フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
フィルムの危機紹介
スキャンアドバイス

店内業務・関連製品の御案内
メガ盛り2杯!未だ足らん。散歩グルメ
鉄道写真や録音の
見出しページへ
<2012.07.27訂補-電源オプション> 店主、責任とらないけど、やってみなはれコーナー(順次追加)
デジタル一眼の増え続けるRAWデータとフィルムスキャンで膨れる記憶装置
集合式データ収納庫に大容量データーを高速転送。時間の節約、気分快適!!
最低2台のHDDでファイルは正副の2重系に
   本ぺージ紹介の裸族の集合住宅4台収納CRSJ35EU3は終売。
   後継最新は5ベイリモコンスイッチON-OFF形式のカプセルホテル5Bay(CRCH535U3ISC)
        か4Bayの個別スイッチ形式をお勧め
 
           いずれのメーカーもRAID対応のものはやめましょう。RAIDはセミプロ用です
< 関連各ページに再掲>
 <(各メーカー個体含)で転送失敗トラブル>→製品対応USBチップを確認。
 ※既存のパソコンにUSB3.0ボードを挿入する場合は、上記対応チップ搭載を明記したUSB3.0ボードの購入をお勧めします
 ウインドウズのアップデートにより毎回USB3.0ドライバが上書き?不調になる状況を数度確認しておりますが問題解決に至っておりません。
 ※この場合ドライバの再インストールで解決しています。→2015年に入ってから5回程度アップデートでやられています。
      購入した裸族の集合住宅の古い製造ロットで転送不調はメーカーサポートも解決不能(チップ?)との立場。USB2.0転送で仕方なく使用中。  
上記は転送速度数値はメーカーのスペックです。
使用時の値は理論値より低いのが普通です。
同時にケース内やパソコンのレーンが複数台でアクセスされればボトルネックの部分で速度低下が生じます。 
※1 SATA6.0(6Gbps)規格は高速SSDのための規格?USB3.0は理論値5Gbpsなので対応はするが、実際はここまで・・・。
※2 ハードディスクの転送速度はSATA6.0の下位規格、SATA3.0以下の製品が99%かも。
※Gbps 1Gbps(1000Mbps)=125MBytes/秒(8bit=1Bytes)
裸族のスカイタワー10Bayを導入(2014.04)購入後に改良型発売。悔しい・・・
   
 ↑タワーと言うから?と、高さは約33cmしかなく、奥行きが39cm。これは後部に搭載のトランスの幅がプラスされ、長くなった設計。  ↑上段にファンがついており、トランスの長さ分の風洞があるので冷却風はかなり下部まで行き渡りそう。メインスイッチはトランスで兼用しているため、39cm+の背面に手を回すのが面倒。
↑個別対応のセレクトスイッチ(保護シールはがしていません) 
 最初に稼働させるHDDのセレクトスイッチをONにして、背面のメインスイッチをONにすることが必定。
※カプセルホテルのランプ位置と上下逆。誤操作しやすいのが・・
 ↑初めて導入した4TB-HDD。サーバー仕様赤ラベル(売り上手)
  3年前に購入の緑ラベルEARS(安価+初期ロット?)の2TBが2台ご臨終参ったな〜地雷や〜。と言うこともあって「高信頼」赤ラベルを謳う製品購入
 下記の点を改良した製品が発売されています。→裸族のスカイタワー 10Bay IS(CRST1035U3IS6G)
 ・HDD起動中に他のHDDのセレクトスイッチを入れると、即、一旦全落ちして、再起動。これは危険!!
 
   取説にも注意あるが、大注意!!処理中はデータは破損必至で大変危険。
    使用するHDDのセレクトスイッチをONにしてからメインSWを投入する
    終了後は次回選択のために、全HDDスイッチをOFFにすることを店主は推奨。
   ※店主は置き場の関係で後方裏手のトランスのメインSWをONにしておき、テーブルタップ100Vスイッチを手元にメインSW代用
  転送速度6Gbpsのウリが後継機に記載されてない。事実上SSDじゃなければほとんど関係ないけど。
 個別のセレクトスイッチは使用しないHDDの劣化を防止するのでありがたいが・・・。
 しかし、このスイッチ裸族の集合住宅と同じフニャフニャ触感スイッチ。
 ストロークが浅いため、ON-OFFが判りにくく、是非ともカチカチとした剛性感のあるスイッチに改善を望みたい。 

 ↑Barracuda LP-ST32000542AS-2TB(製造日はコード表示)→上記の4TBへ
  転送速度はそこそこ不明回転同士で、61MB(当初メモリキャッシュ効果)→57MB前後で一定。
  13:00過ぎから初めて18:00過ぎに終了。 当初所要の8時間より2時間程度早上がり。
  USB3.0転送裸族の集合住宅→USB3.0ハブ→裸族スカイタワー
  ※HDDのキャッシュ容量は調べていません。赤ラベルは上記の写真に明記されてます。下のHDDも同じ   
 ↑Barracuda Green- ST2000DL003-2TB(2011.05製造)
  転送速度は低回転→そこそこ不明回転。44〜45MB前後で一定。22:00過ぎから初めて翌朝9:00過ぎに終了
  当初表示の20時間は11時間で9時間早上がり。
  USB3.0転送裸族の集合住宅→USB3.0ハブ→裸族スカイタワー
<2014.03.22> USB3.0「転送が落ちる」→こちら
<2014.01.13>USB3.0 ドライバのパワーマネジメントOFFについて→こちら                
<2013.04.20>転送速度は? 裸族の集合住宅→USB3.0→裸族のカプセルホテル
            双方64MBキャッシュのHDDで試したら
     裸族のカプセルホテル(CRCH35U3IS) 正面・裏面
4段目にWD20EZRXが入居。個別スイッチON/OFFはGood 冷却ファンでしっかり冷やせる
 裸族の集合住宅から裸族のカプセルホテルへ約1TB(927GB)の画像データをコピーしてみました。
 送り側HDD:SEAGATE ST2000DM001(7200rpm,64MB-Cache)
 受け側HDD:Western Digital WS20EZRX(rpm非公表 IntelliPower 64MB-Cache)
 その結果を御覧ください。 
 最後迄65〜66MB/秒で終了しました。なかなかGOOD!。
裸族の集合住宅使用記  御注意!→記事は2012年現在です。2015.03現在、2世代前の旧品となります
本記事の内容について
(1)Windows7-64bitで使用。
  XP-SP3でも動作確認しました(
注意!! HDDがADFやGPTフォーマットはXP動作不可)
  ボードは玄人志向(別ページ)製です。ドライバはセンチュリーの下記ドライバ。
(2)CRSJ35EU3を接続するUSB3.0インターフェイスボードは、各社から発売されています。
  本記事の内容は「ル(レ)ネサスエレクトロニクス社製μpd720200
202」チップ搭載の製品
  (マザボードを含む)を使用した製品限定です。

      2015.12現在μpd720202(2口)がメーカー検証対象となっています。
(3) ここに記載していたUSB3.0ドライバのダウンロード記述を削除しました
(4) メーカーサイトでは「インテルチップ同載マザボ」を推奨しています。
  
店主推測、サードパーティ(といっても大手ベンダー)のチップ試験は通常、メジャーチップ以外は手間になるので行わないと 
  思います。特に「●M●」は自前のチップ以外に門戸を広げて仲間作りとコストダウンを狙っていますので、組み合わせがありすぎ
   メーカから試験機を取り寄せようにも、ボードベンダーも星の数(誇大)なので地雷率が高くなります→こちら体験記
<前段>
店主はハードディスクを長年、某社製のHDD交換トレーに
収納してパソコン起動中も交換しながら互換のメリットを享受してきたが、ADFフォーマットの2TBハードディスクで問題が頻発。
(1)認識しない
(2)システムが立ち上がらない
(3)2枚のカードから分岐した4台のうち1台しか認識しない  等の深刻な不具合が発生。
パソコンのマザーボードからSATAケーブルと電源ケーブルを取り出して外付けにして対応してみたが、
(1)SATAコネクタ(X58、H67等)の直接接続はOK
(2)SATAコネクタ→カートリッジケース経由は×
等の深刻な状況が生じるようになった。
サポセンはそのような報告は聞いていないとのこと。

◆新たな手法を求めてUSB3.0転送へ(2012年現在の話)
USB3.0も価格がこなれ、ドライバ問題も落ちついてきたようなので、USB3.0のPCIeボード、
ルネサス(NEC)USB3.0-μpd720200チップ搭載。を
パソコンに取り付け、
組み立て式のUSB3.0ハードディスクケースを購入して、問題の2TB-HDD諸君を収納。
順次、入替、組立、試験接続すると全のHDDを認識。
順調稼働を確認。

このため、
パソコンを起動中にハードディスクを交換する機器として
これ以上、交換カートリッジ方式に固執する必要は無い
と判断。

次にUSB3.0接続のハードディスク複数を収納する
機器を捜索。
組み立て式外付けハードディスクケースで
ファン付きをラインナップする等の堅い作りをするメーカー、
センチュリー社のサイトで本ケースを発見、購入。

<動作>
(1)パソコン本体起動中
 
・USB接続して「電源ON」にすると
 
 ▲鍵の施錠・解錠に関係なく
  
収納したハードディスクは次々と認識される
  ▲形の鍵は脱落防止のため、うっかり開けないように
  常時施錠を推奨。
 
・取り外し
  USB接続アイコンを指示して終了させる
  ポップアップ表示の「安全に取り外出せます」で
  裸族1棟全部のHDDの取り外し認識が終了。
  
HDDの電源がOFFになり、筐体の電源のみON継続
  
※裸族に入居中のHDD各単体のON-OFFは不可。
    箱単位となる。

 
・再認識
  再度認識させるには裸族本体の電源をOFF→ONに
  すると(1)の状態で復帰する。
(2)パソコン終了時
  
・方法1
   「安全な取り外し」を行ってハード(裸族)を先に停止

   この方法は確実にHDDの電源が止まる。筐体通電中
   パソコン起動時に再度(1)状態に。
  
・方法2
   裸族の電源をONにしたままパソコンシャットダウン
      自動的にHDDの電源が切れる条件については
   接続するパソコンの設定によって違うよう。
   
HDD通電しっぱなしは機械損耗になるので
   パソコンシャットダウン後に
前面ボタンでOFFにする。
<使用感>
 (1)USB3.0の高速転送が発揮されている。
  ※USB2.0と比較は在来線と新幹線の差。
 (2)様々なメーカー、容量のハードディスク4台を全認識。
 (3)ケースの安定感と滑り止めが抜群。
  設置場所をあまり取らない
 
(4) 本体のスイッチの感触悪し(2012.07.19現在)
    スイッチの剛性感無く、引っかかる感じやフニャフニャ感あり。
    耐久性に問題ないか若干の疑問あり。
<その後の使用状況2012.09.30
■パソコンのをシャットダウンがついつい先になってしまう。(windows7)
 上記2の方法(1)以外は裸族本体の電源を切らないとHDDが回りっぱなしなので、要注意。良く夜中にランプが点灯していて慌てて切る事態。
■新製品のちょっとした心配事CRSJ535EU3
 未購入だが、パソコンの起動終了でON、OFFになる
 本体を複数台接続する場合、使用しない本体は手探りで背面のメインスイッチをON-OFFするか、ハブ接続を抜き差しする面倒が残る。
しかし5台収納は大きい。
↑↑蓋を開けてハードディスクを入れるところ。
裸のハードディスクを素手でいじります。

超安全策としてUSBケーブルを抜く、コンセント外す

常時励行策:必ず衣服の静電気を放電してから、ハードディスクの扱い徹底。

ハードディスクは右の押さえバネのあたりで一旦停止します
コネクター同士が見えないだけに慎重な挿入が必要です。
通常はスムースに入りますが、何かの拍子にスムーズに入らない場合などは、再度前後させる、扉を閉める時にちょっと戻す、ドアノブを引きながら、扉を押すなどの等のちょっとハードディスクを優しく挿入してあげると、コネクターに連結されるます。
規格としてSATAのコンセントは変形圧力に弱いので注意。
すぅ〜と入る感覚以外の
強く押す等は絶対避けた方が無難です。
↑↑機器背面
100Vコンセントの上に100VのON-OFFスイッチがある。
赤いスライドスイッチは、電圧選択(セッティング済出荷)
冷却ファンは2台付いているが、動作音は非常に静かと感じる。
・LANを利用したものは転送スピードが遅いため、画像ファイルのような大きい容量の収納先にはお勧めしません。
・RAID可能なケースは取り扱い誤操作などの面倒があり、1台ごとのバックアップの方が単純確実です。
<使用状況>
 HDDも各種交換して使用していますが、
 転送速度も上々→次ページ下部に記載
 歴代保有S-ATA-HDDを認識。ノートラブル
 
冷却ファンも意外と静かでGOOD。 
 
注意1:XPでは動作ないHDD→本稿別注に注意。
 注意2:VISTAでの試験はしておりません。
 注意3:eSATAも機能有、しかし使用理由無く本稿除外。
使用中は注意した方が良いのではないか?という事例です。
■裸族の集合住宅(以下、RZK4で略)使用中にアップデート通知があった場合
  例:アドビリーダーやマイクロソフト系統など

まぁ、慣れるとやりたくなる?
 RAZ4を使用中はアップデートを行うことは「やめましょう」
←あたりまえのことですが。
  
使用中に画面にポップアップ。「ソフトメーカーからアップデートの準備が出来ました」と表示され、
  まぁ、良いかぁ〜。とインストール「OK」クリックする事があります。
・その場でどうしても行いたいとき
  
「USBディバイスの取り外し」で一旦終了し、RAZ4の電源をOFFにします。
  アップデート終了後(再起動含む)に電源を入れて、再度、RAZ4を認識させます。
でないと〜ッ、
 アップデート後に「今すぐ再起動」をOKすると下記の現象が出ることを確認しました。
USBが認識されません。等の表示が出る。
 (1)RAZ4を接続、起動していている最中にネット経由で、
 (2) 「アップデートの準備が出来ました」等のPOPが表示され、
    ホイホイそのままアップデートのインストールを行うとします。
    中にはレジストリなどを書き直して再起動が必要なアップデートもあります。
 (3) ソフト側からバージョンアップが終了したので、「今すぐ再起動」などを求めるられ、「今すぐ再起動」を選択。
 (4) OSが終了ログを書いている終了する瞬間の時点で、RZK4の表示ランプが一瞬、全赤点灯するなど
   挙動が通常と違う。
 (5) 再起動中も継続してRZK4のスイッチを切らずに接続していると
   OSの再起動中に
   「USBディバイスが認識できません」とか、
   ドライブ*の再フォーマットが必要」とか怖い表示が出ますが、
   絶対に指示に従ってはいけません
<ソリューション>
(N-1) パソコンをその場でシャットダウンさせて、一旦終了。(再起動はタイミングの関係でやめましょう)
(N-2)RAZ4の電源を一旦OFF
(N-3) パソコンを起動して開始状態になったら
RAZ4の電源を入れると認識します。
<ドライブレター(英記号)の変化の注意>
主旨
ソフトを起動しても、その後の作業(データーが表示されない)の支障が出る
 ドライブ記号に依存してデーターを読み書きするソフト、
 またはソフトにデータドライブを指定して作業する場合。
(1) RAZ4のHDDの入替や他の着脱式HDD機器などを途中追加して
(2) RAZ4やOSの再起動すると
OSの特性上、ドライブの記号が変わります。
 ソフトによりHDDのドライブレターを自動認識して動作したり、データドライブ指定ものがあります。
 例えばドライブ「J」フォルダを作ってデータを読み書きして動作していたものが、
 裸族も含めてHDDを追加したり抜いたりして、その時は良くても、
 再起動で「H」に変わる等の条件で、ソフトは起動すれど、データが読み出せない場合があります。
 ・ソフトから読み直しの設定をする。
 ・起動順位を一定にする。
危険を伴いますが、
 ・
コンピューターの管理でドライブレターを変更する。←危険ですから慣れた方対外はおやりにならない方が。
等の対策をする必要があります。
ハードディスクの価格以前に、XP、Vista,Windows7との互換重視なら、この点をまず検討
XP対応の安価系の単体売(バルク)の大容量ハードディスク
  2013.04現在XP対応のはほぼ製造を終了したようです。
  ただし、OSインスト用のXP対応500GBは各社製造継続の模様
 
 XP対応はフォーマット時に使用OSを設定する型が発売になりました。(Dospara製品レビューへ外部リンク)
  XP用は必ずお店で確認を取って購入するか、外付けならテレビ録画用のHDDが対応していたら購入の方法も。
フィルムの危機紹介
スキャンアドバイス

店内業務・関連製品の御案内
メガ盛り2杯!未だ足らん。散歩グルメ
鉄道写真や録音の
見出しページへ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved