フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
<このアイロン部分は最新情報として各ビネガーページに再掲していますご了承下さい> 
2018.06〜当店はビネガーフィルム修復に専用アイロンによる方法をお勧めします。
 ビネガー復原アイロン(組み立てキット)で下記の2課題をクリア??
2018.08最新:最期のチャンスに賭ける って何?? 2018.08最新:鉛筆状に丸まったフィルム救出!
 【ご注意】全てのフィルムの平滑化の保証はしません。千差万別、自己責任にてお願いいたします。ビネガーアイロンの詳細
以下過去の実験記事としてご覧下さい。最新の方法は上の方法をおすすめです 
 <2011.11.29>フィルム(人)柱よ成仏してや。 否、自爆やな。こりゃ
「自己責任」実験として掲載です。 結果、水洗は絶対やめてください。
このページは、ワンランク上を望んだ結果、「フィルム(人)柱」を出してしまったウマシカ反省記のページや。
 下手打つと、こうなるの見本や。経過や乾燥時の結晶を記したんで、気いつけてや。
 
水洗をやってはいけません。(その3)
 
↑↑最終的にウマシカな実験で「フィルム人柱」を出してもうた。
↓↓アイロン「ノシ」をした結果「ビネガーねっとり」が、結晶になって画面を覆い尽くしている状況。前ページ同画像
   スキャン光源の邪魔になっているものと推定し・・・。
水洗に踏み切る。
 「ねとねと」の状況が厳しいほど、結晶だらけや。上下2スリーブで水洗に挑戦。
で、水洗。→乾燥待てない→アイロンのし→せっかちな店主は速攻、乾燥させようと、
ちょっと長めにアイロン(秒単位)を・・・。襲う悲劇。
 ■↑↑このネガは完全に逝ってしまいました。丸印の実験データが欲しかったコマスキャンは、完全に無理です。
というわけで、遂にウマシカな、やり過ぎでご臨終。
結晶が溶けたのかどうか?の結果は見たいので、↑↑緑丸のコマ強制スキャン
↑↑結晶が消えている。酢酸**の結晶分子が水溶性らしく、溶解して除去されている。
    
そんなことより縮みまくって「オシャカじゃね〜か」。それどころではない。    
 ↓↓コマを切り出して水洗前にスキャンしたコマをアップで確認。
   「ネトネトコマ」をアイロン「のし」だけの状態のスキャン切り出しコマ。
↓↓水洗後、乾燥方法の失敗で、こんなに縮んでしまったが、結晶は洗い流されている。
 
  スキャン光線を妨げていたのは「酢酸」の化合物?の結晶だった仮説は正しかったが・・・。
<反省記>※ベース大縮小。そして曲がりくねったため、右端の高架線の電柱のピンがぼけています。
・水洗直後の熱乾燥なので、アイロンのしは、「秒単位」でベースが変化した。(紙で覆っているので一見不明)
・ビネガーのフィルムを水洗したらベースごと縮む(伸びてしまう箇所もあり。)
 超お馬鹿な次のページもぜひ御覧ください。(その4)→こちら

ビネガー(その1)へ  ビネガー(その2)へ  ビネガーQ&Aへ グラシン紙フォルダ
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved