店主、人生初の長距離フェリー ライラック号のクルージング?ディナーと必死の脱北(北海道脱出)
苫東厚真火力発電所
余市から朝一番、タクシーしか交通機関が無い中、到着したフェリー乗り場の対岸には、全道停電の立役者、苫東厚真火力発電所が・・・。
道南バス苫小牧東港(周文)バス停 新日本海フェリー苫小牧ターミナル
南千歳←→苫小牧東(周文埠頭前 路線バス乗り場   ↑新日本海フェリー苫小牧東ターミナル
新日本海フェリー苫小牧ターミナル受付カウンター 新日本海フェリーライラック号
 ↑受付カウンター 17時20分定刻に「らいらっく号」入港 
胆振東部地震で災派遣される自衛隊 胆振東部地震で災派遣される自衛隊
↑↓災害派遣される車両が降船 皆様ご苦労様です。
胆振東部地震で災派遣されるNTT非常電源車 胆振東部地震で災派遣されるNTT非常電源車
新日本海フェリー苫小牧東(周文)埠頭客用デッキ 新日本海フェリー苫小牧東ターミナル出航前混雑
 ↑タラップが接続されて到着客の降船(非常に少ない)
入替りに掃除スタッフ多数が乗船
 ↑乗船前の待合室は満員の状況何処からですか?会話も自然発生的に。
札幌、富良野、旭川、小樽、余市等各地からタクシー3~4万円支払で
到着した旅客も複数(店主含む)。中にはヒッチハイクの強者も
苫東厚真発電所夜景
 ↑離岸・・・。石炭政策だからと言っても地震多発地帯に
発電セットを4基も集中させてるとは・・・、発生してみて驚く。
ラッキーにも7日深夜の送電再開でスマホ使用可能に。
んで、必死こいてゲットしたレア乗船券。 当日朝、到着したらパンフにディナー
の宣伝が。一緒に申込発券してもらう。待合室で約10時間待機した。苦痛・・・。
----------非常に複雑な気持ちですが--------------
北海道でまともな飲食は1回だけ。んで激震。あとは「コンビニのパンとペットボトル水」のみで2日目ということで
 新日本海フェリーライラック号レストラン
 ↑20時からレストランが開く
新日本海フェリーライラック号レストランお品書き
新日本海フェリーレストランらいtらっく料理その1
 ↑一見何でも無いようなネギだが、めちゃくちゃに香り高く、味のある白ネギで超驚く。
新日本海フェリーレストランのワイン
 ↑僅かではあるが舟揺れはある。飲みまくれば大丈夫かな?と、都合◎本空ける価格は極めてリーズナブル
新日本海フェリーレストランらいらっく料理その3 
 ↑仕入れの関係で鯛も混じってすいませんと謝られるが美味い。野菜の新鮮さと味に驚く※店主既食の同類比
刺身と野菜に掛かって居た「みどりのラー油」色味が面白い。 ※わざわざ持ってきて見せてくれました
 新日本海フェリーレストランらいらっく料理その4
 ↑鮭包み焼き 美味しい!!
新日本海フェリーらいらっくレストラン料理 
 ↑揚げたてアツアツ各種。里芋はほっこりねっとりで。更にトマトの力強さに感動※店主既食のトマト比
新日本海フェリーレストラン料理らいらっくその5
 ↑↓釜炊きです。お米が美味い。
 新日本海フェリーレストラン料理らいらっくその5
締めご飯
 新日本海フェリーレストランデザート
 ↑小樽の系列「オーセントホテル」の謹製とのこと※色黒でも美味しいです
 
 ↑レストラン 
サービス担当に男性2名。非常に接客が上手で、どこぞのゾーンのレストラン(複数)より上手だった。 
帰路のコースに「大アリ」の美味しい素晴らしい体験だった 
新日本海フェリーらいらっく航海図
 ↑船の航行図   
低気圧配置だったので朝、起きて多少の揺れを感じたが、それも直ぐ秋田港なので平気だった。
秋田港に入港。連絡定期バスもあるが発車は1時間後。土崎駅まで待機タクシーで¥1,000少々だった。
秋田駅でなくて運転手さんの水揚げゴメンなさい。 
 新日本海フェリー秋田港
 おまけコーナー(村上駅の写真と・・・・)
 羽越本線田んぼ
 ↑常磐線から転用の特急「いなほ」から眺める、ほんのり黄金色になってきた一面の水田
羽越本線交直区間キハ47 
蓋付き前面左 ↓ 蓋なし?前面左凹み
 羽越本線交直区間キハ47
 ↑交直両用車を使うまでの無い旅客流動区間にデッドセクションを選定した先人。現在費用対効果でお古のDC運用。
JR西の北陸本線は長浜等の沿線の市街が栄えて車両運用の関係で琵琶湖周辺路線が直流化され、
セクションは敦賀~南今庄間へ移動。希有な例。
羽越本線交直区間キハ47
 ↑JRになってから各所で「俺が、俺の」デザインで撮る気も見る気も無くなった。 
 羽越本線村上駅始発、上下同時待避時刻表
 ↑↓始発上り、下りの普通列車の据え付け状況は2番線で「いなほ7号15:46、10号15:50」を待避する。
 羽越本線村上駅始発、上下同時待避
 
いよぼや会館 村上 
 
 
 ↑↓エサやってやろうじゃないの! 群がる・・・
 
 
 ↑こういう風に多量に食すると後で喉が渇きます(苦笑)。最近はどこも醤油味ばかり・・・。
 
メニューに「塩引き鮭」と書いてあったので頼む。
牛丼屋チェーンのと比較:ちょっと身が固い程度,塩ちょっと濃いめ、
皮チョット炙り以外の差異が無い「ホンマカイナ牛丼屋風の鮭」(ゆえに店名は不掲載)
折角、村上に「塩引き鮭」食べに来たんだが・・・。連続災害・・・。 
オチガビワイナリー(OcciGabi)蔵見学とディナー・・・深夜の激震 
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved