■写真コメント(67)
 ポジは変退色しまくって、結構無理無理色出しの「あまぎ」増結フル編成。
 しかし、雑木林に車体がかかってパチリ。何で場所を変えなかったのか、現像したあとで悔やむ初心者ぶり(笑) 
 当店の仕上がり目標  
 お客様のご満足を頂けるように日々努力しております。
プリントの色調ほど難しいものはありません。
  
お客様の思い描かれる世界と完全にマッチすることは、
  様々な組み合わせの世界。完全版は無いことを御理解願います。
  くどいようですが、「究めてビミョ〜」な色の話です。
  紅赤が鮮朱色になったなどは通常あり得ません。
  厳密には御覧になる時間帯や(昼と夜)、位置によっても色調が違います。
  モニターの画像も同様です。
以下は当店側では解決できない問題です。
  
色調に違和感を感じられたと仮定すると、下記のどれかにぶつかります。
  前のページの繰り返しになりますが
 (1) モニター
  ・色調管理でないモニター
   これが市場の99%ではないでしょうか。
   色階調の調整出荷という概念が乏しい商品が通常です。
   調整済みのモニターと比較すれば「色クレーム」になる確率がほぼ100%発生します。
    お客様には「モニタのキャリブレーションシステム」(色調の共通言語?)の導入をお願いいたします。
  ・色調管理モニター
   色表現がs-RGB対応までの製品、Adobe(1998)対応製品
   の2群に大別されます。
   Adobe(1998)対応機器でs-RGBプロファイルは正常閲覧可能です。
   s-RGB対応の機器で、Adobe(1998)プロファイルの色調は正確に表現されません。
  ・色の苦情のイロハニホヘト
   キャリブレーションを実施して「色違う」、「色違う」のお話になります。
    同じ基準であれば、究極は、外光や製品固有の特徴に収斂する世界です。
 (2) プリンター
  ・インクの色数の多寡(例:4色〜8色)
  ・プリント用紙用の色受け渡しデータ(プリンタ用ICC)の有無
  ・プリンタの色特性や使用しているプリント用紙。究極は製造ロット(話題になることがあります。) 
  ・同じプリンタでプリントした色調の結果でも、究極はインクロットまでもが検証対象になります。
   まぁ、「」「神」レベルのお話。
  時期をおいてプリントしたものを比較して、同一はあり得ないとお考え下さい。 
記憶の色や実車の色 
2枚の写真を比較してみて下さい。 
 撮影時の色のイメージは残ってませんか!
 同じ画像にちょっと色調の変化を加えただけです。
 フィルムが捕らえる色は天候でも変わりますし、
 撮影したときの気温が「あまりに寒かった」等のイメージがあれば、
 その思い入れの色は脳から復元されて、加味されます。
 そして「たぶんこの色だった。」ということになります。
 さらに、比較する画像がある場合は、色調について「赤味が・・、明るめ・・」
 とかの相対評価は可能です。
 しかし現実に、この調整を行って迷い始めると、「思い入れの色を求めて」
 方向感覚がなくなると言われる青木ヶ原の樹海状態?167万色超の世界をいぢくるわけです。
 何をどうやっても、最終的には大抵、その日の体調、気力も含め
 「エイヤッ!これで良いノダ!」という瞬間をクリックした色調で決まります。
 色調評価は自分に対しては「絶対」だとしても、
 他者から見て異論が有るのか無いのかと言う世界でもあります。 
 実車も負けず劣らず 
 「車両の生色」レベルは、スキャンの際に褪色復元ソフトDEGITAL-ROCをかけるのかどうかも
 本当に分からない「びみょ〜な色」状態もあると思います。
 車両自体の塗色が褪色して塗り替え前とか、廃車寸前等という場合も本当に「困ったちゃん」です。
 実車の色の鮮度と「褪色の処理問題」は、風景を考慮しても車両中心ですから難しいものがあります。
 下の3両の色を比較してください。本当の生色ですよ〜。
 1編成だけだったら退色補正扱いになりそうな車両の[色あせ]には参ります。   
■写真コメント(上)
  中央は元京急400形の車体を流用したモハ106。
  同色(会社標準色)で退色状況違い。下の画像はクハ1266の色です。いやはや・・・。
  上画像の左端車両と下の画像の右端車両は同一編成。同一日・時間帯、同一露光撮影です。  
■写真コメント(下) 
  出場寸前のピカピカ写真。スポーク車輪です。昔は地域によってですが、
  スポークタイヤの嵌め変え等を「国鉄の工場」がやってくれたようです。
 
上下の写真で車体色は合計4色になります。
色調に対する当店の考え方   
写真やプリント上の色
  「絶対こっちの色が正しい!」という証明はできないと考えています。
  「その人の想いの色」が強く加味されるからです。
  必要と判断した場合は若干の補正・調整をいたします。
モニターの完全な色調の表示の解決策
  パソコンや周辺機器は各メーカー独自仕様、新製品、新規格続出の組合せで不可能。
  さらに、主観的な「人」との相性が組み合わされ、「これぞ究極」は世界的にありません。
TOPページ  色調その1 色調その2
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved