フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
 お約束の掲示・・・→ 一切の責任は負いません
  ■写真コメント
 店主が小学生時代、門司、小倉、八幡、戸畑はそれぞれ市で、待たずに乗れる西鉄電車がありました。(若松市には無し)
 出力も大きく、「猛者」多数で車と競争するなど、おっとりの福岡市内線とは違っていました。
 延命寺付近などは通行量も少なく、軽自動車を軽く抜かすは、戸畑、枝光線、筑鉄に至っては「*謀なスピード」で・・・。最高でした。
 段階廃止が進みはじめ、二十数年ぶりに乗ってびっくり「借りてきた猫のようにおとなしい」電車になっていました。
 車体色もなんだかなぁ〜色に・・・
RAW、TIFF、JPEG処理高速・エコパソコン2種を自分で製作、BTO購入の参考にしたい方も 
  スキャナのためにXPシステムを温存したい方はこちら→HDDをホニャララ
 データ保管方法のページは→こちら
このページは年季が入って増築しまくって大部ゴチャゴチャしています。ご容赦願います
※※スマホで代用の世の中になってきました。これっで良いやぁ〜。とか、JPGだけで充分という方は
      当店(解説など)に向かない方と存じます。その世界でお遊びください。
     
※このところ「画像処理用パソコン」という検索で、かなりのメーカーが販売をされております。
   自分で作るのは・・・と言う方には
   BTO(部品選択)方式のショップパソコン(アキバ系)をお勧めします。
※経験豊富な店員さんに200MB〜600MBぐらいの2D画像を「グリグリ」何枚も開けていじくりたい。とか、
  放熱対策も重要なので「フルタワー」がいいな?とか話して部品と価格詰めてください。
  BTOパソコンの場合はマザーボード(グラフィックボードは別付必須)、トランス等、メーカー不明安価品に御注意。
 ★大手メーカーBTOは
 独自のマザーボードや「安さのための」徹底したコスト削減で、後付が困難な場合が多くあります。お勧めしません。
 ★大手出来合パソコンは「お勧めしません」。ノートパソコンは「除外」してください。
  ★マックを使用したい方はその世界(業界)へどうぞ。ソフト開発の流れはWindows主流へ。部品の互換なんてほぼありません。
<2015.01訂補> WINDOWS10は従来からの画像処理系の機器対応不可等もあり、不向きと考えております。
 部品・OS等 財布と電力に優しい エココース→i3PC製作記 速いぞ! バリバリコース→i7PC製作記
 各機種の実際の比較 →i3PC製作記 にて実測値一覧表といってもキッチンタイマーで1回だけ。普段体感してますので
 OS(オペレーションシステム) Windows7 64bit-Pro(構造上メモリ192GB迄)←お勧め
Windows7 64bit-HOME(メモリ16GB迄) ←メモリ搭載量認識その他チープでお勧できず
 Windows7 32bitはメモリを3GB少々しか認識せず、その他構造上、画像処理不向
※64bit
でも32bit互換モードで動きます。←中にはだめなモノもある
 CPU
※コア、スレッド各4個で吉。
動作周波が高い方が良い
 インテルi3-4360(アイセブン4360) 54W
 
2コア、4スレッド 動作周波数3.7GHz
 
CPUによって対応メモリ量が異なります。
 インテル i7-4770(アイセブン4770) 84W
 
コア数4スレッド8、動作周波数3.4Ghz(3.9GHz)
 
CPUによって対応メモリ量が異なります。
メモリ  画像処理のためにアドビフォトショップを使用する場合は、大容量が前提になります。
TIFF、RAWの加工は16〜32GB搭載は欲しいところ
ATX規格のZ97チップ搭載マザーボードであれば1枚8GB品を認識するので4スロット×8が可能←これはまぁ凄いけど
可能なら鉄板動作(同期試験品)8GB(1枚当たり)×2〜4枚(マイクロATX=8G×2枚)で安定稼働を
ザーボードはメモリスロット数と搭載容量が違いますのでCPU型番を含め購入時に要確認です。
グラフィックボード 内蔵メモリ1GB以上、2Dが早ければ良い
冷却ファン付き必定。大抵2スロット占拠。 搭載メモリ1GB〜2GBの
1万円5千程度で充分
店主的にはnVIDIA 2016.12現在GTX10シリーズ補助電源不要のGTX-1050Tiコア搭載カードが・・・→i3PC製作記
 マザーボード お勧めは大型で排熱が良いケースに収めるATX規格のもの
ATXは4〜6枚のメモリスロット(挿入口)=32(通常)
LGA2011タイプは8スロットありますが、搭載できるCPUが半端無い値段。最下位クラスは動作周波数低
M-ATX(マイクロATX規格)は2スロット2枚=16GB(8×2)(通常)スリム形パソコンに使用。
ATX型、耐久性のあるモノとCPUなどの相性の良いモノ 。初自作ならASUSがお勧め 
マザーボードはメモリ搭載枚数に制限あり。OSと一緒に検討してください
 ケース 放熱重視のフルタワーがお勧め。体格宜しいですが、内部に放熱空間があるので基本長寿。
メーカーはZALMAN等。フルタワーは大きいですが約L50cm、H50cm、W20cm。手入れがしやすいです
 モニター 2D(画像)用と3D(ゲーム)用は画質や回路が違います。
色調が出来るだけ良い液晶画面(パネル:8bit)のしっかりしたモノを
安物は6bitパネルや彩度を強調、動画向きなどです。
 
 24インチ1920×1200品(表示域が上下に狭い23インチ級はあまりお勧めしません)
お勧め:EIZO製モニター

上級はEIZOのCGシリーズCX241等を御購入ください。
画像のお話の仲間に入りたい場合はこれがないと・・・。
※22Wインチは小さすぎ、27インチは大きすぎて画面に首を振るので疲労の感あり
 画像ソフト  アドビフォトショップエレメンツ11 
初購入版約15,000円前後(8mm編集無版)
一部コマンド(命令)に16bit(48bit)未対応
 
アドビフォトショップ まぁいろいろ便利だが
 ネット接続クラウド品のみにして月払を強制
 DVD版無くなりました。 年間費用を考えると・・・。
  SILKYPIXpro6(株式会社市川ソフトラボラトリー) 
 ◆画像の色調やデティールを調整して作品に仕上げることに特化したソフト。
  ※特化とは画像を変形させたりフィルターで装飾する等の機能を省いているという意味です 
  スキャンデータで作成したTIFFやJPEGデーターを疑似RAW化し、色調調整を深度化
 ファイルを調整、トリミング、仕上げ作品としてプリントまでこのソフトで可能
  パッケージ版、ダウンロード版あり 
 2015.01
<画像処理のためのデスクトップパソコンの傾向について素人考え>
・スマホ+タブレットで市場を占有し、現在のパソコンは小さい市場規模の「創作・製造」系に特化していくと思われます。
・Windows7はXP並の生命力を持つと思われます。8.1は使い物にならないし、10も盛んに宣伝しているがあと3年程度はバグとりか。
・フラット系スキャナーメーカーで残るのは日本は2社だが、ドライバの対応はどうなるのだろうか。現行品の確約は無い。
・ソフトはメーカにネット経由でアクセスしてパソコンにインストールするモノが主流になります。
・安定した収益のある月払制のソフトの流れが激しくなりそうですが、使用者は使っても使わなくてもカードから引き落としです。
 間違っても従量制になるような状況ではなさそうです。
クラウドという通信網を活かしたデータ収納サービスや、ソフトの提供が行われますが、データ収納だけはやってはいけません。
 
必ず自分の外付けハードディスク正副2台以上でデーターを保管・保守してください。
まだまだ、いろいろと書きたいですが
買うにしても、作るにしても円安で価格高騰、さらに2015年から2016年がウィンドウズ7の買い納め?
購入層の激減でパソコンショップや売り場大縮小で部品単価、価格の上昇。その先は「様子見」
煽るわけではないけど、「買うか作るか」で自分の機械をこの1〜2年で更新するのが吉?。
 2012.07.21訂補
■外付ハードディスクとして・・・「裸族の集合住宅」のお勧め
 外付けハードディスクを
なんだかんだで乱立させてしまうより
 
センチュリー製の「裸族の集合住宅」を使用して、一度に4台の収納力でまとめる方法をお勧めします。
 倒れにくい、冷却ファン付き、独立電源等HDDにとって条件は良いです。
 記事はこちら→3ページ建てです 
 店主は現在4台(MAX16個)をハブ2個に繋いで各PCと種々接続替えして使用中。
 
 <店主が使用している型番のハブの利点について>
 パソコン、各機器からUSB3.0対応ケーブルでハブに接続。
 ハブだけでケーブルを抜き差しすれば、本体のソケットの損耗が大幅に減少します。
 本体のソケットが損耗したら大変な出費(買い換えなど)を覚悟しなければいけません。
 その点ケーブルか、ハブが損耗するのであれば安い買い物と思う店主ですが・・・。
 ※型番まで指定したのは他の物で試験していないためです。万一相性が悪い場合は目も当てられないので。
 2013.08.15訂補 
ハードディスク価格動向とXP非対応のADFフォーマット
 
タイの洪水問題は終了
 
XP対応問題→こちら
 XPにネイティブ対応の廉価版のバルク(個体売)大容量ハードディスクの供給はほぼ終了しました。
 今後は高価で製造継続しているHDDかXPでも使える新機能のハードディスク※に頼るしかありません。
 ※→こちらが詳しいです(Dospara-外部リンク)
 ただし、量販店店頭等でXP対応のテレビ番組収録用(DATA)の2TBが安値で放出されています。これが使いやすいです。
 なお、XPのシステムを再インストールするなどの需要があるためか、XP対応の500GBは各社で製造流通しています。
 単体ばら売りのHDD購入して外付け等にする場合、不勉強なお店や店員さんでは判りません。
 なにせHDDメーカーがADFを商品に明記しないからです。
 最近は、製造年月日も記号化するハードディスクメーカーも出る始末。
 XP対応のハードディスクを一般人が購入するには十分な調査か、知識豊富お店の店員さんから購入するのみ。
 
■以下余談も含め上記の表に入れる文言をそのままスベダラで書いてます。
 基本的にパソコンは5年程度で買い換えかなぁ〜。とお考えください。
 画像処理はWindows7にメモリをてんこ盛りにするのが先決。OS他制限容量注意
 マイクロソフトはソフト会社に64bit対応を強力に進めている。 複数以上のソフトを開いても余裕の操作性
 安価に製作するにはCorei3-4360CPU2コア(4スレッド)3.4GHz、メモリは8GB×2枚以上で。→i3PC製作記
 1 メモリは積むスロットが無ければ増設できません。※WINDOWS7 HOMEは16GBまで
   店主お勧めの
試験済鉄板動作メモリはサンマックス製のメモリ。(お勧め店:パソコンショップ アーク
   CPUの性能向上。クロックアップ代終了で、とにかく
定格鉄板動作品
 2 最大積載容量やメモリ形式はOS、CPU、マザーボードの3者を検討してください。
   ※店主の過去メモリの使用記や実感は→こちら。32GBの使用記は→こちら
 
  ノート型パソコン
  画像加工の場合、購入検討対象にしてはいけません(言い切り)。
 メモリの構造が一般のパソコンと全く違って割高、互換性無しです。
 
色処理に基本難あり。と、能力の「速さ」が雲泥レベル。メモリ容量も低レベル
 CPUやGPUなど低発熱を唱いますが、
コアの一部を休止して熱下げるので型番似てても性能は休み休み。
  さらに内蔵部品の交換がほぼ不可能なので、
高価な割に世代交代毎に買い換えです。
  ※ウインドウズ系はごく一部の機種を除き、色処理チップが貧弱で色を・・・。

 <大手メーカ製の出来合い 
  不要なソフトてんこ盛り。動作不良の遠因。拡張性ゼロに等しい・・・。
  OSがハードディスクに内臓されていて、HDD故障時はメーカー修理(高価)以外出来ない。のがほとんど。
  マザーボードも特殊で、部品の内容品質が極限低レベルの製品が多い。
  ※なぜか
搭載メモリの動作クロックが低いなぁ〜。
   これは部品の
信頼性がぎりぎりだから1段、周波数落しで、対応していることが多いです。
 <BTOパソコン>
  モデルの必要部品やOSを希望のクラスに交換する積み上げ式の注文パソコンです。
  ケースや部品の一部は世代延命可能場合有。

  スリム型はケースが狭いので排熱、蓄熱と電源出力が弱く、
  メモリも増設スロット余裕無しが多く、
拡張カード用のスロットも少なく、何か加えたい時にカードの高さなどの敷居もあり、お勧めできず。
  デスクトップ(ATX)型推奨。大きいけれど放熱の余裕がある。基幹部品の交換や後付ボード搭載も可能。
 
 <BTOメーカー>  
  店主なら大手メーカーは選びません。例えばD●LL、N●C、E●S●等
  出来合大手メーカーと同様の専用部品が多く、ほぼ融通きかず、敬遠。
  アキバ系の小メーカ品はDOSVの標準品使用多し。後々の部品の交換融通が結構可能。
  但し、安物を使う場合が多いので、マザボード、トランスは指示した方が良いかも。

 
 <注文時>
 
  再インストール時に必要なウィンドウズOEM(DSP版)DVD付は必須条件。添付あるか要確認。
  
まぁ特典はエクセル、ワードが必要な場合は同時にOEM用DVDセット(要確認)で安価に購入可能です。 
  とにかく不要なソフトは最初に入れない。も鉄則です。
 <部品交換> 
  自分で交換は「保証外」です。
  CPU型番、メモリの種類と容量DDR3とか2の何メガか、OSの種類、グラフィックボードの型番、
  判ればマザーボードの型番(納品時にチェック)、電源の容量を
 きちんとメモ、管理しましょう。部品交換の時に役立ちます。

 <部品を購入したら>
  部品箱に入っているドライバソフトは最新とは限りません。(ドライバソフトが不必要な部品もあり)
  ネットで最新を確認して交換前にダウンロードしておきます。
  電源抜いて内部の自然放電終了後、木綿衣類で静電気の発生押え、
  金属に触って静電気逃がして、取説通りにやれば通常OK。
  運悪く・・・。は自己責任。
  ※部品の互換性には充分注意してください。
■フィルムスキャンのファイル容量
無圧縮TIFF(ティフ)ファイル)
 
16Bitカラー-4000(9000ED)〜4800ppiスキャン(フラッドヘッドスキャナー:FH)
 
35mmフィルム 135MB(9000ED)〜175MB(FH)程度
  645判      400MB程度(以下Nikon9000EDの値)
  66判       460MB程度
  67判       565MB程度 
  69判       792MB程度
 
 モニターキャリブレーションは必須です。画像加工するのなら一番キモになる部分です。
モニターキャリブレーションツール+ソフト
※会社のリンクが結構替わりますので、違うときはネット検索してください。
■フィルター方式 
 市販のキャリブレーションソフトシステム
  安価なフィルター方式の下記の4製品を御紹介します。直リンクになっています。
  ※分光式は精度が高いのですが、価格が高いので、あえて外してあります。
  ■イメージビジョン株式会社
  【Spyder5】
  
     ■X-rite社
        i1display pro
 
i7 4770-32GB搭載!
画像用準高速パソコン製作
裸族の集合住宅と後継の
裸族のカプセルホテル
USB3.0ボードの取り付け 危険なSD、FC、DVD
デジタルデータの保管
i3 4360搭載エコ画像処理
高速パソコン製作 
USB3.0転送トラブル   XPを継続使用したい 画像処理パソコンと
モニターキャリブレーション 
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved