小坂鉄道レールパーク 2018 Ver1.01
入場券↑表 裏↓
遊覧・遊具 
火曜、水曜はバイク、観光トロッコお休み
↑ こりゃなんともいえない・・・。思いっきり、このスペース一杯にウネウネ引き回して見るのも手かも¥¥¥
 ↑レールバイク 
 これで構内の半分程度奥まで行けます。中々面白いですけど各施設メジャーになってしもた
 ↑これはなんでしょ~か?
係員がこの位置まで動かします
 ↑あら不思議。ターンテーブルでした。両端に設置して有ります
両端に係員がいて終着点には到着→下車→回転→乗車→出発指示と炎天下で頑張るシステム
熱中症に気いつけてや~っ
 ↑レールバイクの車庫。各車ロッド式の牽引棒付きです
 ↑↓観光トロッコと称する乗り物
 ↑↓お客さんが来ると随時発車のよう。構内の一番奥まで観光させてくれます
乗車口 
 
 ↑ホームを離れて奥へ進みます。
 
 ↑これをタンク車に積んでいた
 
 ↑↓台貫線(看貫場)重量を量る計量線 桜木町駅下ののヤードの隅にもあった。
 
 
 ↑最奥地まで運行。右の線路は鉱山から来ていた線路だそう。
 ↑DD13運転お試しコース
事前予約制で¥5,000円でレールバイクとほぼ似た長さ約100mを往復運転できます。
当日でも何らかの要因で空きがある場合は、その場で運転可能だそう。
 ↑↓店主も\5,000円で往復体験1~2ノッチ程度で単弁操作で停止
驚いたのは単弁の排気が運転室内に響きわたること。こりゃ初めてじゃ
この価格で約100mの長さを運転できるのはお得??
 キハ2100は解体待ちしかなさそう・・・。
乗務員室ドアが壊れている ↓ キハ2101
 ↑↓キハ2106
 ↑↓鉄板があらゆるところで腐食していて整備するなら、車体は作り直さないと無理そうな状況
 ↑↓サビッ、サビッです。この錆びよう、腐食穴開きでは・・・。
 ↑体験運転上級編で貨車の連結用に整備されている
 ↑これ改造してレールのあるところ定期運行キボンヌ
 ↑↓その昔から保存されている蒸気と客車。綺麗に再整備されている。
 ↑子供よりお父様がはしゃぐお泊まりできる寝台列車
冬期間はトンネルまで移動して保管するそう。
 おまけ その1
 ↑↓宿泊場所に困っていたら鹿角市の「五の宮の湯」なる日帰り温泉兼宿泊旅館を発見
花輪線陸中大里駅下車から徒歩3分らしい。およそ1時間1本上下どちらかの轍音が聞こえる。
部屋からの写真(指定しないとダメかも)夜はカエルの大合唱。ややぬるめの温泉に浸かりまくる。
 ↑八幡平のスキー合宿や夏期合宿のお宿らしく学生多数。¥飯付き安価
懐かしいスキー場味のカレーとご飯は食べ放題
見よ!この大盛り加減!!(苦笑)
ミズのシーズンで社長が採取とのこと。シャキシャキで美味~い
 おまけ その2 秋保電鉄
 ↑↓秋保町観光案内所にあった大ゲージ(HOより大きい意味)の模型。ボタン押すと一周自動運転する。秋保電鉄の健在の頃の写真も飾られている
 ↑地元では有名なスーパーの「おはぎ」おはぎコーナーがどんとある。塩気を含んだ地元デファのあんこでくるまれていた。
田んぼアート駅と田んぼアート2018
弘南鉄道 
小坂鉄道 立佞武多 五所川原+JR臨時輸送2018
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved