フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
画像多数です。受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
タイトル
 鎌倉・江ノ島・三浦編です。  左側の日時は何らかの情報を付記したときの最新日とします。
 
  ※掲載内容は掲載日の数ヶ月以内の時期に「状況」を確認をしています。それ以外の場合付記をつけます。 掲載後は原則放置しますので御了承ください。 
2014.09     左可井 穴子丼他 2013.02.24  小花寿司 鎌倉由比ヶ浜
2012.01.29  葉山ボンジュール閉店(相鉄グループ)
2013.07由比ヶ浜海岸の変貌に驚く浦島豚太郎  
<シーキャッスル 鎌倉由比ヶ浜>
中程にあります
↑ その昔、夜になると、ほぼ全てのお店が閉店して人気も少なくなっていたが、今浦島の豚店主は以下の光景にびっくり。
↑火の棒を回してショーを展開中
↑昔懐かしい形式の海の家の隣が白亜の・・・。
↑なんとタバコ屋さんの海の家。海岸には喫煙場所が。煙は自由に何処でも行くが、人はこの中で煙を吸う。
↑どこもかしこも海岸に急ごしらえの「酒場」が誕生中。
しゃなかった・・・。の、この会社海の家でディスコをやっているようだ。
↑なんと材木座海岸に渡る「木橋」(鋼桁)が出来ていた。
↑店主的に好きな光景は「これ」
↑白黒自家現像の世代は、この方が良い感じかな。・・・。
↑発光禁止にしてもOFF→ONで解除になって発光してしまうIXY610F。お陰でこんなに塩霧が舞っているのが判ってしまった。
  酔いつぶれたり、**したりと治安の悪そうな鎌倉由比ヶ浜に。「金のためなら許可」なんだろうが、「馬鹿騒ぎ●本木」でお願い。
  路上で酒瓶をたたき割ってそのまま行く泥酔グループなどの危険行為も見てしまうと、近隣住民は大迷惑ではないか。
  夏の夜でも割と静かな海岸だった由比ヶ浜に戻ることを望みたい浦島豚太郎であった。
<シーキャッスル 鎌倉由比ヶ浜>
<2013.07.14>第2回目の探訪 (一回目はこの下にあります。)
↑外観
↑電照看板
↑窓際から由比ヶ浜に打ち寄せる波を見る ↑マンション脇にしゃれた看板有り。
さぁ〜前回の夢を果たすぞ〜ぅ!ソーセージ系をドイツビールで食べまくり
※写真は原則禁止ですが、特別なお取り計らいを頂き撮影。
↑店内
 開店56年目を迎える由比ヶ浜、否、鎌倉の老舗中の老舗。
 女将さんはものすごく「丸くなって」好々()婆になっている。
 土日はお店で育った地元客(外人も)が幼児連れで来店するファミレス的な雰囲気の時間帯もあり。
 静かな雰囲気が欲しい場合は平日がお勧めかも?
→→→飲んだビール。
左から酵母のなんちゃらでコクがある。ドライ系辛口、コクの黒
高級店で無く「家庭料理」なので同じグラスを使い回す。(笑)
 ↑まずは寄席寄せものから。取り分け後の写真でスマソ。 ↑ソーセージ その1 ザワークラウトでさっぱり。フルポーション
↑ ソーセージ その2 ジャガイモはハチャメチャに旨いフル ↑ スパムのドイツ版なんちゃら(忘) マッシュポテトになる。フル
↑第2ステージの多皿注文。マダムは食べきれないと思ったらしく、気を利かせてつもりで、「ジャガイモ」抜いたよと・・・。
 ↑「食べられるからジャガイモをくれ〜」とキボンヌする。大丈夫?と、あきれ顔で別皿で来る
   ソーセージ注文「その3〜5」を食べる。ひたすらビールで流し込みながら美味しいジャガイモとソーセージを交互に食べて、
   遂に完食グエップ〜ぅぅぅ。喰った喰った。 食後感=達成感・・・。満足じゃぁ〜。マダムより「またね〜」とお褒めを頂いた。
   ドイツに超詳しい某先生様より「ドイツにシャウエッセンのような粗挽きソーセージはないわよ」と以前伺っていたが、
   マダムにお願いした粗挽ソーセージは、確かに「ほんのり」粗挽きで、日本では「粗挽き」で通用するとは思えない繊細さだった。
 一皿の量が多いので普通の人は1〜2皿で充分。皿1,000円〜。輸入ビール瓶は1,000円〜。グラスは600円位〜。
 店主みたいにメッチャ食べなければ1本+2皿で消費税(外税なので注意)4,000円程度で収まる。
 デートに向いているお店と思うけど。
 ドイツ人の好々()婆は丸くなったとはいえ、「女性優先」を保たないと「お小言」を頂戴する。
 冗談の判るとても素敵な方。
  第1回目の探訪(2011.04.25)
 この30年来、ドイツワイン好きの方々に一度は行けば?とお勧めされていた「シーキャッスル」
 行こうかなぁ〜。行きたいなぁ〜と思いつつ、いつも気が変って他に行ってしまう店主。
 遂に踏ん切って「突撃〜っ!」。なんでかって言うと、このお店のマダムが「超評判のマダム」。

 鎌倉から江ノ電の連接車の軽やかな音を楽しむ間もなく、すぐ「由比ヶ浜」
 
 予約してこわごわ入店。
 噂どおり「丸くなって」おられまして・・・。もう50年超の営業らしい。お年を感じる。
 すごくアットホームな接客をしていただきました。

 店主の目的は「ウインナー」と「ワイン」がぶ飲み。
 メニューにあるウインナーをアレモコレモと御指名。
 そしたら2皿目をオーダーしたらここでオーダーミニストップ。
 マダム「食べられたら次ね」と笑って厨房へ。

 ワインの在庫は、極少ないようで、QBAクラス止まり数種。
 フランケンのハーフボトルは窓際でビンを空にしてお休み中の常連さん用?
 予約の時に「ワインはどのような種類がありますか」という質問に
 「来てからのお楽しみ」と、かわされた理由が(笑)
 でも、時代は辛口の趨勢。1本目は「クラッシック」レーベル。2本目は探して持ってきてくださった2000年ナーエQ。
 保存状態が良いのか、不思議だけどこのクラスの「10年モノ」頑張る。
 きっと他にありそうだけど、身の丈で考えてくれたのだと、反面嬉しかったです。

 お取寄せで、お家「ウインナー」いいけど、「お店」で気が済むまでいろいろなウインナー食べるのは格別。
 付け合せのジャガイモやザワークラウトはてんこ盛り。
 これじゃウインナーをたくさん食べれないと思ったら、
 次皿から付け合せ減量したものを笑いながらオンザーテーブルしてくれた。
 モリモリ欠食児童のように細い、太いウインナーの皮を「パリッ」と音をさせて と食べまくる。
 「石ちゃん」のように「う〜んシャスデリ!グビッ!」で、メニューのウインナをほぼ制覇。
 マダムはあきれ顔。
 さらに他の「肉製品」ももりもり。さすがにアイスバインは今回見送り。
 珍しいと思ったのは「鯖の燻製」。オイルサーディンの鯖版。燻香はあまり感じないが、オイルサーバーは美味い(笑)

 2時間近くモリモリ、ゴクゴクして「お腹いっぱ〜い」当り前・・・。
 いやぁ〜「おいしゅうございました」
 ビールとの取り合せをするお客さんが多いようだけど、暑くなれば「定番」と納得。
 
 <江ノ電タンコロ107号保存車のこと、ちょっと>
 江ノ電の小型車体は愛らしい。
 最初はな〜んだよぉ〜。と思った新型の1000型も経年で
 もう古参の部類。更新300も近々なのか・・・。
 幼少時に祖母に連れられて鎌倉駅で降りた旧500型の格好良い前面とポールの記憶が強烈に残っている。

 現在、海岸の国道沿いの海浜公園に107号が保存されているものの、外板は塩害でかなり荒れている。
 あと何年持つのかな?補修するなら早いうちと思うけど、リベット止の鉄板が腐食じゃやばそう。
 ポールはオリジナルのよう。確かにこの接触面積600Vで「冷房装置」搭載は無理。
 ※2013.02.23現在、外板の再塗装が行われていましたが、目の細かい金網に囲われて、これじゃぁ。仕方ないのかな。
<小花寿司>鎌倉由比ヶ浜2013.02.24
 江ノ電由比ヶ浜駅から山側に一直線に歩いて3分ほどの交差点に立つお店。
 最近、鎌倉〜長谷の道路両側にお店が建ち並び、通りがにわかに観光スポット化してきた。
 長年、お店を横目に見ながら、寂しかったこの道を歩きながら、某所でお酒を飲んでいた店主。今回、小腹が空いて初入店。
 ネタケースのサヨリが食べたくなって「サヨリが食べたい」というと、握りの差し替えで良かったらそうしますよ。と言ってくれる。
 ほのかに甘めのシャリできれいに形を整えて皿に盛ってくれる。仕事が丁寧。
 家族で長年やっているお寿司屋さん。息子さんがメインで親父さんも現役。
 話がソフトで何とも居心地が良い店。今回は握りとビールでお勘定だったが、価格も庶民的。
 次回、再訪大ありのお寿司屋さん。 
<葉山ボンジュール全店閉店> 2012.01.29
 その昔、逗子に美味しいブドウパンを焼くお店があるとの評判で、とても若い一時期にパブリカ他を駆って良く買いに行ったお店で、愛着が深かった。

 が、次第に自宅周辺などに美味しいパン店が出来て、本店は行ったときについでにになっていた。
 平成3年に相鉄グループになって、「すわっ相鉄が湘南へ進出か」と思うと同時に、な〜んだよ〜電鉄会社のパン屋さんになっちゃった。と言う思いが強くなってはいた。
 トンネル横の本店は駐車場が一杯で断念することもある、相変わらず繁盛のように思えたが。今、ネットで見ると相鉄グループとしてかなりの多店舗展開のようであった。

 結局、店内で「惜別パン買いまくり」。すぐ車内で食べまくってしまったが、味に往年の感動は無かった。
 地元の人は新たなパン屋さん探しになるのか。
 資本の論理は地元の利用は関係なし?かな。
 個人店なら続いていたかも思うのだが、残念。

 ほぼ満腹ながら、すぐ近くの「●●茶屋」で富士山を見ながら、お茶とサンドイッチとなった次第。
反町・横浜駅東口・ベイサイド  旧東横線高島隧道と銘品販売  クリックス  アトランティック 
横浜駅東口〜みなとみらい  リヒト  原鉄道模型館   
関内   うまやの食卓 グリルサクライ 手打ち蕎麦 寿々喜(すずき) 
成城石井ルバーヴアン52(サカドゥ)  満腹魚魚肉肉割烹? 花びし 
元町  エルエラ     
 日ノ出町 Kikuya curry (カレー)  
 黄金町 えき缶酒場(駅中で)  ボストンクリームパイ(浜志゛まん)  
 (地下鉄阪東橋) 豊野丼   小嶋屋(蕎麦)  
 井土ヶ谷 チャイナ飯店     
 弘明寺 ほほじろ(魚料理)     
杉田  美好(稲荷寿司・おむすび)     
京急富岡  先代より続く老舗。頑張る2代目。加藤牛肉店(本店)販売のみ直リンク
加藤牛肉店店主の熟成肉の考え方に還暦ジジイは賛同!
美味-焼き肉食道苑(ぐるなび)
主仕入は並びの加藤牛肉店か? 
 能見台 ラリラッサ(イタリアン)  ラリラッサ(デザート鉄道絵皿編)   
金沢文庫  うなぎ ふくしま   
TOPページへ
お散歩グルメTOPへ このページトップへ