フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
  【パソコン内キャッシュを最新の情報に更新をお願いします。当方が更新しても意外と旧内容まま表示されます。
 ・インターネットエクスプローラの上部にある「ページ更新」の
このマークをクリック!
  または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報に更新してください。
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
  店主のデータ保存の考え方
クラウド保管サービスは便利とお考えの方へ。それは危険です!
CD,DVD、SD、CF保存も危険!
複数の分散保管でリスク低減やすっきり整理するために、下記の方法で複数のハードディスクに転写をお勧めします!
 ※パソコンの自作やパソコンの購入参考は→こちら
      ■コメント
  優雅な車体デザインの連接車5000形
  東急の7000系導入で電圧の1500V化で廃車に。
  店主としては直線の多い栗原電鉄を600Vパラダイスとして電線路一式を超強化して、名鉄だの、この車だの、かっ飛ばせる世界が
  あればなぁ〜と思った日々。保守陣はフラッシュオーバーで泣きまくりに。一体誰がそんな金出すんだよと夢物語。
6TB WD BLUEの自爆  2017.08.09
製造日2016.01.05と標記のある品。2016初春に購入してたった1年6ケ月程度
20ファイルぐらい
別のHDDに転送中「転送エラー」表示。
個体を一切認識できない最悪の状態で突然死。

原因は個体なのか転送中に個体認識まで破壊する凶悪なトラブルがあったのか?
原因不明なのでWDが100%悪いとは思っていない。
しかし地雷のようなグリーンラベル(2TBが複数自爆)から品質が上がったのか思いきや
保証2年を前に自爆
※保証といってもメーカー修理依頼すれば初期化されるか交換でデータは無くなる
※データの復旧は以前のバラバラ保管のHDDに各データがあるので依頼不要だが・・・。

これだけデータ詰めるのにあちこちのHDDを差し替え、差し替えデータ集約するべく
最初に掛かった手間は延べチンタラ1ヶ月程度で延べ50時間くらい書込に掛かったのではないか。
その後の使用はほぼ読み出すだけで、平均1ヶ月に4回/2時間程度しか使用してなかった。
データーは5G近く書込んで残りは600Gぐらいだったか。
6TBHDDは差し替える手間無く一気に保管データの読み出しの威力が快適で楽になったと喜んでいた。
してDATA全滅・・・。
初物に近い時期だったので、確か税込3万円近くで買ったのだが、
そんなことより詰めたデータをまたあちこちのHDDから詰め直さなくてはならない。
6TBHDDを正副運用していれば何の問題もなかったのだが、
流石に6TBもう1台購入は財布が持たず、結局このザマ。 
ラベル赤のサーバー用は保証5年だが個体差もある事考えると・・・。
6TBHDDはデータを詰め込んでしまえば楽だが、
正副運用できないと、自爆あれば同じ繰り返し
再度の手間を考えてしまう。
2TBのHDDにある程度分散集約すれば落ちた時の復旧も楽かなと悩みまくり中。
でもこれは部屋中HDDだらけがさらに悪化するだけ・・・。トホホ
他メーカも探しましたが、結局、うたい文句で釣られ、後日無理してレッドの6TB購入しました。
  <最近流行のクラウド保存に警鐘!! 店主的重要記載> 
    ※クラウド保存などネット経由保管サービス(企業)への保存について

  ある容量までは無料でデーターを預かるクラウドやサーバーを利用した無料や有料保存サービスがあります。
  簡便なように見えるネット経由で
自分が所有していない場所にデーターを保管するのは大変危険です。
  究極は、
サービスの停止でデーターが消滅します。漏洩は?ハッキングに遭えば容量の小さいjpg写真はあっという間にダダ漏れ。
  24時間サービスですから、いつどうなっているのか全くわかりません。まぁ、「パスワードが緩かった」からという理由でシャンシャンです。

     電子産業は企業の統廃合激しく、存続予測困難な世界です。統廃合でサービス廃止、条件変更などがあり得ます。
  データーは一度収容すれば数年以上使わないかも。気づかない間に??消滅していたり。さらに情報を自由に閲覧、利用している企業があるかもしれません。

  
企業が数十年も同一サービスをするとは限りません
 
 データーは自分でしっかりと保管、保存しておくことが大前提です。タダほど高いモノは無い。
 店主的なデータ保存の考え方整理>
  ここでは
ハードディスク(HDD)のことは
3.5インチ型を指します。

 
 ご質問です 
1 保存期間
  (1) 自分が生きている間だけあれば良い

   (2) どこか保存してくれるところに最終的に寄付を受け入れてくれる所を既に見つけていて、そこに寄付するつもり

2 現在の状況
  (1) フィルム、デジタルカメラのRAWデーターを含めバンバン増加中
  (2) デジカメは一切所持していない

3 保存コスト
   (1) 鉄道趣味と平行して金額の支出が可能
 
 (2) 趣味にお金が必要なので、保管にかけるお金は最低限にしたい

4 性格
   (1) 几帳面系。データーをしっかり管理して、何処にあるか判る
 
 (2) ずぼら系。大きな箱に投げ込んで、必要なときに探す

 
回答が赤字数字の方は稼働時のみ電源ON、基本的に静置して動かさないことを前提に
  大容量HDD(2TB〜6TB)を下記の方法でデータ保存する程度でもよろしいかと存じます・・・。
  別メーカ3.5インチHDD正・副2台に元データ同時保存は絶対条件です
 
ポータブル(可搬)形2.5インチの保存は極力避けてください
 
HDDに3〜5年で磁力新規更新として同容量以上(新たなHDDが最良)に全複写してデータ保存をすることを考えてください。
  ※要は使用状況が週1〜2回3〜6時間稼働ならば、
    同容量以上のHDDに全面複写して磁力更新を行っていれば、磁力が保て、個体寿命はもっとあると思いますが。←
個体差が激しいので思うしか言えません。
  ※落下、衝撃を与えるなどの致命的動作をしそうな方はこの方法は向いていません。→でも。と言う方は別個体に複写して冷暗所に静置

 
<普通のユーザーと思う方>  
      TV録画用として売られている2TBのHDDを購入してクイックフォーマットして使用する
(別メーカーで正副2台構成)
   ※不要なソフトが結構入っているので消してしまった方が無難
       3TB以上の録画HDDの注意
       2TB以上の単一容量フォーマット時に「GPTディスク変換」後にフォーマットします→XPでは読めなくなります
       XPのパソコンにも接続をお考えの方は2TBまでのHDDで通常の「NFTS」形式フォーマットで行います。
       XPパソコンはスキャナー等のドライバ問題で使用する以外では最新OSパソコンに更新をお勧めします。

  <ヘビーユーザーと思う方>
     デジ亀データーなどがバンバン増える方(特に連写好きな貴方!)
     ご自身で単体のHDDを購入して下記の箱に収納してフォーマットすると4個収納できますので、例えば大容量HDD×1〜4個とかの拡張可能
     裸族のカプセルホテル Ver.2(CRCH35U3IS2)
個々に電源ON/OFF可能。それなりの重量になりますからずっしりと置いておけます。
     重さや大きさ、個別ON・OFF可能で静置保管・稼働にぴったりのお勧め。
     
※フォーマット時は該当HDD以外の他ケース含めてのHDD全て電源切ること
     ※個々の電源を使用時以外OFFすることで万一のウイルス被害なども防げます

 
<HDDの回転数>  
      SYSTEMや業務として使用しないのであれば、回転数7200RPMは不要と考えます。5400rpm前後が最近のボリュームゾーン
      画像読出にそんなに差があるわけではありません。速さの追求はパソコン全体の性能向上が必要です
     
3〜5年で新たなHDDに全複写してデータ保存←(磁力新規更新)をすることを考えると充分では
     
<HDDの優位性は>
ハードディスクも絶対はありません。いずれ壊れます。
   現在、高速転送、一括保管、データー保磁力、容量あたりの価格などの扱いやすさで優位と考えられます。
   【最重要-くどく申し上げます】
       2台の別メーカーのハードディスクに同じデーターを冷却ファン付きケースに稼働用、保管用に分けて
使用する。
       静置厳守:ドスンバタンとあちこち動かさない。稼働中は微少な振動も厳禁。破損、使用不能に。
      電源を必ずOFFしてから内部の回転が停止する約10秒後を目安に静かに移動

      数年したらHDDデーターを新規購入HDDに複写交換することが重要です。
      データーをまとめて収容し、それをもう1台に複写する。
      特にUSB3.0がPCとHDD双方に対応していれば時間も短縮。しかし・・・

      2TBの複写は約8時間以上かかります・・・。翌日の使用予定を考えて、夜半開始で失敗を防ぎましょう。
     
・USBケーブルの着脱は「ハードウエア安全取り出し」をチェックしてから電源をOFF、ケーブルの取り外しを徹底してください。
         
使用中に外す等の外し方で、HDDのデータ読み出しが不能になる場合があります。 

<個体(バルク)売りの
WDブランド色(ウエスタンデジタル社HDDのラベル色→詳細な解説(外部リンク)2016.09.20
  <例>
 
■黒ラベル(SYATEM用)(7200rpm) 1日8時間×5日で5年←SYSYTEMソフトやソフト、データなどをを高速で読み出す必要性
        ※PCの搭載チップやメモリがいくら速くてもHDD遅いと処理速度全体が・・・。という整合性レベル
 
■赤ラベル(サーバー用)365日(約5400rpm)昼夜通しで使用して3年←ほぼ同じ速度で365日以上休まず回る耐久性←通常処理するデータ用にお勧め
     ※店主の赤ラベルは購入後最長2年程度順調(6台ぐらい順次可動中。2TB〜4TB)
 
■青ラベルはボリュームゾーン(5400rpm)(汎用量販品)
     
2017.08.09-6TBの青ラベル上記の如き葬儀を執り行う羽目に6TB青ラベルのあまりの短期自爆にお勧めする気は無くなりました。
     
もう1台別データ入れたの青ラベル6TBがあるが、書き込んだ後、ほぼお休み中。書庫として長いお休みがどうなるのか別の心配も
     
某店舗集積地区のあちこちの店舗で情報収集の結果、緑の評判を換えただけと極言するショップさんもあった。
 ■緑ラベルは無くなりました。←発売当初、地雷形で店主も爆死数個。その後青ラベル登場。暫時後、緑ラベル消滅
 
■紫ラベルは監視カメラ用として最近アキバで増加してきました。正直不明です。容量は少ないです
     その他の色がありますが、あまり量販されていないので・・・略。→正確にはウエスタンデジタル社の最新情報をご確認ください。
   
日立HDDはWD(ウエスタンデジタルに吸収されました)ブランドも統一が進んでいるようです

   結局、赤かの選択に・・・割高だが
       単純計算で保証期間で逆算すると赤は昼夜通しで3年、24時間を黒の8時間で割れば3倍。×3年=9年??
     さらに趣味で週5日、8時間も使用するとは思えないのと、回転数が1800rpm低いので損耗の観点からも「赤」かな?が店主の見立てです。
     
しかし、サーバー用は一定速度で回り続ける条件なので、基本、停止、起動を繰り返さないので、その部分の作りが「黒より軟弱」だったらどうしまひょ。
     なんて、考えたらきりがありません。壊れるのは個体差と考えるのが順当??

    
2017.08現在、国産バルク品は東芝、統合されていない部分の日立の2種。この2社のHDDは7200回転が多い
       韓国勢はOEM方向。最近の地雷の噂メーカーは・・・。

 
<HDDを保管する際に是非検討して欲しいのは>
 
  HDDケースはファン付きの通風が確保できるモノを
<保証という現実>
 
保証期間内の余裕の使用で回転損耗、油等の何かの故障が起きれば、その時点で使用不能が通常
  さて、個体(バルク)、ケース入り等、保証で交換してもらう場合は下記の3パターンになるかと思います。
 ・ 販売店保証
     千円程度の「店頭保証」を付けますかと言われることもあります
     これを付ける際は、故障した時にどのような持ち込み方をするのか、条件は何があるのか、有無を言わず
     同等のHDDに交換してくれるのか?ぐらいは確認しましょう。←店舗によっては言った言わない・・・。
 ・代理店保証
    保証を受ける際に店舗経由なのか直接代理店に送るのか
  ・メーカー保証
    直輸入や代理店通さない個体取引
    これは下記の文章でご判断


 
 保証に関する店主的結論
 
「ハイハイよござんすよ」という保証は無い。必須として購入時のレシート、箱などを保管しておかなければならない。
   メーカーの保証はネットで個体番号打ち込んだり、個体送ったり(外国か)国内は代理店経由の販売のみのはず
   保証と言ってもで「新品どうぞ」と言うのか「工場で調整新品」なのか
   その場で交換してくれるのか、台湾等から来るまで
どのくらい待つのか。待っても「サラ」の新品か修理品。無論DATAは初期化
   そもそも、HDDは半年〜1年程度で内部構成部品がバンバン替わる代物。
   お金に余裕があれば
「保証」なんて無いものと思って「買い直した方が」よほど精神的に楽
   と店主はある程度の実体験から思っています。

追々追記して参ります。
<大容量HDD>について
   
大容量HDDは当面6TBまでがお勧め。
   
8TBは軒並み窒素ガス入り。長期保存でガス抜け?ガス欠?になればオシャカ?
 
<注意喚起>
  「アーカイブ用HDD」
と称して発売されているシーゲート社の大容量HDDについてトラブル報告あり。
   お勧めしません。
残る空き領域に追記するのみとお考えください。長期保存に向いているのかも疑問。
   シーゲート社の安価なアーカイブ用HDDはデーターを瓦屋根を葺くように半重ね方式で連続書込。
    書いたり消したりの「葺いた瓦部分の一部葺き替」は超不得手。書き込みデーターも小さい。←磁気蒸発に強いと思えない。
    ※単純に大量のDATAを書込んで収納して、その部分を読出すだけ用の「アーカイブ仕様」です。この目的だけにご使用なら・・・。
       新技術なので、書き込んだ部分に50〜100MB超大容量画像ファイルの書換えは致命的??な××があるかも。で
要熟考  XP非対応。
       
(1)トラブルのネットアップがかなりある。(データが消滅等)
       (2)書き換えには全く向いていない。DVDの追記形のような使用法を想定のよう。
       (3)(2)からファイルの書き換え速度は甚だ遅速。

         等々が報告されています。
         不必要なデータを消して、また書き込みをする方は
「枯れた技術」の延長線上の他のHDDをお勧めします。
   
<USB3.1>のご注意・・・無難なUSB3.0がお勧めです。
    (1)USB3.1は新規格品でパソコン内部のチップ、規格ケーブル等の全ての条件が揃わないと性能が出ません。
    (2)HDDも最新の高速品の転送スピードが遅い場合もあり得ます。
   
※CF、SDカードで撮影されたままのカードで保管されている方へ
   店主のお節介から言えば、いずれデータ消えちゃいますよ。と言い切っちゃいたい?
 度重なる書き換えで使用できなくなる領域も発生する。

 
これ何が入ってたっけで触って化学繊維等の帯電で触って一瞬放電一発アウトも有り。
 
磁力と物理焼き込みと比較して「静電」は長期間放電せずに存在できるのか?
 店主は、外付けの異なるメーカーの「ハードディスク2台」に同じデーターをコピー保管されることをお勧め。
 ※整然とデーターの処理が出来て、転送も早い・・・。
 CF、SDカードや焼き込みのCD、DVD、SSDそしてハードディスクのデータは
 「何気なく使用されていると思いますが」
 長期にわたる保存方法が確立していない
完全な「自己責任」の世界です

 ※店主の実体験や収集した情報です。また、製品の個体差などは考慮していません。。
 ※ブルーレイはDVDより高密度で、単位面積が格段に小さく、微小な焼き崩れ=アウト!!
   などの恐れがあって怖くて紹介できません。(上記の業務用ブルーレイを除く) 
※CD、DVDにデータを記録されている方へご注意

   作成する時は強い光、再生する時は弱い光。再生の弱い光が何度も当たれば
累積で強い光相当で焼き切り同然の自体になり得る??

 
ご自分で焼いた記録メディアが危ないかもしれません。薬剤層焼き切って凹凸を作るだけですので、崩落して読み出し不能に
 なるべく早く2台のハードディスクへデーターを「正・副」として転写してください。
 
薬剤層(データ収納)の劣化の激しいものは「読み出せない」危険性が高くなっています。
  業界の試験標準として使用される太陽誘電製品(OEM含む)の国産品表示だからと言って安心は出来ません。、
 
部屋に太陽光が入り、は光を通すカラフルなケースの保存は超危険。いますぐデータの保管替えを!
  さらに、言い切っちゃえば,、太陽誘電国産品以外のメーカーで「台湾等の外国製品」は激安目玉商品=超危険品かもがあります。
 
保管は光を遮断するものにいれてで暗くて冷涼な場所で
店主的結論    DVDを使用する場合は非常用で保存し。基本は運用しない。(読出劣化防止)
 SD、CF、SSD等の不揮発メモリには保存をしない。すぐ転写が原則。
 ハードディスク(HDD)を正副2台で以下の保存運用を行う。
 (1)2年毎位に全てのデーターを他のHDDにコピーして「磁力の保持」を行う。
 
 
(2)画像ファイルは名前を変えて保存したものを加工に使用する。 
当店では、極力情報を収集し、操作性や先を見据えたデータの保存方法をお勧めしています。
製品の「個体差」や新製品、新技術もあって永遠に完全な状況にはたどり着けません。
種類や方法  DVD、CD・・保存用としての使命は一部除き疑問です ハードディスク (HDD)
保存性 その1 保存状態により長期間向き(基準公表無)
 ※合わせ面のはがれ危険有 
 不使用で保管して磁力が何時まで持つのか全く不明。(基準公表無し)
店主のHDDは10年越えで正常ありだが、その当時は堅牢な磁力設計
現在はラッシュアワー以上の詰め込みで限界を極めている。
保存に当たって   冷暗所に保管 
(ケースはカバーも遮光品限定)
 磁力の劣化が全く見えないので定期的にバックアップする(2重系)個体差が激しい
共通の保存注意  高温度、高湿度を避ける。 (真夏の蒸し暑い室内等)
 データを守る 頻繁に読出さない。読出レーザーで焼き込み境界部分の徐々なる崩壊劣化の懸念  衝撃厳禁、放熱(冷却)に最大限の注意
 
熱で磁力が蒸発?します。
 鉄則 太陽誘電または、そのOEM品(国産表示) 
TDKのレーベル面「超硬」ブランドも一考。
 元データは別名で保存して加工する。
上書きしたときのために副ハードディスク保存体制。
 一般的に 推奨速度で丁寧に焼く。速度超過は×   高速7200rpm品より5400〜5900rpm品の寿命が長いのが定説だが、安い分壊れやすい噂もありだが。
転送速度   遅い   格段に早い。
USB2.0に比較して激速のUSB3.0転送の使用を推奨
懸念その1   データ保持部分の焼切られた薬剤や
本体貼合剥がれ等の経年劣化懸念
特に外国製やサードパーティなど。有名メーカも海外製品は危険かも。
 回転系のため機械部分の故障懸念、
 落下や使用熱でデータ消失可能性大
 
下記のものと一緒に使用しない。
 
ファイル交換ソフトに使用すると激短命に。
 
テレビ、ビデオ録画使用も短命になる傾向です。
どうしよう  メーカーまたはロット商品を変えて
もう1枚複写しておく、 
違うメーカーのHDDで正、副で保存、そこから加工用にコピーして出来れば3台で運用する。 
製品動向 新製品への対応はドライブがファームアップできればOK
対応が出来ないときは、新品ドライブへ交換
大容量化が一気に進む。
小さい容量は割高に。2TBが最低標準に
 XPの場合512バイトフォーマット
 2TB以内の製品を。XP対応供給激減中←ほぼ終了方向
 
SD、CFカード
SSD等 
 不揮発メモリと呼ばれますが、電荷の帯電が無くなれば「揮発」します。
 データーの保持期間は消費者向けガイドラインがありません。
 構造的に短期間向きです。
 
度重なる書き換えで内部のセル電荷が動かない「飽和状態」の発生も。
 これはメーカーが広くアナウンスしてクレーム事前回避作戦。
 更にSDカードは怖い。
 フリースや化学繊維で静電気バリバリの手に電極丸出し!。
 静電雷で一発飛べばご臨終。こんな怖いメディアはありません

 外装的にはCFカードの方が余程安心感があり。しかしSDのみ対応する製品増加
SD,CF
の注意 
 読み取り器のカード容量や規格の制限があります。特にSD系。激しい規格争い中
 某カメラに使用OKの上位SD規格は互換がない。
 カメラメーカーとカードメーカーが相互に囲い込み。昔のVHS対ベータと同じ構図か
  参  考
<2016.07>
  業務用アーカイブディスク(ブルーレイ規格)
  三菱化学メディアが開発したブルーレイ100G、50Gの2タイプが2013年頃から業界に販売されています。
  現在も販売されているので図書館資料保管等の一定の市場の中で受け入れられていると判断します。
  運用は金属酸化記録膜を焼き込み溶融させるもので、一定の条件であれば円盤自体200年は耐用があるとされています。
  専用の焼込機(パイオニア製)でデーターを製作し、通常のブルーレイ再生機で読み出し機でOKというもの。
  しかし、一般用の読み出し機器が何時まで発売されるのかは全く不透明です。再生できなければアウト
 
映画等は急速なネット経由ダウンロードが増加して再生機の市場縮小が予想されます。
  価格は販売業者サイトでは1枚(100G)で5千円程度のようです。書き込み用の機器は約8万円
  単純にHDD-1TB換算で10枚=約5万円計算(機器代別)
  HDDとは比較にならない遅い読出速度や保存容量なので、画像処理の通常使いは困難で非常用として保管と言う形になると思います。
  同社からDVD(最大4.7GB収納)も販売されていますが、従来品の保護膜強化のみ、保存期間記載無、容量で本項の範疇外です。
   三菱化学:業務用アーカイブディスク(ブルーレイ規格)へ
   パイオニア: BD/DVD/CDライターへ
 パソコンの世界・・・店主の見方
パソコンの驚異的な技術進歩の裏で 
 四半期毎にパソコンのどこかの部分の環境が進化しています。
 たとえばDVD。現在は一段落してますが、
 焼き込みドライブとDVDディスクが双方4倍、6倍、8倍、16倍、24倍〜の書き込みの 開発競争。
 信頼できる「焼込ドライブ)」と「焼込用のDVDディスク」メーカーはどこ?、
 ドライブの焼き込み速度とDVDの薬剤の関係は?

 昨日までの定番(価格も含む)がひっくり変える新製品が
 続々、世界中のメーカーから供給されています。
 品質は?
いつまで販売されそうか?PCとの動作相性良いのか等、
 選択情報を得るのは苦労します。

 ちょっと前の例がDVDの「+」か「-」やブルーレイ規格の東芝とソニー。
 焼き込む際にドライブ、焼き込み用DVD盤「+R」か「-Rか」
 どちらも実売されましたから、その方で走っちゃった人は早々に見切りをつけて 
 乗り換えなければなりません。  
 
2016年現在は「SD」カードの上位規格で分裂中
 こういう選択が多々あります。その情報と動向をつかむのも大変です。
 今後、当面の外保管のメディアはUSB3.0+大容量HDD
 外付けはUSB.3.0対応のケースと大容量ハードディスクの組み合わせになります。
 HDDケースは放熱ファン付きで熱損傷を防いでください。
 外付けハードディスクは→「裸族のカプセルホテル」をお勧めします。店主作成ページ

動作不良は
 各社の対応は事象によって様々ですが、
 解決困難な事象はあらゆる組み合わせの確認も必要なため、
 サポートセンターは表向き「問題を認識しています」程度です。
 しばらくしてそのメーカーのホームページに、「改善ドライバが出ました」
 「問題回避の方法」等がアップされます。
 利用する側はこまめにメーカーのHPをチェックする必要があります。
 改良ドライバをダウンロードしてインストールしたり、
 「問題回避の操作」をすれば快適に動作するのに、
 そのやり方、意味を知らなければ、 そのまま不便を感じつ利用する。
 (えっそうだったの・・)のが常識です。
 通常不便は少ないですが、

 海外製品等、逆に新たなドライバで調子が悪くなったとか、他の機能が使えなくなる事例など、
 の事例もあり得ます。
 
「相性」で買い直し以外無いと宣告されたり、「個体差」による商品交換となります。

新製品の寿命
 改良したドライバやファームウェアをインストールして動作するものについては
 改善バージョンをある程度の期間提供して、暫くして新商品へ移行する例が多いです。
 せいぜい1〜2年くらい。すさまじいグラフィックボードの新製品には、お口あんぐり。

DOS-Vの土俵
 次々と取り手が現れて「市場を握った者が世界標準」。
 この法則は他の世界も同じく、変わりようが無いと思います。
 どの製品も一長一短がある上に、めまぐるしい規格変化が押し寄せます。
 ※まざましいと書かないと技術の方に悪いかな?
 かたや
 速度や容量、価格、互換性、、
 
利用者にとって耐衝撃性、静電気耐性、放(電子、磁力)耐性、規格改定等々
 理解が絶対必要な世界ですが情報が薄い。

 
メーカーも書きたくないことは、書かないか、サイトの目立たない場所に記載。
 デジタルの世界とは「こんなものです」から・・・。
 是非とも御認識いただければと存じます。


<マック>の世界は
 基本、新しいOSが出る度に買い直しなので、継ぎ接ぎの出来ない世界です。
 TVで写るパソコンが「マック」だらけなのは、
(1) 昔、画像系の強いPCはマック。当時使っていた上司やスタジオがマックなら下もマックに
(2) 蓋にリンゴが囓られた「電照マーク」がTV的に、講演会の聴衆に対して「映え」が良いので自意識向上?
      WINDOWSメーカーは何故か無い←競争が激しく消長だらけ。NECが中国レノボに、富士通もレノボとどうなる等の世界。マークどころではない

(3) 圧倒的にウイルスが少ない
      小さな世界にウイルス作って撒いても「勝利感」が少ないのではという噂

   チャンチャン!
i7 4770-32GB搭載!
画像用準高速パソコン製作
裸族の集合住宅と後継の
裸族のカプセルホテル
USB3.0ボードの取り付け PC購入の目安
i3 4360搭載エコ画像処理
高速パソコン製作 
USB3.0転送トラブル   XPを継続使用したい 画像処理パソコンと
モニターキャリブレーション 
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved