フィルムスキャンs(鈴木写真変電所top)

 ↑横浜線の72系が103系に置き換えが始まった頃、一度は行っといた方が良いかなと冬の寒い日にお出かけしたのを覚えている。
     何しろ今見ると考えられないほど周囲が変化している。その辺もご覧ください。
     方向幕が布製で如何にもクチャクチャで気に入らなかった。

     3コマのみ撮影の青梅線旧国はページが組めないので最下段に貼りました(苦笑)その後山スカ2コマが出土
 単線区間で富士山をバックに
 ↑小机で下車。寒風の中、富士山をバックに。
 ↑クハ79116
 ↑ラッシュが終わると4連が登場。根岸線直通列車は7両組成。
 ↑ハエタタキ電柱のみ健在ケーブルは撤去されている。
 ↑小机から単線区間になる
菊名駅→大口
菊名駅に進入する磯子返しの編成。 
 ↑菊名駅を発車した103系
  ↓ 京浜東北線と色は違えど東神奈川~磯子間で間違われないよう、ドアの上に「横浜線」シール、前面に識別板をぶら下げた。
大口~東神奈川
↑全金クハ79と↓半鋼クハ79編成
 ↑下り東海道とクロス↓上り横須賀線とクロス

 ↑ほぼ同じ位置から2016年の状況
    大企業の工場移転によるシュリンクで職員用の社宅や厚生施設の廃止、中小工場の廃業、事業主の不動産業化、土地売却などが進み、
    首都圏通勤者向けマンション、アパートに大変貌
推測であるが東横インは埋め立て地に残る大、中規模企業、倉庫等の出張族が対象ではなかろうか。
 ↑こんなん貼り付けるな!と言われるのは承知。でもねぇ~。
 ↑↓まぁ、移動しているカサマシ写真
 ↑↓まぁ、移動しているカサマシ写真(2)
 ↑カナリヤウグイス色だったのか記憶が無いが、こんな板をぶら下げていたのでそうなんでは。
↑↓東海道線の線路を走るなつかしの車両ということで
 桜 木 町 駅
 ↑進入するコマ稼ぎ連続写真。しかし~ぃ後方や右下を見て頂くと!!天理ビルが建築中のよう。
  ↓三菱重工も移転前
ここが更地になってみなとみらい地区になった。周囲をキッチリ撮影しておけばと今更後悔。
 ↑高速道路完成間近、貨物ヤードは活況が無くなって来ていた。このヤードの奥には貨車の重量を量る「看貫線」があった。
    計量区間の線路は鉄板敷きにレールがあって独立していた。パワム位の長さと記憶している。線路中央脇に計量小屋があった。あればマル珍か
    写真を撮ろうと想いながらの根性無しのリーマンであった。
 ↑磯子返しの編成
 ↑シルバーシートの標記がご丁寧である。
 
 ↑まぁ、正面思いっきり光量上げ・・・。
 ↑103系低運。拡大したが微妙に車両番号が読めない
 ↑後撃ち  ↓赤羽行き。
 
 ↑橋本駅で車内からパチリ。屋根、床裾の高さは凸凹でも貫通路を通るときの車内の床レベルは同じ記憶が←調べんかい!
 青梅線3コマ+山スカ
同窓会遠足?だったかの帰路の途中下車(駅名忘れ)夕方撮影。
3コマしかなく、日の目を見ないのは可哀相過ぎるので増結しました。そしたら山スカ2枚が発見されてこれも増結
 
 
 ↑↓低屋根のモハ72が挟まっている。中央山線でアルバイトしていたのか?
 
    ↑↓低屋根モハは72系850番代車なので中央東線乗入仕様車で使用されていた?この白黒画像は1972年以降の撮影のはず←そのうち調べます
 
  ↑クハ79はタブレット保護桟を付けてスカ色。タブレットは青梅、五日市線に存在していたようだが急行運転が合ったのかナゾ
  ↓横須賀線のクハは東京寄りの製造が多いそうな。んで高尾寄りにクハ79が充てられたのか?ナゾというか不勉強。(スカ色1968.11.23撮影)
 
  ED16形14号16形 ED17形、ED27形
鶴見線17m旧国  鶴見線20m旧国  工事中
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved