ると運転席の足下は拡大したい。その右側は広大なスペースがあり、
その場所に従来の主幹制御器を横倒しにして入れてしまえ。の発想であった。
東急車両で製造した「江ノ電1000形以降」、「イズハコ新型車」非貫通タイプに
この考え方と機器が採用されている。
その後に登場した何故JR車両は何故左手か?ノッチは左手操作を変えたくなかった?、
バックするのに左手操作がやりやすい?可能になったのは機器の接点の電子化
小型化のなせる技。
なお、当初、デッドマン装置はノッチ棒を右手各指の握力で握り込む形のスイッチ
であったが、「現場としては」上から手を乗せて操作する方が「絵馬」になりにくい
との要望があり、究極の安全を考えた方式は上に手を載せてスイッチを押し込む他社
と同様の方式に変更された。
京急800形窓周囲白塗装-802
京急800形窓周囲白塗装-802
 戸袋窓と客用窓の高さが違って凸凹した理由は「当初、設計図では同じように・・・。」と
  現車出来上がりの盲点だったようなお話を聞いた
805~は戸袋窓窓寸法を縮小して外見上、客窓と同一に見えるように変更した。
 京急800形側面
 
 ↑↓店主が団体の会報用に会社の御厚意を頂いて登場直前に1週間ぐらい徹夜で引いた図面。
   アッ!ホンマヤァ~。確かに窓が同寸法になってはるぅ~。(明石屋さんま調で)
   ロットリング、丸抜定規、数字矢印は1文字ずつインレタを擦って貼り付け、白ベタ。
   この頃はワープロすら無かったので、文字は手書き。綺麗な字を書ける人がうらやましかった。
   今ならCADであっという間に書けてしまうやろうなあ。若かったノウ~。今は根性すら無い
 
 
京急800形窓周囲白塗装-803
京急800形窓周囲白塗装-803
京急800形窓周囲白塗装-803
 ↑桜が見事だった頃。列車往来の保安上、現在は無い
 京急800形804
 ↑当時の「御」活躍写真捜索中。とりあえず10年くらい前の白帯のお写真を。以下白黒無いのは同理由
京急800形窓周囲白塗装-805
 ↑↓車号は6連化されても変わらないが、これは3連+3連
 京急800形窓周囲白塗装-806
 ↑↓お面と3,4両目の塗色を比較してみませう。
 京急800形806
 京急800形窓周囲白塗装-807
京急800形窓周囲白塗装-807
京急800形窓周囲白塗装-807
 ↑まぁ、やってみたかった画角
京急800形窓周囲白塗装-808
 ↑横浜で大半の乗客を降ろし、神奈川新町まであと2駅、必死で逃げる
京急800形窓周囲白塗装 
 京急800形808前面
↑ほぼ、ほぼ、正面で捉える
京急800形窓周囲白塗装-809
京急800形窓周囲白塗装-809
 京急800形
↑ 陽炎シリーズその2 ダッシュが高性能な電車とダッシュも得意な高性能車の出会い 
京急800形窓周囲白塗装-810
 ↑朝ラッシュで本領発揮
 京急800形窓周囲白塗装-811
 ↑パンタのたすきと船体の先っちょ(呆て名称思い出せず-苦笑)が異様に光ってこんな光景に
京急800形窓周囲白塗装-811
京急800形812
 京急800形812
京急上大岡百貨店建設前
 ↑上大岡の上空がスッカスカの時代この後に横浜市の副都心計画もあって、区画整理や鎌倉街道沿いにビルがドド~ンと●棟出来た。
京急800形窓周囲白塗装中間新造車
 ↑3M編成の中に新造の3Mを組み込んで6連に。 
この際に品川方の製造時の80*-3先頭電動車は-6に改番されて-1~-6に揃えられて-3は初代と2代目がある番号になった。
なお、新造中間車が製作されたのは811F~で、801~810は奇数編成の品川寄りと偶数編成の浦賀寄りの運転台が撤去され
6連固定化工事が行われて客室化され、改番はされずに6連となった。
新造車の冷房機は中間車なので集中式で揃えられた。-3中間新造車の客ドアの引き込み位置は元祖3連と同様に揃えられた。
ホームドアなんていうものが義務化されなければ、この車も半導体最新機器に更新されて100歳まで?生きられたのかも
 京急800形窓周囲白塗装-6連化813
 ↑↓中間に新造車が挟まった6連813-1~6
 京急800形窓周囲白塗装-813
京急800形窓周囲白塗装-813
801~810号6連化後の編成 浦賀方、品川方の先頭車コレクション。ハ~クション
この5本は集中冷房機搭載車が2両しかないので判別は容易
浦賀寄 奇数号車-1  品川寄 偶数号車-3
京急800形801-1 京急800形8023
京急800形803-1 京急800形804-3
京急800形805-1 京急800形806-3
京急800形807-1 京急800形808-3
京急800形809-1 京急800形810-3
京急800形窓周囲白塗装-814-3
 京急800形814-6
京急800形窓周囲白塗装-815-3
 京急800形窓周囲白塗装-815-3
 ↑↓電子タイフォンの位置を比較下さいませ~。
京急800形窓周囲白塗装-815-1
 京急800形
 ↑陽炎シリーズその3 近距離は陽炎の影響を余り受けません風さえ吹けば陽炎飛んで普通の望遠画像になったのですが。画像加工みたい
京急800形窓周囲白塗装-815-3
 ↑6連化前は「-3」 ↓6連化後「-6」
京急800形窓周囲白塗装-816-6
京急800形窓周囲白塗装-816-1
京急800形窓周囲白塗装-816-6
 ↑逗子海岸駅
京浜寿司逗子と逗子海岸駅の間の踏切問題でホームの8両化が出来ず、駅を統合して
1面1線の新逗子駅となった。
乗降客の流れを変えないために旧京浜逗子側に跨線橋が架けられて、新入口(駅跡)
に小型のショッピングビルが建てられた。
 (国鉄)逗子は大きな駅前広場があって、京急バスも起終点となっていて並べば
座れる優位なポジション。乗ったまま駅前に行けて横須賀線の増結もあり東京、横浜
方面は当時から横須賀線利用が多い。
更に現在は新宿方面にも手軽にいける最強の始発駅。
この対抗策として、金沢文庫まで普通で運行、快特の4両後部に20分毎に増結する
画期的なダイヤ改正をして、品川からも座れる好条件の列車を仕立てた時代もあった。
その後、羽田空港へ振り向けて「快特」として川崎・横浜~逗子の優位を保って
いたが、時代も変わり(どのように解釈するかが此処がポイント)、「空港最優先」の
利益、利益の思想で空港線各駅の利用者は殆ど品川方面にもかかわらずも京急蒲田で
乗り換えを強いる大迷惑。運行区間にある自治体の「京急鶴見」に優等列車を停める
要請、横浜線東神奈川対策もからまって鈍足「エアポート急行」に建て替えてしまった。
新逗子~品川・横浜方面への優位さを完全に失っているのが現状。
JR子会社羽田モノレールとオリンピック以降にJR空港線で矢が2本になって飛んで来る
前に稼いでおこう。という投資最小限、大田区の乗客の流れ「完無視」最近の京急は・・。
ネットや併走JRもあって、2018年現在、車内の広告は激減、自社広告で空白埋め。
「金貸し」、「大井、平和島、川崎」等のギャンブル広告も減少しているように見える。
偶にマンション。だからと言って「北斗の拳(ザコと行く・・・)」知らない乗客が見れば
なんだ「ザコ!!」とは。の自主規制感覚もなくなったタイアップ広告と列車を走らせる。
極みの「オタ」会社※に。※やっている部署を批判しているだけです。でも=会社。
 1985(S60)26-1
京急800形窓周囲白塗装-817-1
 京急800形817-6
京急800形窓周囲白塗装-817-6
京急800形窓周囲白塗装-818-3
京急800形窓周囲白塗装-818-3
京急800形818-1 
 京急800形819-1
 ↑風よ吹け~。
京急800形窓周囲白塗装-819-6
 ↑朝の通勤客の文庫での増結は殺気立つほどの混雑で、輸送改善が急務で、関係者は必死で努力されていた。
京急800形窓周囲白塗装-819-1
 京急800形窓周囲白塗装-819-6
 京急800形820-1
 京急800形820-6
京急800形821-1
京急800形821-6
 ↑まだまだ新聞を拡げる「紙情報時代」の朝ラッシュ。
今は首を下に垂れ下げる「スマホ」時代。そのうち人類の首は下向きに、右手親指の異常発達になるのか
京急800形窓周囲白塗装-822-3
 京急800形窓周囲白塗装-822-3
 ↑この辺りホームになっている。上には首都高速道路が架かって風景激変
京急800形822-6
 京急800形窓周囲白塗装-823-3
京急800形窓周囲白塗装-823-1
京急800形窓周囲白塗装-823-1
 京急800形824-6
京急800形825
 ↑色替え中。ハーフアンドハーフ 
赤い電車に白い帯の会社のイメージが強い某社(敢えて社名を伏す)の当時の●層部から「在来の白帯」の復活をゴリゴリ。
この後に登場する20●0系クロスシート車が「ニューデザイン」、ロングシート車は旧来の「白帯」と分類する
決定をされてしまった。余談だが、この決定が無ければ15●0形は「ニューデザイン」での塗装の流れもあったのでは・・・。
このため、元祖ニューデザインの8●0形は泣く泣く「旧来帯」に変更、その後の新形式1500は既定の白帯で登場となった。
現在の新造車になってもこの流れが変わらず、車両に1箇所クロスシートをつけたので「旧来の帯」の塗色から
「ニューデザイン」塗色としている姑息?な例も生じている。
本来であれば車体にクロスシートの有る部分だけ「ニューデザイン」色、ロングシートの部分は「白帯」に塗色して
どの位置がクロスシートか分かり易くすべきかも。
駅名は簡単に変えるけど車両の色にはとことんこだわる・・・。というか
京急800形窓周囲白塗装-825-1
 京急800形825-6
京急800形窓周囲白塗装-825-1
 ↑方向幕が「逗子」の時代。この他にも川崎、新町、文庫と表示されておおらかであった。
 京急800形826-6
 ↑背後がこんなんなるなんて・・・。
京急800形827-6
 6連組成車の梅屋敷駅停車にともなう浦賀寄り2車の扉切放運行
梅屋敷戸閉切放看板 梅屋敷戸閉切放看板
梅屋敷駅は前後を踏切に挟まれて4両編成以上の客扱いが出来なかった
地元としては、6連が停車している間は踏切が遮断され、待ち時間が長くなるので
歩行者や車両の通行に悪影響が生じるので、簡単に認められない理由があった。
しかし、輸送力の増強は待ったなし。京急関係者の必死の努力で地元が了解して1984(S59)
800形による6連化を開始。※後に1000形の特定編成にも取り付けられた。
浦賀寄り2両の扉を自動で切放する地上子と車内回路が整備され、運転士
が梅屋敷に向けて前駅を発車する際に「扉切放確認」のスイッチを投入、走行中に地上子
から受信した2両分の扉開切放回路が構成され、確認警告チャイム音が流れた。
と記憶
梅屋敷戸閉切放扱い 梅屋敷戸閉切放扱
 ↑戸締め切放スイッチ ↑同左スイッチ操作中 
 3連運用
閑散時に3連で運用することで3連の増備が続いた。
※梅屋敷問題で6連ドアカット開始と運用時間帯の拡大まで常時川崎以北の乗り入れは
 行われなかった。運行に合わせて6連の停車長に不足する駅はホーム延長された。
しかし、普通列車は6連、4連が運用されている中で、イキナリ3連が来ると
(1)閑散時は定期外旅客の不慣れな乗客が多い
(2)閑散時でも4両編成の停止位置に1両分が無い 
(3)車両の無い位置から扉まで歩行が遅い人は時間がかかる
結果、ドアを閉めるのに時間を要して「運転時分の遅延」の他、「座席減の苦情」等も
あって、3連の運行は昭和60年代(詳細は別途)取りやめになった。
京急800形3連 
 京急800形3連802-3
 ↑802-1 ↓810-1 戸袋窓の大きさの違いがわかりやすい?
 京急800形3連810-1
京急800形3連802-1 
 京急800形3連8081
京急800形3連802-1 
 
 ↑方向幕は当初の黒字に白文字から→最後は白地に黒文字「正式駅名」と変わっている。
800形だけ黒地にするとコスト高になったからだろう。現在製作業者さんは?
             
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved