ビネガーフィルム復原(復元)アイロン 組み立てキット (2018.11.02現在)
※フィルム6コマ分を1発で処理

復原の文字は意味なく、JR東「東京駅復原」調。ノリで使っただけです。
  <頻繁更新中>下記の方法でお願いします。
アイコンこのマークをクリック! または「表示」→「最新の情報に更新」で! 
パソコン内のキャッシュを最新の情報に更新にしてください。
更新しないと一回開くと、次に開いても1回目の画面が長期間そのままとかになる場合が多いです。
  
 ↑こうなっちゃってお困りではありませんか??
 ビネガー復原アイロンで下記の2課題をクリア??
当ビネガーシンドロームフィルム専用アイロン組み立てキットは商品イメージとして
 古いフィルムを感光剤も含め最新の状況に復することではありません。
一時的に平面状にする、酢酸を相当排除するとお考え下さい
※平面化後直ぐスキャンして下さい。フィルムスリーブ1本毎に違い、長期間平面を保てるまたは徐々に元に戻っていく等があります。
平面化はEPSON GT-X980,970、Nikon ES-2等でスキャンする方には特に向いています。
下記(1)、2はビネガーフィルム復原アイロン(組み立てキット)の使用法、活用法説明書を兼ねます
(1) 鉛筆状に丸まったフィルムを救出!2018.09.24.項目を追加。 (2) 最期のチャンスに賭ける!
このページ内容は御購入後の取り扱い説明書、仕様書を兼ねております。納品に書類は一切入れません。ご了承願います
2018.11.01初回ロット無事出荷しました。
 ↑ 本 体
アイロン使用の際はニッパとプラスドライバー等の工具で組立が必要です。
組み立て以降は御自身の品物となって、当店では全てに一切の責任を負いません。自己責任でお願い申し上げます。
組み立て自体は、まぁ簡単ですが、撚り線の「細い1本のはみ出し線」を生じると相互接触でショート!組み立て厳重注意(苦笑)
ニッパなどの工具の他に、カ●ター等を当ててコロコロすると被覆が・・・。当方はあくまで「工具使用で」と書いておきます

※いやらしい理由でコンナン書いてるんですけど・・・。 
↓ビネガーフィルム復原アイロン  
 仕  様  書 
 (2018.11.1現在)
 商 品 名  ビネガーフィルム復原アイロン(組み立てキット)
寸  法 長さ:約29cm 電極直下除くと25cm 
幅 :約6cm 取っ手含む
高さ:約8.5cm
※全品ハンドメイドのため1~2ミリ程度の長短があります。 
重  量  本体約650g 
外  板  底部から巻き上げの外板は0.5tステンレス板 
使用電力  交流 100V 50W
制御温度
新規追加 
・本体中央取り付けのセンサー制御
・加熱温度 85℃以下の設定温度帯 
 ※高温より時間がかかりますが、
フィルムを痛めにくいので低温です。
 センサーが万一、ONのまま故障でも
約133度で温度ヒューズ飛びます
※本体組み立て、センサー個体、測定方法などにより多少の差があります。
キット内容  アイロン本体、本体コード約1m、コンセント(部品) 
使用開始  電源を入れて10~15分以上アイロン台の上に倒して予熱する。 
使用に際して
・低温ですのでアイロン台に倒しておけばOKです。(同位置に長時間は厳禁)
組み立てキットなので、組み立て後は全て自己責任とさせて頂き、焦げ、火災等の
  本製品によるあらゆる事故、事件、事象の一切の弁済は行いません。
 
商品に関する情報
 写真まで組み上げたものをキットとして発売いたします。
 組み立てキットですので、ニッパ等の工具で電線を剥いてコンセントを組立る条件が付きます。
 
手作りのため、シーリング、テーピングなど多少の差異があります。
 樹脂、電線等は全て工業用品規格の耐熱品を使用
 ※完成品はありません。

国内トップクラスのカスタム電熱ヒーターメーカーの(株)丸屋神奈川製作所様の多大なお力添えを頂いて、
 
・極力、均一な発熱をする特殊発熱体を本体全面に敷設。
 
・0.5tステンレスジャケット平滑組立(鋳物と違いますが僅かな変化も、相手がアイロン台で大丈夫)
 
アイロン底面(電極部分を除く)全体に極力均等な熱、静重量配分、
  ・
特注センサーを発注し、最適な位置に取付、配線等、最大限の工夫で本体組み立てを依頼。
 
・本体周囲に使用開始、終了の温度差による微少な結露に対する防露シリコンを塗布、長寿命化を図っています。
■ 温度制御は
日本トップクラスのバイメタルセンサーメーカーに温度ヒューズ付カスタム温度センサー(長寿命品)
 を特注し、装着。
万々万万が一、センサーで故障でもヒューズが飛んでOFFになります。
 (仮)お申し込みにつきまして
※メールのお返事に3~7日を要する場合がありますのでご了承下さい。
 <2018.11.06現在> 
 
11.1出荷分のロット数揃えで1個残数があります。ご希望の方は送料他全て込20,000円
 販売いたします。11.1出荷分の価格ではありません。下記メールよりお申し込み下さい。
 残数が終了次第、下記(1)になります。
 (1) 仮お申し込み 

 
お申込御予約を受付中。仮申し込みの期限を2月末日を予定、
 
納期は2019.04月末の予定
といたします。
 
本数がまとまらない場合、製作を中止いたします。
 
製作する場合は「仮御申込」の方に「本御申込」の確認をメールでお送りいたします。
  本数が10本(最低)~20本(上限)にまとまれば製作する予定です。
  但し、
価格は21,000~23,000円程度を見込んでいます(キット本体,送料,着払手数料等全部込価格)
 ※
今後、諸材料や運賃高騰のため単価アップが見込まれています。初期ロット店主赤字(苦笑どころでは)
◆メールでのお申し込みは
 
※メールのお返事に3~7日を要する場合がありますのでご了承下さい。
 OutLook同士での送受信はうまくいきましたが・・・。自信なし 
  ここをクリック→
 お申込/お問い合わせ専用メール 
 ※「送信」後、メール本体を開いて、送受信ボタンクリックして送受信お願いします。 
 ※だめなときは 
 230@filmscan-print-s.com 
  上記の
緑色部分をコピーしてメールアドレスに貼り付けて御使用願います。
<ご送信頂く内容>  
  ■タイトルを「ビネガーアイロンの件」として

  ※文例)ビネガーアイロン1台、住所、氏名、電話番号
   を記載願います。
  
◆お電話でも承ります。090-7703-1624 ご住所、お名前、電話番号をお願いします。
   ※メールアドレスをお聞きして当方より試験送信いたします。郵送でのやりとりは不可。
◆お支払い
   商品着払い

   確定数を発注のため、勝手ながら
「本申込み」後のキャンセルは不可とさせて頂きます。
  
不可の理由は現金センサー仕入、完成時引き取り払いの全額立替え払のため
  メーカーの納品日が当初の予定を経過しそうな場合はお申込の方にご連絡いたします。
◆納品について
  (ア) 添付として書類は一切ございません。
     取り扱い説明書、使用法、活用法は
本ページとリンクの(1)(2)を以て代えます。
     ※必要な場合はプリントアウトをお願いいたします。
  (イ) 梱包箱はコスト低減のため、通販箱などの再利用品
  (ウ) 商品自体の梱包はビニール袋のみ+緩衝材です。

◆返品につきまして
   ノンクレーム、ノンリターンが原則ですが、明らかに当方の責と判る場合は商品の交換または
  当方振込料負担でヤマト運輸にお支払い頂いた全額を御本人名義の口座へ返金申し上げます。
  最初に症状などのご一報を頂いてから対応させて頂きます。
   ※
ご返金はご本人の口座振込のみで、他名義の口座や現金の返金は致しません。
   ※
交換につきましては別途再発注となりますので、製作期間を頂きますことをご了承ください。
【初回ロットの出荷を完了して】
 本体が長持ちするよう丁寧に各所に気配りして製作して頂いた(株)丸屋神奈川様にはセンサー取り付け
 形状等の設計変更等はじめ、量産でも丁寧な仕上げに注力頂き、大変な工数と工賃がかかるところ、
 御賛同下さいまして極力価格を抑えて下さいました。本欄をお借りして御礼申し上げます。
【ぼやきですが】
 打合わせ交通費、温度センサー発注、試作費、製作費から始まって、送料、着払手数料、さらに当店への
 着払回収金の振込手数料までが一連の費用としてかかり、正直、赤字でした。素人甘ちゃん。

 多分、今後の設定予定の新価格では希望される方はいらっしゃらないと思いますが・・・。
【でも】
 昭和40年代のHO少量モデル生産店さんのブラス組み立てキットが今回の起源だと思うんですが、
 いつかは自分も生産人になりたいとおぼろな夢を見つつ、墓場の手前でやっと実現できたこと。
 部品1個の生産や本体試作対応して下さる工業界向けの複数の企業様のお力をお借りして完成したこと。
 部品生産の企業様を紹介して下さった同業の心優しい方の情報も心から御礼申し上げます。
 購入された製造品がビネガーシンドロームに悩む皆様のお役に立てれば・・・。と

 人生こんなに嬉しいことはありません。 
   ↓↓ビネガーフィルム復原アイロン使用前フィルムのまぁ、かなりイカレたビネガーシンドローム状況例    
 
■全体に熱を回すために10分程度は予熱(通電したまま)にして下さい
■丸まったフイルムの
ベース面をアイロン台に向け感光剤面を上にして上からそっと乗せ、
 
45~120秒程度置くだけ。※90秒~180秒とかいろいろと状況見ながら判断して慣れてください。
 現物を見ながら5分程度アイロンすると、後日の丸まりが少ないフィルムもあります。

 ベースフィルム面を下にして当アイロンを置くだけの加熱。
 悪さをしている酢酸が加熱によりアイロン台に相当蒸散。フィルムの置き方は表が下。
逆はだめです
 
置くだけで、アイロンの移動が不要なのでフィルムには原則、傷が付きません。 
復原アイロンを乗せて時間が経過すると。あらら~っ、ほぼ平面に。
んで、秒速で風冷!は必須です 
 
■フィルムベースが平坦になったら即座に(移動0.5秒!)扇風機で急冷←これが一番のキモ!!
  不安な場合、端の1コマだけで平面化試験を行ってみるのも一方法です。
 
(1)SCANは直ぐ行ってください。
 (2)フィルムベースから
酢酸成分が熱蒸発、放出されます。
   ※8年前の実験フィルムは少々ビネガーと異なる匂いは残るものの、2018.06現在変化無し。
(2018.09.24追加) 
<激御注意>
フィルムによっては平面化後、湿気を吸って再度丸まろうとします。←乾燥した日がお勧め
このため、
1スリーブ毎にアイロンで平面的になったら、即座に扇風機で急冷後速攻スキャンして下さい。
クセの悪いフィルムは時間と共に少しづつ戻り、スキャンの許容的カーブを超えます
※平面を保っているフィルムもありますので
千差万別です。その辺はご判断下さい。
再度アイロン(5~10分加熱)では「平面的に戻るフィルム」と「戻りが少ない」(平均的にならない)フィルムと分かれます
詳しくは鉛筆状に丸まったフィルム救出!2018.09.24加筆欄をご覧下さい  
(2018.11.02訂補)写真は鉛筆状に丸まったフィルム救出ページより再掲
↑↑アイロンしてSCAN後、約1ヶ月経過した状態
(送り穴カット状態。同スリーブでこのように丸まりが違います。 
上記のフィルムは送り穴(パーフォレーション)の部分のカールが
ビネガー復原アイロンで平面化しくい状況にあって(下欄参照)
※平面性を優先するために送り穴を切り落しとしたものです。 
 ◆送り穴のカールが取れない場合
(1) 
送り穴(パーフォレーション)部分に復原アイロンを置いて様子を
   見ながら加熱し、平面になればOK
  ※アイロンの角は直角ではいので、状況で置き位置を設定願います。
(2) (1)で改善を見ない場合はフィルムの送り穴部分を半分程度残し切取る
  ※GT-X980,970の35mmフィルムフォルダでは構造上、
   フィルムがロック出来ません。下記の◆2方法で試行願います。

---------------------------------------------------------------------------------------
 ◆送り穴切断方法 
 下記のEPSONとNikonでは
送り穴付近を切断する位置が違います。
---------------------------------------------------------------------------------------
 
◆EPSON-GT-X980、970で
  ノングレアガラスで押さえ
てスキャンの場合
 
 フィルムコマギリギリで切り落とします。
  付属のエリアガイドを置いて、ノングレアガラスをフィルムに
  かぶせ、カールを直してプレスDEスキャン。
  1または2~3コマの範囲を決めて本スキャンする。
  周囲の
「黒枠」を露出して拾うので、できるだけ避けて下さい
  置き方の詳細は「鉛筆状に丸くなったフィルムを救出」
  村樫様の例 →こちら
 
◆NikonES-2の場合
  
送り穴を半分残して切ります。
  
送り穴の半分部分をフォルムフォルダにかませて撮影。
  
試験して行って下さい。
 ---------------------------------------------------------------------------------------
 等の方法で「カールの取れない送り穴」対策を行って下さい 

 ※各スリーブに毎に戻り方が違います。ほぼ変わってない、
   このあとアイロンしても 戻る等、スリーブやコマ毎に違います
<送り穴が平面化しにくいフィルムの原因推察>
 ビネガーシンドロームの一番初期はフィルムの送り穴「パーフォレーション」付近が湿ったような、
 穴の周囲の角が取れたような状況になって、酢酸臭がするようになります。(以下、送り穴)
 この部分のカールが強くなるので、経年したビネガーフィルムの送り穴のカールは
 ビネガー復原アイロンを掛けても取れにくい事があります。
 
↓↓このような送り穴(パーフォレーション)の場合などはアイロンは出来ません。
  このフィルムに
似た状態は「カット」しか無いと思います。コマが残れば儲け。
  
送り穴カット後にビネガーアイロンを使用されることが良いかと思われます。
  ガラス挟みスキャン等になるかと思います。
 
 ↑初回アイロン時はは平面になっていたが、時間が経過して、丸まった上記の「再度アイロンする」の再アイロン後のフィルム
送り穴をカットした場合は、GT-X980のノングレアガラス挟みコースかNikon ES-2を利用します。
↑↓
両側のパーフォレーション切断はGT-X980フォルダには使えません。切断はおやめ下さい
 ↑初回フィルムアイロン実施後約1ヶ月後の状況+再アイロン1本の例
アイロン後、フィルムがそのままか、丸まるか全く判りません。
アイロンで伸ばしたら時を置かずに、直ぐスキャンを実行して下さい

の例では初回アイロンで、ほぼ平面を保ったままのフィルムや時間の経過で丸まるフィルム、
お行儀の悪いフィルム等、6本入りのスリーブの中で、1本、1本のクセがこんなに違います。
↓↓以下も同ページより再掲
<微少なヒビと「ような」もの>
このスリーブの微少なひび??のようなとしか表現できない緑線囲みのもの(他のフィルムには現れていない)
アイロンが原因なのか、発現がこのスリーブだけなので、、原因の特定が難しいです。
収録ページ→こちら(丸まったフィルム救出)ページの下方になります。
アイロン底部の形状について 2018.09.24追記
 ↑使用していくうちに各人の力の入れ方等でも変化はあり得ます←細かくてすいません。
2018.09.26訂補
◆アイロンキットが得意とする平面化はタイトル写真のカーブ程度のフィルムに相性が良いです
<ご注意>
 1 ビネガーシンドロームに罹患したフィルムはアイロンで平面にしても再度、ある程度丸まる製造ロット??もあります。
   
アイロン→秒速「風冷」し、手早くSCANすることをお勧めしますが、湿気が多い雨天などの日は避けるのが「吉」
 2 上記の例はネ●パ●SS等の
商品名は同じでも製造時のフィルムベースの違いで発生したり、しなかったりです。
 3 強いカールを無理にこじ開けてアイロンすると感光剤面に微少なヒビが入りますが、
   当たり前ですが、程度がいろいろとありすぎて。通常判らない程度が多いと思っています。
 ビネガーフィルム復原キットの特徴
家庭用のアイロンはフィルム6コマの長さに不足。温度の不安も無し
 ・フィルムの6コマ分以上の長さがあるので1回乗せればOKです。
 ・均等な熱配分を行える電熱線配置。
 ・加熱温度はフィルムの安全範囲内 、低温度なので専用の置き台も不要。アイロン台の上でOK 
ビネガーフィルム復原アイロン(組み立てキット)は組み立て後
 曲がった、お酢臭いフィルムの上に90~180秒程度に置くだけ←御自身で確認しながら・・・。

ビネガーアイロンの作業で下記の2つが同時進行します。
 (1)フィルムの平面化

 (2)フィルムベースの酢酸をできる限り除去するツールとして→延寿命化
 が行えます
◆仕上がりやベンジンによる析出物除去等、詳細は本ページリンク(1)(2)をご覧下さい。
■湾曲したフィルムはほぼ平面的に復原できます。
 ※収縮した物を伸すのですから、縮尺などは判らない?範囲で変りますので「写真」→「画」化でしょうか。

 
※酢酸もフィルムベースから減少させます。
 ※カラーネガについては下記の「必読コーナー」記事にあるような、あまりに酷いネトネトのカラーフィルムの在庫が無く
  乾燥を含め実験できていません。

  この部分は「1~3ヶ月充分乾燥させてから端の1コマで実験して下さい」としか記載できません。 
別途必要なアイロン台はスーパー、DIY店などで販売されている平面状の木綿包み(通気性)の1,000円程度の物でOK
■SCANについて
 
ほぼ平滑が確保出来れば、EPSONGT-X980フィルムフォルダとは相性が良いです。
 カラーネガはEPSONGT-X980(970含む)のスキャン以外考えにくい現状があります。
 デジイチのマクロ接写でNikonES2にも掛けられる状況に。(ポジ、白黒)
 撮像画素数はNIKON-D800以上欲しいところ
白黒例:階調反転→レベル補正は必須操作です。
フィルムは千差万別です。全て自己責任でフィルム仕上がりのクレームは受けられません。
 
※特に湿気を帯びたフィルムには使用厳禁。
   感光材面の縞波化やフィルムベースが波打って完全オシャカになります
<ネトネト・湿ってるフィルム>の事前作業
 ・グラシンスリーブ→こちらにフィルムを入れ替える。←フィルム全体が息を出来ます。 
 ・
防湿箱に吸湿剤をいれて1~2ヶ月掛けて脱水します。1週間ぐらいで取り替える←繰り返す
 ・
調湿保管庫に保管。乾燥してくると加水分解自体も低下してきます。
  ※多数の場合、置いた場所に匂いが充満してきます。
 ・乾き具合判定は超困難ですが・・。
  乾きすぎににしないよう。パリパリは絶対ダメ。割れます。
 最新解説最期のチャンスに賭ける水洗やっちまった!-3をご覧下さい
 ※店主もその昔、家庭用アイロンで熱のかけ方や水洗などの実験で多数の犠牲フィルムを出しました。
  慎重にフィルム処理を行うことは必要です。
使用前その2 
酢酸臭がするフィルムはアイロンによる酢酸排除の迅速な対処が必要です。
※スキャン可能なほぼ平面な状態なら、まずスキャンしてから、ビネガー復原アイロンにて加熱、酢酸の排除をして下さい
不慣れや不安な場合、アイロン乗せて30秒程度経過したら、0.3秒くらいほんの少しアイロン片上げして平面化状況確認。
アーチ状なら、未だ加熱不足なので、直ぐ戻してアイロン続行。※加熱表面の温度変化最低限にするため
30秒くらいの根拠はフィルムベースから
酢酸をある程度放出させるための最低基準的な時間 
60秒~180秒程度は問題無く大人しく伸びているはずです 。たまに様子を見て下さい。 
これでEPSON GT-X980のフォルダに裏返しにセットできる程度に緩和出来ました。急ぎSCANして下さい。
EPSON GT-X980 実践版リンク参照
使用後その2 
アイロン自体がMAX80℃程度の低温度なので、作業中はアイロン台に倒して置いておけます。  
カスタマイズ・・・以下、各種、万円単位でございます。そしてさらなる自己責任へ
底部全般をコーティングしたい。無くても大丈夫ですが、是非という場合は・・。
 フッ素テープ「ニトフロン」貼付で滑性ほぼ完璧。Nittoフッ素樹脂製品 製品No・903UL ※1万円超え。柔らかいので傷つきやすいです。
 ※貼り付けしたかったのですが、販売価格に響くのと、送荷中、テープ表面に傷入の可能性(クレーム)もあるため断念しました。
 ※相性として「温浴伸ばし」したフィルムはくっつきやすいので、温浴前提を考慮すると「フッ素テープ」はやめた方が無難かもです。
ほぼ完璧な温度管理を求める方。下記の(1)、(2)を組み合わせて使用します。
 
但し、納品の際に端子の周囲部分をエポキシで固めますので、それを除去するのが前提です。←工作好きでも難しいかも
 (1) バリタップコントローラー メーカー (株)東京理工舎VPM-11A 据え置き形でツマミが使いやすいです。
  ※本コントローラ使用の際はアイロンの温度センサーを外してコンセントに本体を直接結線、コントローラーに接続して御利用ください。
  
※センサー結線を外し、コントローラー無しで、そのまま100V直結の場合、
   熱で電熱線が溶断するまで加熱され、結果、火災原因になります。

 (2)温度測定器
   接触式温度計は計測方法、精度、価格で多数あります。検索で御購入利用ください
  
自店のサイトでフィルムの加熱と圧力を加えることを特許と称して警告を発し、
広く検索ヒットする業者の吉岡映像<特許番号5176049>と
当店ビネガーフィルム復原アイロン(組み立てキット)との関連事項は

こちらをご覧下さい
 ビネガー復原アイロン(組み立てキット)で下記の2課題をクリア??
※下記 (1)、(2)はビネガーフィルム復原アイロン(組み立てキット)の使用法、活用法説明書を兼ねます
2018.09.24-項目追加:(1)鉛筆状に丸まったフィルム救出! 2018.08最新:(2)最期のチャンスに賭ける って何??
ビネガーシンドローム発生-1
ネトネトフィルムをアイロンのし-2  水洗やっちまった!-3 水洗でやっちまった!-4 
 グラシンスリーブ ビネガーQ&A  EPSON GT-X980  EPSON GT-X980 実践版 
NIKON-ES-2接写ホルダ  NIKON9000ED/D800/D850比較    特許5176049について 
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved