フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
 ↑2015年5月~9月まで運休して全線の設備更新を行い、車両も新型を導入というので、 爺店主出動!しました。が・・・。
 ↑伊勢原駅前にある参道入り口の鳥居(と思う)
 ↑バス停から362段の階段を上るが、少しでも気をそらせようと、少し長い階段区間にはこのような表示 。ゼイゼイ~。
 ↑少し登っては平場になって土産、飲食店、豆腐料理店があり、眼を楽しませてくれるので、階段数あったっけ?になる工夫が。 
↑しかし階段ばかりでこの看板が見えても、なお若干登る。 ↑阿夫利神社駅の表示。
 平日は9時から16時30分が終電。完全なるリーマン運転!
 ↑いよいよ乗車。クラッシック感+遊園地感あふれるライト配置の湘南形ケーブルカーにワックワク!!
 ↑お守り札と製造銘板
 
  ↑ケーブル山頂側の阿夫利神社駅
 
 ↑阿夫利神社駅付近からの眺め。なんと海まで見える。
 
 ↑今回はケーブルカーの写真撮影なので駅から80m程度うろついて、いよいよ撮影へといっても、IXYで・・・。
 
 ↑↓途中、交換所にある大山寺駅で撮影する。2号
 
  ↑ケーブルカーの前面は下りと登りではお面が違う。下りは面長、登りが四角っぽくなる。
 
 ↑パンタは2基ある側と1基側があり、低電圧の直流でプラスとマイナスが流れているのか、一方が信号線で、もう一方が電力線
  なのか?ド素人の鉄爺には不明(ちょっと調べれば良いものを・・・。)
2014.11.10補足
<お客様よりパンタグラフにつきまして補足を頂きました> 
大山ケーブルの記事中の、パンタグラフの件ですが、
ケーブルカーで架線が2本ある場合は、1本は照明等の補助電源用、1本は通信用に使用しています。
ところで、ケーブルカーは中間に交換設備があるため、電圧、用途の異なる2本の架線は絶縁するする必要があり、
交換設備の内側にある架線にはデッドセクションがあります。
内側の架線に使用するパンタグラフは、デッドセクションの影響を回避するために、前後に2基設置してあります。
一方、外側の架線に使用するパンタグラフは、デッドセクションを考慮する必要がないので、1基で足ります。
なので、ケーブルカーのパンタグラフは3基になっているようです。
(通信を無線にして架線を1本にしているものもありますし、パンタグラフを4基設置していたものもあったようですが、
基本的な考え方は上記のようなものです。)
これでスッキリしました!ありがとうございました。
  ↓2基の1基パンタ側。(上の全体写真参照)。双方の車両に対照配置?2基、2基~菓子の二木で4基にならない理由は?
 
 
  ↑登ってくる1号 ↓満員で下る
 
 
 ↑日も傾き始める頃、大勢の下山客が押し寄せて阿夫利神社駅はは改札規制になり、実質10分間隔運転になる。
 
 
  ↑つるべ式なので鋼索線(ロープ)は乗車する方向と車両により交換所から見る下り側はロープ無しの光景になる
 
  ↑一部紅葉してました。この写真アップする頃には散ってると・・・。
 
 ↑バスも臨時便入れて約10分ごとに。途中ごく細い旧道を走るが、なんと往路では空き地で対向バスを待っているダイヤだった。
  正直、土休日はケーブルバスの運行を直行化して、少しでもスイスイの道路があればそちらを走って欲しい。苦行だあ~。
  さらに、ケーブル駅に行くまでのケーブルが欲しいなぁ。
フィルムの危機紹介
スキャンアドバイス
店内業務・関連製品の御案内
メガ盛り2杯!未だ足らん。散歩グルメ
鉄道写真や録音の
見出しページへ
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved