フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所 
SILKYPIX Developer Studio Pro5で退色補正に挑戦(その2)
1-【露出】
   
今回はほぼ適正露出?でそのまま

2-【ホワイトバランス】
 
  「ホワイトバランス(太陽マーク)」アイコンをクリックすると
  ・色温度、・色偏差、・暗部調整、・ミックス光調整のボードが表示されます(赤枠)
 
  ・グレーバランスツール(藤色)で、例として(1)から(3)の場所をそれぞれ測色してみます。
  グレー(白~黒)の「らしいところ」をとりあえず選択。
 (1) グレーバランスツール(藤色)をクリック
 (2) 場所をクリック
   各数値の変化と色調の変化を御覧ください。
 (3) 履歴で戻り、一番良いところのサンプルに決めて各項目の微調整を続行します。
 
(4)黄変かぶりを効率よく除去するのには白~薄グレーの箇所を選択すると大まかな除去が可能です。

 (1)  (2)  (3)
 【指示後の演算中に注意】
 
演算が終了するまで色調の変化があります。
 演算マークが消えるまで待ちましょう。 
4-【調子】
 調子アイコンをクリックすると・コントラスト、コントラスト中心、ガンマ、黒レベルのスライダーが表示されます。
 コントラストと黒レベルは、かなりはっきりと画像を「締めます」
 
5-【カラー】マルチビュー
 
このメニューはお手軽修正用。
 適用すると「ホワイトバランス」の調整が生かせないこともあります。
 
マルチビューはどの処理中でも表示可能。比較しながら変更が出来ます。
6-【ホワイトバランスの微調整】
 
 スライダーと円を使って微調整(したい場合のみ)  
  中央部分に黄色系がかぶりますがアナログ的な変化ですので、キリがありません。
  この程度までは容易に調整出来るという見本です。
  今回の変退色の色調補正は終了です。以下、画質の調整を行います。
7-【シャープ、ノイズリダクション】
 
・かっちりと上げたい→シャープ処理→荒れる
 ・人物顔等ふんわり系→ノイズリダクション→ノッペロ~系
 ・ディスプレイ用、プリント用様々な状況に好みで適用します。
 シャープ傾向 標準   ノイズリダクション傾向
修正元画像を作成しておけば、以降、何度も加工する際の色調を統一できます。
その際は
「現像」で必ず解像度指差喚呼、確認して、別名保存してください。
以上の画面を御覧になって「大して補正できてない」「なんだこの補正色は」と思われる方は
  お持ちのモニター(ディスプレイ)に対して是非モニターキャリブレーションをお勧めします。
変退色補正に挑戦(その1)へ戻る サイトトップへ  このページトップへ
  (株)市川ソフトラボラトリー SLKYPIXページ(外部リンク) 
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved