じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
・ 写 真
・ 録 音

録音:京急・旧客、私鉄
 画像多過ぎでページを2分割して、表示速度改善しました
栗原電鉄M15形151
大正7年栗原軌道→昭和16年栗原鉄道→昭和30年栗原電鉄→昭和39年宮城中央交通→昭和44年栗原電鉄→平成7年くりはら田園鉄道(内燃化)→平成19年廃止
当初ナロー蒸気で平野部の農産物を運搬目的に開業。昭和17年細倉鉱山に到達、昭和25年ナローのまま電化、昭和30年9月1067mmに改軌。
東北には鉱山運搬鉄道として秋田県の小坂鉄道、廃墟の工員住宅で有名な岩手県松尾鉱山、松尾鉱業鉄道を思い出す。でも店主松尾は車窓から廃墟のみ(涙) 
 

本稿を作成するにあたり、鉄道図書刊行会発行「私鉄車両めぐり特輯第1分冊」栗原鉄道 柏木璋一様著、同社鉄道ピクトリアル477号栗原電鉄 小林隆雄様著、同560号「西武鉄道時代を築いた電車たち」園田政雄様著、同「他社へ譲渡された西武鉄道の車両」小松丘様、大山俊行様、高橋健一様共著、同「西武鉄道の国鉄電車」久保敏様著、朝日新聞社刊世界の鉄道1974版を参考にさせていただきました。御礼申しあげます。
※M181号の石越→細倉間の生録を聞きながらも如何ですか→生録セレクション(苦笑)ページ
 最初の訪問は1977(S52).04上野発23時21分EF8027が牽引する十和田3号にて石越6:42分スハフ422027で到着。 
栗原電鉄石越駅昭和61年8月
昭和61年8月の石越駅。栗原電鉄は翌年4月に国鉄が民営化される既に経営が厳しい状態があって駅の周囲にはスローガンが掲げられている。
栗原電鉄ED35形351
↑店主2回目にして最後の訪問の翌年、1987(S62)に貨物営業が廃止となったが、ED35形351の貨物列車は痛恨のバック撮影で、これが撮り納めとなってしまった。
車体も貨物営業廃止を見越して塗装がパッチワークになっている。運転士(機関士?)が貨車の状況を確認している 
Googleの自動表示広告を導入中ですが、「●●のパソコントラブル解決」とか「ドライバ云々」とか「ダウンロード」とか書いた広告はクリックしないようお願いします。
昭和52年訪問時の電気機関車と貨物列車
栗原電鉄ED20形203
 ↑ネガカビだらけのスキャンで・・・。ED203
 栗原電鉄ED20形203
栗原電鉄ED20形201、202、203
栗原電鉄の電気機関車の形式は車体の自重で表した。ED20形は20t機関車でED201~3号機
栗原電鉄貨物組成中
 ↑ 貨車入替中  若柳にも農協があり、肥料、農薬なのだろうかワムが在線していた。
栗原電鉄ED20形201牽引貨物
 ↑出発準備完了で通票を渡す
栗原電鉄ED20形201牽引貨物
 ↑石越に向けて出発。最後尾に木造の車掌車ワフ7がお供している。台枠から上は木造なので連結、発停車の際のドッカンドッカンは車体に応えたのでは無いか
画像多過ぎでページを2分割して、表示速度を改善しました
 栗原電鉄 その2へ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved