フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
画像多数のため、受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
<2012.09.30>鋸山ロープーウェイ山麓駅でびっくり 
 秋晴れのような天気ではあるので、屋外へ。どこへ行こうかと・・・。そうだ安近短で船旅??そして鋸山。
 コンパクトデジカメぶら下げて、のんびりしようと東京湾フェリーの船旅を楽しみ・・・。
 して山麓駅に着いたら・・・。以下、「行って良かった、乗って良かった」のお散歩記
そういえば往復割引切符があったような。
券売機で探す。あった。1970円。正規だと(電270円+バ190円+船700円)×2=2,320円だから約15%引き350円安い。
店主的にはソフトクリーム代1個お得になる気分だが・・・。
バスの接続と案内が全くなっていない。乗ったバスは50分近くも船乗り場で待つ始末。
サービスとして久里浜駅のバス乗り場には発時刻と到着予定時刻、接続予定船ぐらいはバス乗り場に掲示して欲しいし、20分前着の程度のダイヤが組めないのだろうか?全便がそうとは思えないが、ただ、空いたバスで適宜運行しています的なバスとしか思えない。
降りたバスは到着船にも接続していないから回送同然で出発。もう・・・。
 ↑やって来ました「しらはま丸」。久里浜丸は売却で2船営業体制  ↑久里浜方を観る。
↑東京湾に出入りする船を避けながらの横断は大変。  ↑地上の距離感、速度感が違うため、おおっ〜と思っても
 ↑ちゃんと離合している。毎便、操船の緊張は半端なさそう。  ↑僚船「かなや」丸と離合。ドック入りの際は2時間ヘッドの惨状。
↑船が来ると遊びに来る?シーガル。疲れると海上でお休み。   ↑コンデジ望遠最大でこんなに簡単にGET。ホント、便利カメラ
 ↑金谷港に到着。積んだ車の進行方向で着岸。当たり前かぁ〜。  ↑歩5分。次回は竹岡ラーメン梅の家に挑戦!1杯いくらに(笑)
↑遠いようで、乗り場までゆっくり歩いて約13分程度   ↑大した坂もなく山麓駅に到着
 
↑そこで眼にしたものは!! なんとゴンドラが新しくなる!。1963年に日本電装製の現在の2代目になって24年が経過して3代目に代替するとのこと。重さや乗車定員は同じだが、どうも察するに天井のベンチレーター、前面上部のみが開く雨天蒸し風呂号か?
CWA社製造、日本ケーブル納入なので、(先日乗車した)北海道の藻岩山(新)ロープウェイの搬器と似たような構造と思われる。 
 
 ↑それでは早速撮影しとかなくっちゃ!と言うわけで激写開始。この日は結構、多客だったらしく、随時5分、10分ヘッドもあった。
 1号搬器「かもめ」  ↑まぁ、その〜撮影しました。その1
↑まぁ、その〜撮影しました。その2  ↑2号搬器「ちどり」
↑山頂駅構内は危険と言うことで撮影禁止。上の展望台から写  ↑屋根上全景 
 ↑2号搬器「ちどり」の室内
 
↑屋上展望台からJR内房線を撮影。望遠レンズだとどのくらいになるのだろうか。ちなみに反対側の浜金谷駅も撮影可能 
 
 ↑金谷港に接近する。狭い構内で船を180度回転して船尾から車両が出入りする。久里浜は先頭を直づけで車両が出入り。
↑山麓駅に接近  ↑停車中の1号搬器
↑久里浜港に向かう間に日没、月夜と体験した船旅。なかなか良かった気がします。帰路の京急バス接続は◎。満員で久里浜へ
 ふら〜っと旅して、まさか搬器が2ヶ月後に変わるとは知らなんだの旅でした。
 ロープーウェイの運休期間の告知は無く、一晩で掛け替えるつもりなのか謎。
 →このページのTOPへ戻る
 TOPページへ
 お散歩グルメTOPへ  このページトップへ
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved