フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
 ■写真コメント
 貨物も結構出入りしてた十和田観光電鉄こと十鉄(とうてつ)。
 国鉄との連絡線は今も現存していてVVVF車の入線にも一役買いました。
 首都圏以北では一番垢抜けた車体色を持つ会社で、訪問時は時速80km/h位は平気で出せる良く整備された線路で、
 当時は乗り心地もスピード感も上々でした。その後、徐々に路盤は悪化しましたが、計画的に砕石を外注で入れ替えていました。
 お客様がお持ちのモニタやプリンタに直接関係するページです。是非ご検討ください。
 3台のモニターがあると仮定します。
モニター甲 
色調的に正常
 モニター乙
赤系の発色が強い
 モニター丙
青系の発色が強い
 画像を御覧頂いて
「色調的に正常」とした左端の色が
「お持ちのモニター」ではどのように発色されているかが問題です。
 市販の普通のモニターとは
  製造時から、鮮やかとか彩り等の商品の特徴を出すため、全く色調管理はされていません。
  ※色規格対応モニターを除く
  それらしく適当に色が出ているだけです。色調管理は使用者任せです。

  ああ綺麗と思っても、色調管理は全くなされていないのが実情です。ものすごくいい加減な世界です。
  色調をほぼ正確に反映させるには、
 モニターのキャリブレーションが必須となります。
 モニターのキャリブレーション 
  モニターをキャリブレーションすると、
  パソコン本体の指令する色記号に極〜近似(LCDにより異なります)値になります。
 
一般的なモニターのキャリブレーションは、2つの方法があります。
 (1)キャリブレーションソフト+測色ツール 
 (2)ハードウェアキャリブレーション+測色ツール

キャリブレーションツールを選ぶ
  価格の高い測色機でも、モニターが発色できなければ、あまり効果は変わらないと思います。
  ツールが作り出すカラーテーブルは、それぞれの会社の製作意図がありますので、
  色数字の世界では厳密に相違アリです。

       datacoler社スパイダー   x-lite社カラーモンキーあたりをお勧めいたします
      EIZO社のデジタルフォトをもっと楽しむためのEIZO読本のコンテンツが判りやすいかと
 ※2017.02月現在確認のコンテンツです。

  表現文字の違いで内容は天地の差かも???
   「モニタキャリブレーションツール」と「モニタ最適化ツール」は文字も製品性能も違います。(ーー)
    何処まで凝るのか、使用するモニターやプリンタの買い換え予定なども総合的に御検討下さい。
  
デジカメを扱う方へ
    デジタル一眼カメラなどは基本的にメーカサイドが色調に「意を払った」製品です。
    撮影データーを「モニターキャリブレーション」せずに加工することは、
    上記色調例の状態で加工するすることになり、「絶対に」お勧めしません。
     デジタル画像を扱う方には、モニターキャリブレーションを「是非」お勧めします。

環境光
  環境光とその環境を厳密なイメージとして書くと、
  暗室があり、色温度が規定された一定の明るさの照明を点灯して作業する、外光が入らない密室です。
  しかし、普通、部屋には窓があって、朝昼晩と照明を含め、様々な環境光が差し込む中で
  「趣味」をされているのではないでしょうか
  刻々と変化する状況に合わせることは至難の技と思います。
 
ガンマと色温度
  測色の基準として、「ガンマと色温度」があります。
  ガンマは、アドビフォトショップCS4はプリントアウト時に1.8設定でも自動で2.2に補正されるようです。
  色温度は6500k(主に動画用というか主流の明るさ)、5000k、5800kがあります。(k=ケルビン)
  これらを基準に色調計測が出来る機種であれば充分と思います
 
 モニターについてまとめ
(1) 同じ画像でも発色が違う主な原因
 (A)液晶パネルの構造
 (B)発色回路の違い
 (C)色の補正の有無
(2)モニターの表現可能域
 (A) s-RGB色域表現までの製品
 (B)Adobe(1998)色域表現をカバーする製品
 (C) カラーマネージメント(キャリブレーションソフトで調整含む)しても、なお、色調表現が厳しいモニター。
(3) 用途によって性能が違う
 ゲームなどの動画用は、場面(色)が高速変化、画面の描画速度に力点が置かれています。
(4)モニターの表示bit(ビット)数について
 主な画像データーは、8、14,16bitがあり、パソコンで対応ソフトにより処理されます。
 通常モニターに8bitで入力され、8bitで画面へ出力されます。
 モニターの内部処理が各社の「特徴」のようです。
 特定機種ではパソコンから10bit入力表示機能に対応しています
 プリントした色と画面の色が同じように見えない場合があります。
2つの主原因がありますが、手順や環境を整えるなど大変困難です。
ぶっちゃけ2017.02のCP+2017で見る限り
EIZOの新ディスプレイとEPSON、CANONの特定機種がマッチング出来るようになりました。 
■写真コメント
 信濃川田駅で列車交換とのことでカメラを構えていたら、颯爽と165系3両編成が通過していきました。
 停車する列車と思ってそのつもりだったので、若干ブレが。
 国鉄の乗入れ急行「志賀」(だったと思います。) 碓氷峠を越えてはるばると。さらに湯田中の急勾配に挑戦  
i7 4770-32GB搭載!
画像用準高速パソコン製作
裸族の集合住宅と後継の
裸族のカプセルホテル
USB3.0ボードの取り付け 危険なSD、FC、DVD
デジタルデータの保管
i3 4360搭載エコ画像処理
高速パソコン製作 
USB3.0転送トラブル   XPを継続使用したい 画像処理パソコンと
モニターキャリブレーション 
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved