フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所 
 ビネガーにやられたらやり返す。倍返しだ!←何処ぞのTVのキャッチ書きたくて・・・2013.08
<このアイロン部分は最新情報として各ビネガーページに再掲していますご了承下さい> 
2018.06〜当店はビネガーフィルム修復に専用アイロンによる方法をお勧めします。
ビネガーフィルム復原アイロン(組み立てキット)によるアイロン実験はお客様の多様な白黒フィルムをお借りし、結果を出しております。
但し、
カラーネガについては下記の記事にあるような、あまりに酷いネトネトのカラーフィルムの在庫が無く、乾燥を含め実験できていません。

この部分は「1〜3ヶ月充分乾燥させてから端の1コマで実験して下さい」としか記載できません。 
■ビネガー復元アイロンは全体に熱を回すために10分程度は予熱(通電したまま)にして下さい
■丸まったフイルムの
ベース面をアイロン台に向け感光剤面を上にして上からそっと乗せ、
 
45〜120秒程度置くだけ。※60秒〜120秒とかいろいろと状況見ながら判断して慣れてください。
 ベースフィルム面を下にして当アイロンを置くだけの加熱。
(1) 酢酸率の低下 
 悪さをしている酢酸が加熱によりアイロン台に相当追い出されます。フィルム表裏
逆はだめです
(2)フィルムの平面化

 
置くだけでアイロンの移動が不要なのでフィルムには原則、傷が付かず、平面、あるいはほぼ
 平面になります。
但し、至近に置いた扇風機で瞬時に急冷が一番のポイント 
復原アイロンを乗せて時間が経過すると。あらら〜っ、ほぼ平面に  
 【ご注意】全てのフィルムの平滑化の保証はしません。千差万別、自己責任にてお願いいたします。ビネガーアイロンの詳細
以下過去の実験記事としてご覧下さい。最新の方法は上の方法をおすすめです 
  ビネガーにやられたらやり返す。倍返しだ!←何処ぞのTVのキャッチ書きたくて・・・2013.08
 ■2012.09.03
  店主のカラーネガでビネガーシンドローム発生しているのを確認しました。大ショックです。
 
 と、ここまでは→前のページ編。
  しかし、ビネガー罹患フィルムは極悪凶暴に曲がりくねったものがあって、スキャンフォルダーが閉まりません。
  挟めても波打ってまともなピントは出そうにありません。
  上記、ビネガーフィルム復原アイロン発売しましたので、店主的にはお勧め出来ない家庭用アイロンの記事は削除しました。2018.08 
ビネガーシンドロームフィルム
まぁ見事に「ビネガーシンドロームふにゃ」になって、スキャンするには「極悪凶暴」のビネガー罹患フィルム
ビネガーシンドロームで反っているフィルム
ビネガーフィルムの端が強力にめくれて直らず、これではフォルダの蓋が浮いてしまうがなぁ〜。通常、無理やん!コース。
 緑色の囲み線部分の「ノシ」の拡大は下の方に掲載しています。これはネガを裏にして、「めくれ」度合いを撮影
ビネガーシンドロームフィルムコマ送り部分そり
これも非常に凶暴やの〜。ビネガーは臭いとともに、フィルムの送り穴の周囲が縮れるのが特徴。完全に「たわんで」おりまする。
↓↓上のフィルムを無理矢理スキャンしてみると、こうなるで〜
端がビネガーで縮み(1)、でこぼこの部分は「そのままピントが合わず、画像に反映」
2)の部分はピントが正常です。スキャナーがほぼ中央部でピント拾うため。左の山で「ピント」掴めば、回りがボケ!。
下はその画像の拡大
↓↓2003年にスキャンした同じコマがありました。
     中央部の変化がありません。左端部の黒縁も直線です。
     たった7年でフィルムの状態は急変化しています。
  ↑↑↓↓ビネガーが進行してネロネロになった部分が熱で「結晶」化。この件の詳しくは次ページ。
 しかし、フィルムが平面になったので、ピントは戻った。
 「のし」だけでも、このようなリスクがあります。
  ※他の方法があったらええのに〜ぃ。の世界です。それを思いつきで実行して・・・。
 たまたま「のす」前のスリーブ。平面なコマをスキャンしていたので、ノシ後の比較画像。
 「熨」の漢字の使途が違うと思いますが、ご愛敬で熨斗烏賊〜。やぱっりリスク有り。※4000dpiの拡大実力!
ビネガーシンドロームフィルムのアイロン伸ばし前 ビネガーシンドロームフィルムのアイロン伸ばしした後
のす前 のした後
ほぼ平静な粒子面よく見るとひびらしきものがうっすら。  ビネガー成分の結晶らしきものが
粒子の溶連?がありますが、スキャン時の設定が
デジタルICEとデジタルGEM(+3)も効いて、なんとか綺麗です
褪色処理のデジタルROCは(+3)で処理です
スキャン条件は左と同じ。
アイロンのしでヒビの粒子結晶が乾燥したもの。
それ以前に
こうなる前にデジタル化をしておけばノープロブレム。
このページのTOPへ
その翌日(2011年11月26日)比較的長く寝ている、白黒のネガケースを開けてみる。オチャ〜!!
急いでスキャンしなくても、と、開封せず塩漬け5年程度もの。
↑↓空気に触れたとたんいきなり丸まり始める。
 ケースから出すと、あらら、スリーブがどんどん丸まる!
 10分くらい広げて様子を見る。ほぼ落ち着いた状態
 ちなみに本日は晴天「乾燥日」。
 ※ベタベタに湿っている状態のフィルムではありません。 
 今日は慌てず騒がず、感光剤面を上にして、酢酸をアイロン台に逃がす!
 ※詳細は下記参照
 これで、スキャン用ビネガーシンドロームフィルムの仮復元完成。
 2015.02現在変化なし→酢酸成分が揮発してしまったのか?
上のフィルムの3列目、黄丸印の「のし」コマを拡大 更に拡大。フィルム自体、カビがすごいので、熱変化か判別不能
千差万別のフィルム状態の中でリスクは最大級です。
しかし、フィルムの色調がどんどん抜けています。こちらの方もビネガー同様に怖い。
しかし、スキャンできそうもない状態のフィルムを、出来るようにしただけでも良しとしましょう。(苦笑)
EPSON GT-X980のフォルダが使えます(使えないほど丸まったら?でも強引に挟みます)
→GT-X980 
ビネガーフィルム復原アイロン(組み立てキット)発売いたしました
 <ネトネト・湿ってるフィルム>
 ■防湿箱に吸湿剤をいれて1〜2ヶ月掛けて脱水します。1週間ぐらいで取り替える
 ■調湿フィルム保管庫に同じく
 乾いたら←乾き具合の判定は超困難ですが・・。
 そうしないと画像やフィルムが波打って完全オシャカになります。
実行しようとお考えの方は、次ページを必ず御覧ください→こちら(その3) 
「ビネガシンドローム+ネガ」=「BNG」(店主造語) ※ダイハツCMの「TNP」を真似したかっただけ(笑)。
ビネガーシンドローム(その1)へ戻る ビネガーシンドローム(その3
じぇじぇじぇ〜!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿〜ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved