3代目六郷鉄橋を行き交う車両メインに地平時代の鮫洲~平和島(旧:学校裏)を~貼りました。
本ページ殆ど借り物のレンジファインダー35mm、確か「Y社エレクトロ」ナントカ。
シャッターストローク深くて、慣れぬナントカ+下手くそ=ボケ、ブレマクリでほぼヤバイのばっかっす。
記憶違いの記載の内容はご容赦ください。そのうち判明したら訂正いたします・・。程度の掲載姿勢・・。
※写真が多すぎて下の方のページ表示まで多少時間がかかること、ある程度読み込まないと他ページへ「ジャンプしにくい」ことをお詫びいたします。
 2018.01「(昔)真の京急」地上激走の快特他を順次アップしております。ながらでお楽しみ下さい
★海岸電気軌道
      六郷橋梁~京浜川崎
(その4~2)へ
       
-----------------地上時代の鮫洲駅(その4~1)※六郷橋梁は(その2)
京急鮫洲地上駅
 ↑鮫洲駅から品川方
京急鮫洲地上駅700系717
 ↑普通到着
京急鮫洲地上駅マリンパーク号600形624
 ↑↓「快特マリンパーク号」通過。快特の種別板も付いている
京急鮫洲地上駅マリンパーク号600形637
京急鮫洲地上駅都営5000形5097
 ↑続いて都の5097F通過(MP号より先だったかダイヤ確認せなあかんな)カビは手が着けられん
京急鮫洲地上駅
 ↑下り快特通過。昔の京急景色  ※右端をご覧下さい
追っかけ普通発車
京急鮫洲地上駅
 Google社の自動広告を導入中です。
 
<ご注意>
 Google配信とはいえ、広告欄に「ウィンドウズのパソコントラブル解決」とか「ドライバ云々」とか「ダウンロード」、「*秒以内にダウンロード開始」とか書いた広告には触れずに「×」で閉じて下さい。これらの広告はパソコンシステムのトラブルになる可能性のある広告です。
広告による問題発生は当店は責任を負えませんので、ご注意をお願いいたします。
画像処理最大手Adobe社はダウンロード時にインストール項目のチェックに注意して外さないとgoogleの閲覧ソフトに入れ替わる場合があります。
旅行と鉄道模型をカメラとカメラ用品で撮る。ダイエットと食事とアニメ、映画、補正着衣に凝る。
京急鮫洲地上駅1000形1016
京急鮫洲地上駅1000形1060
 ↑撮影コマを無駄死にはさせたくない店主1060のCP ↓編成のパンタ位置、前面配管の? よく見ると何かある
京急鮫洲地上駅1000形1142
京浜急行400系デハ462
京浜急行400形デハ471
京浜急行1000形デハ1021
 ↑鮫洲で待避の1000一次車同士 
京浜急行1000形デハ1040
模型をカメラとカメラ用品で撮る。ダイエットと食事とアニメ、映画、補正着衣に凝る。
------------------- 平和島高架化工事-----------------
京急平和島駅高架工事
京浜急行1000形デハ1184
 ↑上り線は高架を走行中
京急平和島駅高架工事
 京急平和島駅高架工事地平
京急平和島駅高架工事
 ↑↓川崎方取付部工事。よもやこの部分から平和島駅構内に続くS字曲線を時速120kmで駆け上がり、115km/hで分岐器を激走し、
平和島駅を通過する最強恐怖のジェットコースター区間になるとは、この時点で誰が予想できただろうか?
京急平和島駅高架工事
 -------------六郷土手駅------------
京急六郷土手地平駅
↑↓六郷土手駅 一般道は警手が踏切遮断機(帯)を操作していた
京急六郷土手地平駅
京急六郷土手地平駅
 ↑高架化により約60m川崎寄りに駅が移動した
京急六郷土手付近1000形デハ1219
京急六郷土手付近1000形デハ1237
 ↑徐行予告標
京急六郷土手付近1000形デハ1201
 ↑↓徐行制限50km/hの位置
京急六郷土手付近1000形デハ1013
 ↑六郷土手駅 蒲田方 架線柱の駅間速度標にご注目
京浜急行1000形デハ1016六郷土手駅
 ↑六郷土手駅 川崎方 踏切の先は第一場内信号機に思える。
六郷橋梁~京浜川崎(その4~2)へ
旅行と鉄道模型をカメラとカメラ用品で撮る。ダイエットと食事とアニメ、映画、補正着衣に凝る。
★海岸電気軌道
             
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved