鉄Fake_BOOK-News
あれもこれも規制だらけの堅苦しい世の中。いろいろな空想するページ
本気にされないように 2020.01.27
■ その6
   <「しゅう~ぅまい@」の専用列車運転開始>
  横はま発症 発祥の「しゅう~ぅまい@」は鉄旅やビジネスマンの人気が高く、製造元の「器用研」は東と海のレールCORPと連携して、「しゅう~ぅまい@」列車を
  運行すると発表した。
  こだわり感を出すために,、車内調理の「しゅう~ぅまい@」とお米を蒸すために、某所に秘匿されていた暖房車「ヌ15コ」に電気回路を新設して併結し、アツアツを供する。
  運行は「ひがし京駅~デラ名古駅」を約5時間で結び、、区間内はサブスクリクション料金で、この間「しゅう~ぅまい@」、「しゅう~ぅまい@弁当」は食べ放題となる。
  他の食物は一切積み込まない。
  なお、常温で食べたいヘビーな嗜好者方向けに、事前に工場で作った「しゅう~ぅまい@」、「しゅう~ぅまい@弁当」も大量に積み込む予定。
  「しゅう~ぅまい@」については3種類を用意する。
  ・ラードがシウマイにベタベタに付きまくった「S35ファット」
  ・掘っ立て貝を適当に入れた「S50カイジル」
  ・さっぱりしすぎる「R2ダイバーシティ」の3種類を供する。 
  醤油は鋳物製の「ヒュウちゃん」が1箱に1個付く。

 ------------------------------------------
 ウ~ン、眠くてアッカ~ン・・・。 $(_ _)$ 
 
■ その5
 <洗面糖輸送鉄路>

 奥地知夫山脈の武功渓谷で採掘されている洗面糖は、糖分を使った洗顔材料として女性に高い人気を誇り、その需要から長らく地知夫鉄道により、洗面糖専用ホッパ車を連ねた貨物列車で運搬されていた。
 しかし、少子高齢化が超高速に進行し、将来の需要が縮小するに見合った国内外の需要に対応する必要が出てきた。
 経年劣化の進む設備や電機機関車などの更新に巨額の費用が予想されるため、
 国家忖度政策的に高規格道路が路線沿線に順次開通している状況から、生産量に見合ったトラック&ホッパートレーラーで運搬すれば、
 (1) 線路や架線の保守が不要
 (2) 機関車等の車両の検修庫、設備が不要 
 (3) 駅掛員、操車掛員、運転関連要員等の大幅減員
 (4)引き込み線が不要で関連設備の転廃が容易
 (5)監督官庁の言いなりが不要、線路資産などの課税額が大幅に減少
 (6)線路跡地を一部BRTに類似したT(トラック)RTで専用道化
 で、コストの大幅な低減が見込め、洗面糖製品の市場競争力の強化に繋げられるとして、鉄道輸送を三尻囓(かじり)線も含め全廃することとなった。
 輸送転換は市販のトラックと連結ホッパトレーラーでホッパ車とほぼ同等の量が運べ、現在、俎上にのぼっている、「奥地知夫・阿僧地域輸送特区構想」によって空港のカーゴトレーラシステムに類似した操舵システムのホッパトレーラーとブースタートラックを混結する6台以上の連結走行許可も予想されるため、輸送需要にも柔軟に対応できる利点がある。
 しかしぃ~。洗面糖はこのところ、市場の需給が緩みっぱなしで、同業社の合併を進めて市場寡占力を強くし、工場の統廃合など生産設備規模を縮小しないとだぶつきの解消にはならない。
 全国各地の工場自体を集約する中で、老朽化した三尻囓工場や沿線工場が廃工場の対象、となれば上記の構想も不要。
 旅客運輸も人口減少で輸送量が低下しているため、全営業区間をバスに転換、観光客対策は相互乗り入れしている西風鉄道に希望する区間を譲渡する。
 東風鉄道は新車などを回送する線路を河超町付近で交差する西風鉄道との間に帝都公団の出資も依頼して、連絡線を建設したい模様だが、帝都公団は東風鉄道の車両搬入は乗入各社線経由で自線内の渡り線を経由すれば、各社線信号保安装置搭載かつ電車運転士が操作可能な牽引機関車2台の新製で可能している。


■ その4
<鉄フェイクブックニュース・流行語大賞>
1 ラピる
  難解電鉄が運行するラッピ~ト号に乗車自慢する客

2 キャッシュレス・ノンペイペイ
  無賃乗車やキセルする客

3 ポイント還元 
  折返ポイントを撤去して、ダイヤ正常化に時間がかかるため、国交省が撤去した駅のポイントを復元指示させる揶揄語

4 闇営業
  終電後に線路に電動トロッコを持ち込んで、酔客を運搬する危険事業者

5 ワン・チーム
  人員削減を限界まで行い、運転手在籍が1人になった会社

6 計画運休
  ワンチームになってしまった会社が、運転士の労働が労基法に触れないように、計画的に列車を運休すること

7 軽便税率
  軌間を762mmまたは610mmに改軌した事業者が受ける税率で、改軌費用全額が軽便税率として還付されるエコ税率。

8 あおり運転
  停止信号で止まっている列車の車掌に対して、後続の運転士が前照灯でパッシングやタイフォンを鳴らして、気づいた車掌が連絡マイクを使って運転士に停止信号を割込んで車間を詰めさるよう、伝言させる究極のダイヤ回復運転法。 
-------------------
 ちっ、面白くねぇ~なぁ・・・。日々タネ考えなくては。やさぐれる店主。
 
 
■ その
この計画は<零輪元年10月1日>の憲法改正を踏まえて、新設される得狐(エコ)鉄道優先総合法などの改正が行われる見通しのため計画されたものである。
 
<零輪元年12月1日>
【ゑ乃嶋釜蔵観光電気軌道】 発表
■輸送力改善の新車増備と施設改良
 観光地として海外のネットやテレビ出取り上げられて人気となっている「ゑ乃嶋」と「釜蔵」地域を訪問する観光客が激増し遅延が状態化し、
 線路が単線、行き違い施設の延長ができず、車両の編成両数と運転回数をこれ以上増加させることが困難な状況になっている。
 多数の旅行者が大きなカート車内に持ち込むため、乗降に時間がかかり、バリアフリーどころか乗車自体がバリアー状況になっている。
 このため、同社では画期的な新造車と早急な路線改良計画をを発表した。

新車の概要
■編成
連接車2編成を準固定編成とし、中間の運転台を撤去したタイプとする。
準固定編成にするのは極洛湯車庫の検査スペースが連接車1編成2車体分しか無いため。
連結部分には簡易運転台を設け、庫内を自走して分割併合できるようにする。
■車体
 全長は従来車と変わらない25.4m×2だが、客扉を1,300mm幅の両開き3箇所として、乗降時間の短縮、収容力の増大を図る
 常設座席はドア間にロングシートを片側2席×2箇所のたった4座席として合計8席のみとする。
 昇降座席と称する新機構を車体中央の客扉天井に設置、早朝、深夜、雨天等の閑散時に中央扉を閉め切り、座席を降下させて2席×2箇所を設ける。
 可動座席装置は廃車になる京半5000系の座席昇降装置を購入して整備の上、再利用する。
■走行装置
 加速力を最大5.0km/hが出せるように、連接部の台車にも粘り強い全餅(ぺい)式主電動機を搭載
 曲線で車体を最大5度傾斜する強制傾斜装置付として、曲線部の通過速度を20km/h向上する
■架線電圧の昇圧
 路面区間で特別認可を取得し、1500Vに昇圧、電圧降下をより少なくするほか、1500V汎用品の導入、コスト低減を行う
 釜蔵駅~ゑ乃嶋駅間の交換設備を既存の駅間に1箇所づつ新設、運転間隔を6分とする

■その2
<得狐鉄道優先総合法の公布のあらまし>

本年より憲法が改正され、主権在民から主権を経営者とする大幅な変更がなされた。
憲法から「民」の文字は消滅した。
鉄道は「得狐」であるとの定義でを
得狐(エコ)鉄道優先総合法が制定され、あらゆる交通機関に優先して鉄道が上位に位置することになる

本法は鉄軌道を主体に組織が改編された鉄道交通院が主管する。
事業資金は本法で新設する「我票引鉄ファンド」が120%無利子で返済期限∞として貸し付ける。
新たな鉄道敷設、改良等の事業を発案した経営者や工事従事者の眼の黒いうちに「実現出来る」ことを主眼としている。
これにより、あらゆる企業が反対運動を気にすること無く、事業の実行が原則可能になった。

関連の各法律は企業経営者寄りに改正され、鉄道事業者は事業の内容を届出ると、環境アセスメントの基準自体を寛容解釈、忖度して
認可や許可を行う「迅速アセスメント法」に基づいて2ヶ月以内に認可、許可が下りる仕組み。土地は全て期限までに強制収用となる。
地方自治体にも準用され、例えば、知事が「水資源を楯にゴタゴタ言う」など異論を言った場合「桜を観る会」に終生、非招待の罰則も制定される。
なお、首相とお友達になると更に事業の認可は早まることも明記された。

<得狐鉄道優先総合法に包含される、【軽コスト鉄道敷設法】>
 人口減少に対応した建設負担の軽い略称「軽鉄法」が施行される。
 軌間は610mmまたは762mmゲージで、輸送力の「適正化」を図った車両規格となる。
 敷設は狭隘な道路に推奨し、時代に即応し、2車線の道路幅の場合は中央に敷設された単線軌道を、時速70km/hで走行出来る
 最優先瞬間最高速度走行条項、時速80km/hも盛り込まれる。事故は鉄道事業者、運転士に一切の非は盛り込まれない。
 車道の幅によって軽鉄車両は「馬面規格」、「豚面規格」の車体幅が制定される。
 集電装置は自動追尾「ホイール式」集電装置(略称:ポール)に限られ、車両前面の運転台窓は下降出来る事が義務づけられる。
 連結器はピンリンク式、バッファー式に限定され、ジャンパーは無線通信式「ジャンパーフリー」回路となる。
 
 内燃式の場合は、「DS22、DA45、DA120、VD3」の各形式の改良型ターボ、シリーズ「-N」以外は認められない。
 なお、地球環境に与える影響の比較割合としては、ミトコンドリア以下の体積として排ガス浄化装置は不要となる。
 
 内燃式を使用する区間は稲作地帯のような長閑な人口希薄な場所を想定しているので、事故想定も無く、人型ロボットによる運転も認可される
 人型ロボットは、よりリアルに親しまれるように、オリエント工業の造形美に定評のあるラ●ドール製作会社に独占製作させることに決定した。
 ロボットなので着衣の有無・厚薄は自由になり、それを利用したイベント開催により、鑑賞目的の乗客が増加することを狙う。
 
 科学進化形車両
 投炭作業が不要な超小型原子炉を搭載した、古屁留式超絶安全B形「原子力加熱式蒸気機関車」も計画されている
 観光資源地域ではとして「ロボット馬」が牽引する「馬鉄」も構想されている。
 なお、併用軌道区間での自走車両は軌道区間自動減速装置付車両のみ乗り入れられ、時速を15km/hに制限して、優先度を明確にする。
 
 接触、衝突事故
 自走車両が修繕金額の150%の全額負担を行う。50%は軌道事業者の収入になるため、事故を奨励する動きも出そうだ。
 道路上の乗降場は路面にペンキ書きを原則とする。
 なお、軌条は30kg/m以下、または路面電車用の背高軌条に限定するため、製鉄所にも軽便レール製造施設を強制設置させる。
 狭隘な店舗がある商店街は舗装を剥がして粘土で固めた砂利道にしたうえで線路を敷設することが条件となる
 東北地方の何馬音内(なにもない)地域では、男女別車両の編成運行も視野に入れられている
 
 軽鉄法に定めた列車の運行阻害・妨害者への罰則
 列車運行の阻害・妨害者は罪状認否に関係なく、身柄を新たに設立された、へき地振興局食民運搬軌道建設公団に移送され、
 原野の中で最低5年間居住させられ、軌道敷設作業に従事させられる。

■その3 
 【へき地振興局食民運搬軌道建設公団】
 へき地道路舗装等の維持はコストが増大する一方なので、一度敷設したら最低30年は保守いらずのラダー軌框形式による食民運搬軌道に代替される。
 雪対策が必要な地域は「ロータリー車」、「ラッセル車」が適宜配置され、豪雪地区には強力除雪用に集約除雪車両「キマ形とロキ形」も増備される。
 海や湖をショートカットした方が時間的に有利な場合は、ドイツの海上トロッコ軌道的な敷設も行っていく方針も出された。
 舗装工事費を大幅に低減する交通機関として位置付けらるため、その地域の乗合事業者は基本廃業となり、権益の範囲内の観光バス乗り入れは禁止される。
 車両のプロトタイプとしては輸送需要が極小の地域は油圧車体回転式「銀竜号」タイプ、需要が多少見込める地域は「泰和」タイプを使用する
 軽コスト軌道は急曲線も可能なため、居住者各戸先や耕作地への分岐線も国費で建設される。
 運行は各車両のGPSによる位置情報により「へき地総合運行司令所」の人間または人型AI知能ロボットがテコの操作を行って、交換所制御を行う。
 観光客には、車内を若干豪華にしたトイレ付き「DMVV-NB、」名称の軌陸両用軽便タイプが配備される。※記号注釈:Nはナロー、Bは便所
 貨物輸送はJRF-KH規格が制定され、牧草等運搬の箱形タイプ、搾乳運搬用にタンク型タイプが導入され、1両2個積載できるテコキ1919形が導入される。
 1067mm区間のコンテナ車は積載対応改造を行う。改造終了車両は形式が「コキ」→「コキテ」に変更される。※テの位置は軽便形と区別するため、相違する


 とりとめも無く、息抜きで随時書き足していきたいと思います。
 ご意見は一切不要です(苦笑) 
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
成人病百貨店盛業中
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

旧客峠駅売、山スカなどお勧め 
鉄フェイクブックNEWS
某急コメント 
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved