大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
  【パソコン内キャッシュを最新の情報に更新をお願いします。】
 方法はインターネットエクスプローラ上部のアイコンこのマークをクリック!。または「表示」→「最新の情報に更新」で!
庄内交通湯野浜線鶴岡駅
 庄内交通湯野浜線最後のお盆。
  列車は海水浴帰りで降りる人、帰省客や鶴岡市内で買い物した乗る人でホームは大混雑?
庄内交通湯野浜線鶴岡駅2
庄内交通鶴岡駅モハ8+モハ7
 ■本稿を作成するに当たり、鉄道ピクトリアル私鉄車両めぐり特輯Ⅱ 庄内交通 金澤二郎著を参考にさせて頂きました。
庄内交通鶴岡駅モハ7
↑ パンタが上がっていない始発前。4番線の表示がくたびれているが、国鉄鶴岡駅は3番線までだったのか・・・。
庄内交通湯野浜線鶴岡駅構内
まぁ、始発前の雰囲気を・・・。
庄内交通デハ101
何やら気配がするので振り返ると、リャリャ~!!パンタを下げたままデハ101号が出庫してきましただ。
  架線は検修庫の入り口まで。庫内に600V給電線がトグロ巻いて?、それを母線ジャンパに繋いで出庫してきました。
  拡大で600V給電線が垂れ下がっているのが見えます。車輪に絡まれば一発ショートだけに中々怖い芸当ではあります。
庄内交通モハ7
 朝の数往復は3連。デハ101号と連結に来ました。
 47年10月改正時点は2往復。この写真は全線1閉の棒線運転の49年撮影なので2往復は確認しているが正確な運行数は不明 
 庄内交通モハ7+デハ101
↑101号連結でモハ8+モハ7+モハ101の3連組成となる。 
庄内交通大山川橋梁モハ3+5
大山川橋梁を行くモハ3+5 
  庄内交通は何が自慢か?って、全線に建植されたトラス組みの鉄製の架線柱が自慢と車掌さんが申しておりました。
  昭和48年、49年の夏に訪問した写真をゴチャ掲載。 
 ↑善宝寺を発車する3連。パンタの舟体支持のバネがすごい。中間のモハ7の車体は屋根が深い分、側面高さが短い 
 ↓後打ちする。
庄内交通善宝寺駅デハ101
庄内交通善宝寺駅構内
↑善宝寺駅舎柱構え。鋳鉄製の柱受を使用している。梁は柱を平板2枚で挟む低コスト構造。雪の重さに耐えるよう支えが多い 
  駅名板を余程発注したのか、柱毎に取付・・・。
庄内交通善宝寺駅改札
  ↑お風呂が内湯ですと旅館がアピールしている。その昔、善宝寺地区は外湯巡りに値する銭湯があったのだろうか。
   改札口左の駅名板に隣駅までの距離が記入されている(本当は各2.4キロ)
庄内交通善宝寺駅構内線路
↑七窪駅に向かって山裾まわりで勾配に挑む 。最急勾配は25パーミル。3両で登坂するとなると電圧ドロップがすごくなって、
  低速で加速力無く、モーターはウンウン唸りかもと思うが。
庄内交通善宝寺駅線路
 ↑七窪方より善宝寺駅を撮影。交換設備が廃止されたので信号機が無くなっている。転轍機もダルマに。 
  約15ヶ月前までのダイヤではこの駅で早朝、日中、夜間以外の列車12本がここで交換していた。
  全線所要が約26分(交換時間1分入れて)なので、やろうと思えば30分間隔の運転は可能であった。
庄内交通モハ8
↑峠区間を行く  モハ8+モハ7 ↑67からトリミング↓35mmポジからトリミング。若かったから重連プレートで同時写
庄内交通モハ8
庄内交通デハ101
↑↓善宝寺から七窪に向かって駆け下りてくるデハ101号  
庄内交通デハ101
庄内交通デハ101
↑↓七窪駅に下る。
庄内交通七窪付近モハ3+モハ5
庄内交通モハ3+モハ5
↑横位置ショット。モハ3+モハ5 同じ形式ながら窓数と扉配置、ベンチレータ数が違う。運転室が狭すぎると文句が出たか?
庄内交通七窪駅
↑七窪駅。付近に人家があるとは思えない閑散とした場所のように見える。海側の集落からこの丘まで登って来るのか?
 昭和29年3月に七窪に車庫を新築したと言うが、この1年前、28年10月鶴岡に車庫を新築している。電動車はこの時点で
 モハ1,3,5,デハ101,103が在線。モハ7の入線に備えたのか?
  ひょっとして、車庫とはいうものの、塩害が避ける目的で新築して回送入庫したのか?どう考えてもこの車両の規模で2カ所も車庫(整備機能)の必要性があるとは思えない。ちなみに、七窪車庫が何時解体されたか、調査不足で不明。
庄内交通湯野浜駅付近
↑↓湯野浜温泉駅から勾配を登る遠景と近景(苦笑) 
庄内交通モハ7
庄内交通湯野浜駅付近モハ3
↑鶴岡に向かう。雨樋の塗装がボコボコに剥がれている。 モハ1,5と3はパンタの形が違う。
庄内交通湯野浜線その2 山形交通 三山線へ 山形交通高畠線へ 
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
フィルムスキャンの
営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ
ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。お立ち寄りを
鉄道写真や録音の
見出しページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
  ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved