箱根大平台の貸切露天風呂付旅館と箱根お決まりゴールデンコース(2017.09) 
  大平台の温泉は熱めの湯。その昔、箱根公衆浴場まわりで、夏に入ったら半端なく茹だった。夏は入るもんじゃ無いと反省したこともあった。
  先日、ミニトリップに行くことになって、行き先を考えたら「ねずみ男」が居たなぁ。と多少、地理勘のある大平台で個室か貸し切りの「露天付き宿」を探す。
  ネットで見つけたのは大平台「山水荘」。行ってみるとリノベーションして館内は清潔感が漂います。食事、接客も良くて高感度の宿でした。
 大平台駅至近だが、ホントカイナ的な小径を曲がりくねって到着する。
最初に内風呂にて石けんを使う。 露天風呂は転倒の危険他の理由で石けん使用禁止の由。
内湯は2箇所。訪問日は入り放題状態 
植栽が非常によく手入れされていて、雑草抜くのに大変な手間掛かってると感心。 ちょうど中央の金木犀が満開で香り100%
 ↑夕食 
  何じゃこの細かさは!!と、この3倍の量が無いと腹が空くとびっくり。
 ところが後付けの野菜天ぷらや右上の朴葉味噌牛肉焼き、蓋を外し忘れた煮物などをポチポチ食べていたら、なんと五分撞き米のお変わり1杯でお腹がポンポコになってしまった。意外な量でびっくりした。

※食前酒、蓋を取ってない炊き合わせ、野菜天ぷらと朴葉味噌牛肉焼き、デザートの画像は撮り忘れ $(_ _)$
 お刺身の質は大変良いと思うが、通常20m車体とすると13m車相当。
  必然的に大事に食べる。その場で別注可能か聞いたら不可とのこと。まぁ当然やな。
  刺身好きは事前に3~5皿ぐらい別料金で注文すると良いかも。
 湯葉や可愛く作った季節ものを鳩のごとくつまむ。
   完全レディース向けやな。と思ったがだんだんお腹が膨張してきた

  秋やからムカゴ、銀杏、柿の和菓子・・。好きやわぁ~
 ~~夜な夜な登山電車のかすかな走行音を聞きながら朝となる~
朝食
湯葉鍋は近所に有名どころに納入している湯葉製造所があって、その湯葉を使った逸品de美味しい。
アジの干物に納豆、卵(湯葉鍋投入がお勧めとか)の定番物に小鉢多数、デザートでお替わり一杯でほぼ満腹~。
やっぱアジ干物いいなぁ~
 山水荘のサイト
 箱根Gコースの一部を往復 
※良くゴールデンコースと呼ばれている一部
 ↑強羅~早雲山周辺のの街並、景色が展開
 ↑噴気とパイピングがグレーで異様。周囲の砂防工事のすごさ←ちゃんと気づいたのは立山砂防(軌道)を見学したおかげです。
 ↑かなりの崩壊土砂を多数の砂防ダムでせき止めている
 ↑大涌谷駅を望む。ロックボルトで擁壁を補強している
 ↑お決まり海賊船風遊覧船。眺めの良い場所は「特別料金室」
 ↑古来ヨーロッパは馬や羊に羽根つけたりしていたが中世にライオンは居たのだろうか。?中世に全く疎い店主。
しかしこの羽根の短さでは毎分何万回?羽ばたかないと飛べそうにない。など、しょーもないこと考える
 ↑↓昔々聞いた話だが、箱根に遠足が決まって、ワ~イ●●船に乗れると大はしゃぎする生徒。
手配業者によって系列が決まるので、さて到着したら、どちらの船でハシャイダでしょう~か。
 ↑カタマラン形が流行った頃から現在まで生き延びる形態。同一船で更新した程度か?店主には不明
 ↑スワン形足こぎボートはここまでの航行禁止かこれないのか?実際、膝が持ちそうも無い
  ↑駒ヶ岳ロープーウェイ
 駒ヶ岳ロープーウェイは箱根と木曽にあるが、経営者は別。
箱根の方は「イズハコ社」(店主略称)が経営してると思ったら、2016.2月にプリンスホテルに移管されて「プリンスホテル箱根園」の運営になった。サイトに掲載の運行時間は始発、終発のみの表示。何となく早く乗りに行った方が良い予感に駆られる。
30分以上の湖上遊覧中に稼働を見られなかった。ちなみに十国峠ケーブルカーは2017.9現在「イズハコ社」である。
 ↑ぐるっと一周桃源台港に到着。おしゃれに改築されている。
 ↑桃源台~大涌谷のロープーウェイは下が平らなので意外ときれいに見た目、緑化軌道索道状態??になっている。
 ↑姥子温泉「秀明館」現在は日帰り湯治に特化しているよう。
ガイドローラー 
その昔のスキーリフトは「本当のスポーク鉄輪」だけカラカラ回っていて、脚柱に「安索」、「日ケー」(店主略称)の2社ブランドの柱番号銘板がおなじみだった。
ほんのちょっとスキーが上達する頃、方々でリフトの更新が始まり、樹脂製の写真のローラーが登場、「ガラガラ、ドンドン」の衝撃から「キュッキュッ、タンタン」の通過音に変わり、塔全体の音も静かになってしまった。因みに箱根登山の索道系は全て「日本ケーブル」製。
当時、スキー場で索道研究を自認していたが(苦笑)、白馬の方にあったと記憶する屈曲リフトはすでに無くなっているよう。
確か、日本で唯一とか書いてあったが、乗ってみるとまぁ・・・。てな感じであった。
もう40年は経過してるから。ゲレンデのレストハウスで野沢菜食べ放題、ビール飲んでた人!!古いなぁ。 
 ↑噴気があちこち。当然硫黄系。風の範囲で植生が枯死して色が茶系になっている。
↑ ロープーウェイ乗り場で無言でおしぼり配ってサービス良いなっと。
店主、もーらい!!で他で使おうと知らずに鞄に仕舞ってしまった

結局、使わず、帰宅後取出したら、この注意書きにあるよう使用用途はまさかの全くの別物であった。
ビックリクリ!!イメージダウンが怖いのか?はっきり説明しながら配ってほしい。
早雲山~大涌谷の頂点に立つ大支柱大涌谷側から 
  剣先のような幅の狭い土地の頂上に建柱されており、施工は安全強度を考えられているのだろうが、その土質と建柱されている地幅を見ると素人なので怖くなる。
 早雲山側から 
東急地上渋谷駅が消えて似て非なる駅舎は箱根湯本駅のみ 
腹が減った・・・電車を降りると急に腹が減る・・・。井の頭豚五郎 孤豚のグルメ
ご覧頂きありがとうございました。&(_ _)&  
相模鉄道    小田急1970車両  箱根登山鉄道  箱根オリエント急行   
旅 編 
北九州 紫竹ガーデン 上田交通(松茸) 鶴丸温泉(鹿児島) 湯布院・別府
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved