海水浴特急全盛時代。4扉の700形・500形を除く230形から1000形まで動員。種別板を掲げて大活躍
230形は横浜~久里浜間に6連で使用され、京浜間の激走は無かった。雨の日は状況を見て運休。
★海岸電気軌道 京急昭和(1~3)
230形
京急昭和(その2)
400形~600形
 
京急昭和(その3)
1000形
鮫洲地上駅時代 南北馬場統合工事
逗子線3線区間     【六郷橋梁】~京浜川崎 雪の日の思い出      
400/500形(鳥見塚)  600形(鳥見塚) 700形 1000形(鳥見塚)  杉田曲線改良・2扉500形    
 ↑1095編成と600形605の行き違い。1095は1000形試作車だった旧番号デハ801(1095)-851(1096)
 ↑老体鞭打つ230形オールMの6連海水浴特急
信号Gで高速が出せる上りは久里~北久里、按針~田浦、富岡~屏風、上大岡~弘明寺ぐらい

だが、海水浴特急に230が投入されるのは、基本3本連行の1本なので、
結構チンタラ走りで車体がバラバラになりそうな激走行は無かった。
 ↑屏風~杉田の下りは結構飛ばせていた
京浜急行230形デハ249
  ↑多分、最後の全検出場か「横浜~久里浜」板
京浜急行600形デハ628
 ↑↓三浦海岸付近でも撮影出来たのに根性無いから・・・。
京浜急行400形デハ449
久里浜行 川崎行の海水浴特急。時間帯や状況によって種別板表記以外の行先が運転された。
 ↑400形8連460系×2=8連の車両総動員の輸送
京急400形464
未更新 ↓雨樋がせり出す更新車。パンタが連結面に移設されてしもた。 
京急400形469
京浜急行400形デハ441
 ↑ロールアップカーテンの巻き上げバネが緩んだのか窓から車外に膨らんでいる
 ↑↓440,426=110KW×24=2,640kw+401番台112×8=896kw合計3,536kw/の8両で飛ばすぜ~ぃ。
単純な数値ではEF65(2,550kw)を上回りEF66(3,900kw)よりちょっと主電動機総出力が少ない
※電圧とか回転数とかギアの組み合わせとかいろいろあるんで数値遊び
飛ばし「杉ちゃん」地点まであともう少しだぜぇ~い(数値はS43.9資料計算)
広告欄に「ウィンドウズのパソコントラブル解決」とか「ドライバ云々」とか「ダウンロード」、「*秒以内にダウンロード開始」とか書いた広告には触れずに「×」で閉じて下さい。
京浜急行400形デハ428
 
京浜急行1000形デハ1036
 ↑↓方向幕の取り付けは貫通型改造工事までお預け。故に方向板を外すと白帯下は傷だらけ
京浜急行1000形デハ1017
京浜急行1000形デハ1016
京浜急行1000形デハ1036
京浜急行1000形デハ1033
京浜急行1000形デハ1118
  ↑↓ピーク時には20分に1本の横浜←→久里浜行きが差込まれ、優等3本というラッシュ並みの運行が行われた
 ↑幌付でござる
京浜急行1000形デハ1098
京浜急行1000形デハ1098
1000形試作車 ↑1098+97(デハ803-804川車) ↓1095+96(デハ801-802東急)改番は1965(S40)10.19付。方向幕が付いた
京浜急行1000形デハ1095
★海岸電気軌道 京急昭和(1~3)
230形
京急昭和(その2)
400形~600形
 
京急昭和(その3)
1000形
鮫洲地上駅時代 南北馬場統合工事
逗子線3線区間     【六郷橋梁】~京浜川崎 雪の日の思い出      
400/500形(鳥見塚)  600形(鳥見塚) 700形 1000形(鳥見塚)  杉田曲線改良・2扉500形    
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所    
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved