フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
岩 手 開 発 鉄 道  
 生録BGM※ページの画像を全て読み込んでから再生してください
・盛→岩手石橋→盛 キハ302号 →こちら
 
日頃市での列車交換時は日本唯一の素晴らしいアナウンス?が流れる。
・再生の方法やお約束については→こちら
岩手開発鉄道盛駅 国鉄盛駅からとぼとぼ歩くと、ぽつん駅舎が。
盛駅(国鉄時代) 国鉄盛駅を見る 
岩手開発鉄道キハ200形202 機関庫?からホームに移動中。キハ202 
旅客用は夕張鉄道から入線したキハ301の2両のみ
岩手開発鉄道盛駅に停車中のキハ200形202  駅に停車中。
やたら駅の高さが低い。
盛駅に回送中のキハ200形202  岩手石橋に停車中
キハ202従台車  従台車側
岩手開発鉄道キハ200形202サイドビュー 床下機器サイドビュー
岩手開発鉄道キハ202動台車  動台車1軸駆動で片勾配線区のため砂撒装置が装備されている。
岩手石橋キハ202  標識を変える。
岩手開発鉄道DD5601  岩手石橋から石灰石を満載して山を下ってきた列車。
石炭車は台車のバネに石灰石がつまらないように、バネをカバーする覆い板が上下動するようにヒラヒラと取り付いている。
写真で見るとステップのようにも見える。
 連接式の石炭車も確認したが、この場所は基本通過のみ。
後方は機関区。
手前の線路は国鉄大船渡線の引上げ線。
岩手開発鉄道DD5601セメント列車 赤崎から戻る空荷列車。

撮影の帰りに寿司屋を発見。
当時コンビニもなく、大変な空腹で、少ない所持金をはたいてお寿司を頂く。
良いモノはみんな東京へ行っちゃうよ。とのことながら、ウニは今、流行の塩水保存をこの地方では当時からやっていて、ビニール袋を破ってザルの上に。
板の上に盛られていると言う概念しかない店主は、添加剤を使用しない、その美味しさと共にびっくり。
 これも東京へ行きだして品薄なんだよというホッキ貝も美味しかった。
入って良かったと、お寿司屋さんに感謝。
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved