フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
鹿児島市電2017 鶴丸温泉・吉都線 妙見温泉・妙見発電所   かわせみ・やませみ
いさぶろう・しんぺい
 熊本市電2017    筑豊電鉄5000系 2017
筑豊電鉄2017年3月現在の
2000形、3000形
 
若松線の819系蓄電池車両
店主の思い出 地域、西鉄北九州線
小倉・戸畑・皿倉山・下関の目次へ
  
 西鉄大牟田・宮地岳・筑鉄、筑肥線の
目次へ
肥薩おれんじ食堂列車
 吉 松 駅  お弁当についてはこちらをご覧ください※訪問日の撮影、印象で記載しています。
吉松駅舎
   交通の要衝であり、吉松機関区、運転、保線を支える多数の職員が住んで1つの経済圏がとして街が成り立っていたが海岸廻りの路線開通によって、本線としての存在意義を失ってしまった。
  熊本←→宮崎間の交通機関としてその命脈を保っていたが、道路の整備、高速道路の開通で利用者は激減、吉都線にいたってはJR九州の中で利用者がもっとも少ない路線となってしまった。今の駅勢圏の人口は目を覆う惨状となっている。
  駅舎は栄華も終わった昭和43年に建てられたが、当時はまだ、いろいろな需要があったのだろうか?立派な駅舎である。
 ↑保存されているC55 52号機
 ↑観光SL会館があるが・・・鉄道資料館「はやとの風」の乗客が多い時に開けるそうだ

 ↑掘れば出てくる温泉地帯なので、駅前に「吉松駅前温泉」が開店していた。
 ↑↓ホームへはこの陸橋を渡るが、完璧な非バリアフリーである
↑↓ 列車の本数も希少なので構内踏切を復活すべきと思うガラガラ引っ張る旅行者も駅外に移動出来るし
 ↑列車本数はこの程度。進入速度も低いし通過列車もない。スロープ化も可能ではないか
 ↑貴重な光景となったサボ差し業務
 
 ↑無線閉塞信号器や無線各種で運転台機器がてんこ盛。ブレーキ弁上の右ワンマン時開閉スイッチの上にさらに機器が。前方視界は??
吉都線、矢岳側を望む。雨煙で眺望がなくて$(_ _)$ 
 ↑ウゴッゴゴ〜ッ
 ↑変速から直結に切り替わる中立(エンジンを利用しない惰行、停車時もこの表示)
↑直結でさらに加速中 
 肥薩線のディーゼルカーの喘ぐ登坂を楽しみにしていると全くその情景がない。
   ここ肥薩線の車両は機関出力を2倍以上のものに交換してしまったから。勾配登るのは全く楽になったと乗務員さん。
  でも、25パーミルが連続する日当山→表木山は「普通列車」はそこそこ喘いで登る。この区間が唯一、昔の旅情を感じる
表木山駅舎   肥薩線の山中にある各駅は乗降1〜2人程度の駅ばかり。信号所として存在している等の理由と思われる
JR北海道の廃駅の報道ばかり目立つが、そのレベルの駅がJR九州にもかなりありそうだ
 ↑↓停車中に天候が激変でラッキー!
 ↑その昔長大な編成が走ったのだろう。霧島神宮の入り口である霧島駅のホーム状況
 ↑↓のれん、のれん!暖簾が大好きなデザインは独占契約。故にのれんに腕押し状態。
 ↑どのくらい耐候性があるのか地元産品?使用の竹壁。掘っ立て小屋に見えるがなぁ〜。
 ↑↓駅前の「観光案内・・・就業相談所」までをまとめた霧島市シルバー人材センターの「ねんりん」
         ここはお弁当の穴場やぁ〜。駅前を左に曲がって30m位の目立たない場所に大きなJAのスーパがあるが
         この手作り感のある食料は存在しない。
 ↑野菜があるが、特大の大きい椎茸がホンマ美味そうで安い。日持ちがしないから出来れば当日食べたいがそれはほぼ無理。
かなりの数の観光パンフレットがあるが、これこそ観光案内所のネットに全てPDF化して掲載して欲しい情報ばかり。
 ↑↓おびただしい自転車。使用は学生なのか通勤者なのか??
 ↑地元の文化発信基地だったと思われる大型書店が閉店していた。
少子高齢化+売れ筋の雑誌や本をコンビニ(高速道路にたとえ)で発売されては
良心的な本でも(鉄道のローカル線)の収支埋め合わせが出来ない現状もある。
気動車に装着されているロールバー状の排障器。
線路直上の2箇所タイプではなく、軌条幅全体をカバーする。相当強固に出来ている。相手は??

 ↑↓片側だけですが床下機器
キハ140 2062 
キハ140 2062台車 ↑砂撒管付     速度計センサーか?だとすれば砂撒きの方のセンサー(発電)らしきモノは
 ↑隼人(国分)←→吉松←→都城の主力車種となってしまった両運転台車
キハ47 122 +番号解読不可  今や貴重な2両運用。ただし、学校の休日等で運用が変わるかも。3両編成はとっくに消滅。 
 隼人駅隣接の踏切で撮影大会
 ↑隼人駅構内
 ↑キハ47 9042+キハ47 131
↑↓ キハ140 2062
左:肥薩線   ↑右:日豊本線
↓このCT電車走りはすこぶる良い。隼人〜加治木間が一番スピードが乗るようだ。
 ↑783系 マッチ箱な客室で、設計思想は運用にどのくらい反映したのか不明
 ↑↓ JRQ最後の直流電動機駆動の特急車。お面パクパクっていうと(苦笑)
 ↑↓クハ411 515-モハ415 515・・・編成 
   この線で4両は大変貴重な運用である。
   CT電車2両編成中心の運用のため、鹿児島中央駅の立ち並びや席取り合戦が老人に酷いことになっている
   4両なら余裕の乗車なのだが。 確かに昼間時は2両で立ち客が20人程度では3連でも・・・。と言う状況。でもみんな座りたい。
隣の国分駅から速攻折り返して来た。 
今ごろになって「はやとの風」に乗ってみました。
2004年に登場してから既に13年も経過(厳密にはこの時点で12年+少々の日数不足)
キハ147 1045+キハ47 8092 

 ↑観光列車は重点駅に5分程度停車するが、肥薩線内の走行速度は普通列車の1.2倍くらいは出している。
 勾配もバンバン登って、何だか往年のキハ47の喘ぐ姿は全くない。これは「いさぶろう・しんぺい」列車も同じ

 ↑連結面の1〜2のA~B席
車販で購入したサンドイッチ。搭載物は極少ない←当たり前か 
人吉〜鹿児島中央間の特急観光指定列車では、団体客のスケジュールや車両効率運用などで
その昔のディーゼルカーの、のんびりしたスピードを全く味わえないことを認識しました。

鹿児島市電2017 鶴丸温泉・吉都線 妙見温泉・妙見発電所   かわせみ・やませみ
いさぶろう・しんぺい
 熊本市電2017    筑豊電鉄5000系 2017
筑豊電鉄2017年3月現在の
2000形、3000形
 
若松線の819系蓄電池車両
店主の思い出 地域、西鉄北九州線
小倉・戸畑・皿倉山・下関の目次へ
  
 西鉄大牟田・宮地岳・筑鉄、筑肥線の
目次へ
肥薩おれんじ食堂列車
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved