フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
じぇじぇじぇ〜!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
フィルムスキャンの
営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
喰ったら体重倍返し
半皿〜ッ!グルメ
ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。お立ち寄りを
鉄道写真や録音の
見出しページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
画像多数です。受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
クチーナ ヒラタ (麻布十番)
  大昔から(苦笑)話題のイタリアンレストランで、その頃のグルメ本には演出家の浅●●太が来ていたとか、一世を風靡するような方々の記述がずらりで、メニューに価格が記載されていないのも話題だった。「
  このため、財布と心臓がチキンな店主はどうしても踏み込めず、階下のビノヒラタに通って??いた。※「通う」という定義は(苦笑) 

  行きたいと思っているうちに年月が経過、3階では平田シェフが2番?シェフに店を譲って療養。
  平田シェフはその後回復、渋谷方面でひっそりとお店を開店したとのこと。
 ともかく、まずは古くから行きたかったの3階にある平田流を引き継ぐという2代目クチーナヒラタにお邪魔。

 ↑ビルの入り口にある2階のビノ・ヒラタのメニュー看板
    クチーナの事を書くのだが、ビノはメニューが多く価格も記入。フェラーリ(同名の醸造業者らしい)のスプマンテ飲んでください。
   おしゃれな雰囲気ちサービスがなかなか良いお店なのでおしゃれしてか普段使いイタリアンとして御推薦。
 ↑ビル入り口通路にある電照板。
  「リストランテ」と名乗らずに「クチーナ」と名乗るネーミングは独自路線か。「レストラン」と言わずに「キッチン」と名乗るところに商才がある。
    こちらも普段使いの方々が多数いらっしゃいます・・・。

 ↑遂にやって来ましたクチーナ・ヒラタ
    店内はキッチリとクロスが掛かり、マダム以下2名のサービス氏が縦長のホールを隙無く目配せしている。キッチンも3人はいたと記憶。

    キッチン、ホールが各1名のワンオペがやっとの経済(客売上)状況の飲食業界、現在、個店としては最高レベルの人員配置では無いかと思う。
 ↑店内の見附がやけに店主にしっくり来ると思ったら、国鉄の客車のようなルーフカーブ。網棚風、ここにオハ61等と標記されたら・・。
 ↑ストゥッツィキーノ 
    突き出しです。ズッキーニと海老(忘れ)  ズッキーニの生感が海老のまったり感をエイヤッ!と牽引。
    以下、全てノンシェアのフル皿です。
    メニューは各分類6〜9種類ほどあって、それをチョイスします。しかし価格が書いていないので・・・。
     さぁ、いちいち価格を聞ける心臓の持ち主はいるでしょうか。否、聞くような感覚の持ち主の来店を優しく断っているのでしょう。
     ※お店側としては日々違う食材仕入れ価格に柔軟に対応するとも言われそうですが。ワインリストは価格が明記されています。
     当然、プラスチックマネーにすがるほかありません・・・。

 ↑パン一式 2人前。グリッシーニが細〜い。チーズ入り、香草入りフォカッチャ。
    イチジクのパンはドルチェの前まで保存?して食した。 お変わりは好みのパンを持ってきてくれる
 Antipasto
 ↑白アスパラのスープ(Zuppa)
    白アスパラの素材の持ち味を95%ぐらい尊重した。と言いたくなるようなスープ。クリーム感は従。
 ↑イサキの炙り フレッシュハーブ風味
    切りっぱなしに塩と油ではなく、霜降りにして供しています。食感が非常によろしいです。
 ↑ツブ貝の湯引きケッパーソース
    食材の弘南 硬軟を野菜で調整している。ツブ貝がお好きな富山地方にもこのようなお皿はあるかな?最近ご無沙汰・・・。
 ↑小アユと花ズッキーニのフリット
    小アユは頭、内臓落としのフリット。非常にカリットした衣。花ズッキーニは花弁汁の小籠包や〜
 ↑アーティーチョークのタレッジオチーズ焼き
    チーズの重さが朝鮮アザミ特有の感じを包んでいるのだが、好きな人は好きかも。店主はちょっとメニュー選択失敗感が漂った。
 Primo piatto
 ↑ グリンピースと桜エビのトマトクリームスパゲッティ
     何が理由でメニュー名の最初に「桜エビ」を持ってこなかったのか。グリンピースが重量で勝ったからか?
     桜エビ香を引き立てるギリギリ濃厚ソースで絡めまくり。

 Second piatto
 ↑活けアワビのグリル ガーリックソース
    ほどよい食感でグリルされて、肝も混じったニンニクソースで・・・。食材が食材だけに今回の最高¥をマーク。
 ↑相模湾産赤座海老のグリル
    北欧のスカンピ、ラングスティーヌ(多少違うが言わせて!)の親戚をどのようにグリルするのかと思っていたら、
   店主的には超ド級の大きさの奴が塩であっさり焼かれて運ばれてきた。
   ウ〜ン伊勢海老より好きやわ〜。
   口内の大怪我を覚悟でハサミ付近を歯で連続かち割りしたが成果は少なかった。2番目の¥であった。

 DOLCE・GELATO・SORBETTO
↑イチジクのコンポート、バニラのジェラート、デコポンのシャーベット
   お店ではドルチェのメニュー表にドルチェ、ジェラート、シャーベットと分けて6〜2種類の各メニューがある。
   お好きなだけどうぞと言われたので全種類頼みたかったが、万一?を考えて3種にとどめるチキンぶり。
   結果は2個も3個も同じであった。果たして6種類だったら・・・(苦笑)

  ↑お茶の友
     北欧系の焼き菓子は、どこも生地にバターをたっぷり練り込み、加熱による「隠れ天麩羅」ばかり。「油と塩同好会」の好物や〜。
     よくよく考えると日本の古来のお餅やせんべい、饅頭などのお菓子はヘルシーなのでは?

 ↑ワインは 泡が優しいフェラーリスプマンテ、画像の白、甘めの(デザートのつもりが・・・)の3本を抜栓でした。
     しかし、(白)LASCOLCAは水のように飲めて、後からスッコーンと頭に抜けるイタリア丸出しのワインで、今回もやっぱ同じ轍を踏んで・・・。
     さらに「2006」Caratelloは、10年選手。古酒風味というか酸もほぼ抜け、ちょと酸味のあるポートワインっぽく頂いて、
     もう「グルン・ぐるん〜」麻布十番千鳥足〜〜。お支払¥の話は不記載とします。 $(_ _)$。
 【2階と3階の使い分け】
   ■ビノ・ヒラタ:カジュアルな雰囲気で価格明記かつメニューも多種。味や組み立てはほぼ同系
   ■クチーナヒラタ:テーブルクロスでアッパークラスの上質のサービスとお料理と雰囲気
   ※声高のうるさい客が来れば、やはりそれなりです(苦笑)
      両店とも季節の最先端のものを供します。
     ちなみにビノヒラタは事前予約でプチシュークリームを積み重ねて花火付きバースデーケーキをテーブルまで持ってきてくれます。
     ※クチーナはテーブルクロスが焼けるか?まぁ、演出をバッチリしたい方はお尋ねください。意外とリーズナブルのはず←ン年前の話や?
        これで結構腹一杯になったりして。 少人数で食べきれないときはお持ち帰りでシュー。
じぇじぇじぇ〜!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
フィルムスキャンの
営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿〜ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。お立ち寄りを
鉄道写真や録音の
見出しページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め