フィルムスキャン&プリントの
店舗トップページ
ビネガーQ&A  ビネガーフィルム進行状態  ビネガーフィルム修復実験
ビネガー進行測定ツール グラシン紙スリーブの輸入  感光材料の酸化マイクロ
スコピックブレミッシュ現象
ネガカラー黄変現象
 フィルム保管セット商品トップ  特徴と材質  商 品 価 格 お求め方法 
ビネガーシンドローム対策用フィルム保存セットの構成商品写真 
★★発症や進行(活性化)を抑制するため★★
 全てPAT試験合格材料で製作されています

■フィルムに悪影響を与えない材質の証明
 アメリカのIMAGE PERMANENCE INSTITUTE:通称IPI(画像保存研究所)がISO18916の試験方法に基づいて実施している材質試験(PAT)に合格した商品
※PAT:PHTOGRAFIC ACTIVITY TEST写真活性度試験
 例:商品加工、構成のための「糊や着色料」も対象となる総合負荷試験

 着色すれば、インクのガス等で試験のパスは非常に困難
 樹脂スリーブーからグラシンスリーブに移管すると急激に丸まる場合があります。
こちらのページ中段に急に丸まる→写真
箱の材質
マイクロチャンバー(商品名アートケア)厚さ3mm白色
酢酸ガスを吸着する能力かつ穏やかな通気性
を持ちます。無着色です。
 
 ↑糊等の接着材料を使わずに折り曲げ組み立て済みです。  ↑外形寸法です。 
 

→→
箱本体は外寸高59mm、上蓋は46mmです。
     
       
 
  ↑スリーブを入れた状況  ↑取り出しやすいように幅を持たせました。 
   ↑スリーブは35mm、ブローニとも端が貫通しており、フィルム用ピンセットなどで左右どちらからでも抜き出すことが出来ます。 
  ↑ブローニースリーブの寸法   ↑35mmスリーブの寸法 
35mm(135)用スリーブ
  
フィルムの状況が判るように白色紙を下に敷いて撮影しています。
 フィルムスリーブは通気性が最重要です。
 
 その性能を持つグラシンぺーぺーを使用して
 ドイツの国際評価の高い専門会社
 MONOCHROM社が製造しました。
 プロや関係機関向けの商品です

 
 スリーブの紙質や使用材料は、 全てPAT合格品
 

 
※「安物買いの銭失い」が得意の店主も
  永年保存を目指すだけに
 今回は品質、材質に関して非常に真面目です。
 → 綴穴の状況。
 
グラシンスリーブの輸入経過他の紹介ページは
 
→こちら
 
 
◆ ブローニ(110.220)用スリーブ
   材質などは全て上記135mmと同様です。

  イメージ用に6×7サイズのフィルムを上から
  置いてみました。
  なお、写真の商品は4穴ですが、上記35mmのように改善されています。
 
 
  
 
フィルムスキャン&プリントの
店舗トップページへ
ビネガーフィルムの進行状態 感光材料の酸化マイクロ
スコピックブレミッシュ現象
このページの上に戻る 
ビネガー進行測定ツール  グラシン紙フォルダーの輸入  ビネガーQ&A  ビネガーフィルムの平面化実験