※一発?1ページなので超々ロングページです「ネズミ男を狙う」は最下方となります。
モハ2形111号(吊掛時代)の小田原→小涌谷までの生録音は→こちらながら聴きでどうぞ
箱根登山鉄道早川橋梁 
 出山信号所より
 1970年代初に訪問した時は、まだのどかな時代で車掌さんにお願いすると降ろして頂けた。
 さて、現在、富士箱根国立公園の中に位置するので各種規制があると思うが、ここの崖に大きめのレストハウスを作れば立派な観光資源になると思う店主。
 信号所を駅に昇格させ、下車=入場料●,000円程度の事前販売制チケットを発売。建物にはトイレ設備も整備、撮影ゾーンとお茶展望ゾーン(各別料金)の100人規模の施設を作れば、大涌谷に次ぐ通年の名所になりそうだが・・・。
満員で身動きならない車内で施設説明繰り返すよりナマの渓谷を眺められるのでよかっぺぇ~。

 さらに、登山電車の編成を撮影する場所がほぼ無くなっている現状なので、出山信号所(分岐器側等含む)をはじめ、名所や3連の撮影可能な場所に柵やTVカメラの監視注意機能付として、パスモ有料入場登録+従量時間制等で撮影場所の整備をご一考願いたい
 Google社の自動広告を導入中です。 <ご注意>
 Google配信とはいえ、広告欄に「ウィンドウズのパソコントラブル解決」とか「ドライバ云々」とか「ダウンロード」、「*秒以内にダウンロード開始」とか書いた広告には触れずに「×」で閉じて下さい。これらの広告はパソコンシステムのトラブルになる可能性のある広告です。
広告による問題発生は当店は責任を負えませんので、ご注意をお願いいたします。
画像処理最大手Adobe社はダウンロード時のインストール項目を注意して外さないと、googleの閲覧ソフトに入れ替わる場合があります。
 ↓出山信号所遠望
箱根登山鉄道早川橋梁
 ↑やってみたいお年頃で・・・。
箱根登山鉄道モハ114号
 ↑↓出山信号所
箱根登山鉄道モハ114
箱根登山鉄道モハ112号
出山信号所方→大平台
箱根登山鉄道モハ110号
 ↑ぶっ飛び調子にしてみました。
箱根登山鉄道モハ112号
 箱根登山鉄道モハ110号
 ↑夕刻迫る頃温泉客を乗せて・・だけじゃ無いと思うけど
 ↑↓出山信号所側~大平台~上大平台信号所間は旅館等に行く小路が多数あった。
箱根登山鉄道モハ111号
 ↑↓落葉か開花の季節でないと撮影は・・・。
箱根登山鉄道モハ111号
 ↑望遠レンズしっかり持つなんていう技倆無くて。逆に今は筋力がありません(苦笑)
箱根登山鉄道モハ103号
箱根登山鉄道モハ108号
箱根登山鉄道モハ111号
 ↑↓2形(108,111~)と1形,109の雨樋の位置が違います。←掲載写真で確認しただけです。
箱根登山鉄道モハ103号
↑↓単行か2連かの運行時代だったのですが、電制音は素晴らしいものでした。
箱根登山鉄道モハ103号
 大平台~上大平台
箱根登山鉄道モハ102号
 ↑↓車号は同じですが行き先が違いますので入線が違うと驚かないでください
※現在はホーム延伸で構内踏切が廃止されました。
箱根登山鉄道モハ102号、114号
箱根登山鉄道モハ109
↑↓今となれば絶滅寸前車種だが、当時はほぼ同じ車体で座席配置違いと台車電装品違いで総勢14両の時代。 
箱根登山鉄道モハ111号
大平台駅夜景
箱根登山鉄道大平台夜景-2
箱根登山鉄道大平台駅夜間撮影
箱根登山鉄道モハ110号
 箱根登山鉄道大平台駅夜間撮影
当時は麻雀大流行。職場の先輩方が徹夜麻雀しに箱根に行くと言うので、お供。着いたところは大平台。
ところが人生初体験の簡素プレバブ1棟2部屋丸貸し。狭い家庭風呂桶付き(温泉?)、料理は出前を取るシステム。
安い?宿泊料金で麻雀に熱中する諸先輩方を尻目に店主は登山電車のみ興味アリ。で抜け出す。
箱根登山鉄道大平台駅夜間撮影
箱根登山鉄道大平台駅夜間撮影
箱根登山鉄道モハ111号
箱根登山鉄道モハ112
箱根登山鉄道
箱根登山鉄道大平台~上大平台信号所
 ↑出山信号所から登ってくる
箱根登山鉄道モハ101
 ↑↓当時は小路踏切もアリ
箱根登山鉄道モハ104
箱根登山鉄道大平台~上大平台信号所モハ108
箱根登山鉄道モハ108
箱根登山鉄道モハ103 
 ↑同じ場所で偶然103号(2017撮影) 汚れるからか前パン畳んで・・。
 箱根登山鉄道モハ103
箱根登山鉄道モハ104
箱根登山1970年代(その2)+ ねずみ男へ
江ノ電 箱根登山2018.06 モハ1,2形
3連2本で紫陽花見頃の大活躍
小田急1970車両  大平台貸切露天宿泊と
箱根ゴールデン・湯本グルメ
 
相模鉄道   
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved