足尾銅山観光-アプト式のトロッコ 2022..04.24 ver1.01
2019年訪問
足尾銅山観光-入り口
↑入り口はこんな感じ
わたらせ渓谷鉄道 通洞駅
↑わたらせ渓谷鉄道の通洞駅
通洞駅通り 通洞駅通り日光市営バス
↑まぁ、のんびりしすぎの風景。日光市の市営バスがJR日光へ運転されているが・・・。
足尾銅山トロッコ ラックレール
↑勾配区間はピンラックのアプト式 
足尾銅山トロッコ-1 
↑抗口まで見学者を降ろすのを目的とするので、機関車に押され、110/1000を空車で登ってきます 
足尾銅山トロッコ-2
↑乗車ホーム風景 
足尾銅山トロッコ-3
 ↑下るトロッコ。当然、下り勾配側にアプト式バッテリー機関車が付きます
足尾銅山トロッコ-4
下駅(正式名不明)に進入する
足尾銅山トロッコ-5
 ↑早速、アプト機関車を解結します。速攻、機関車は入換に
足尾銅山トロッコ-6
 ↑前方が開通!バッテリートロッコ3両編成は結構、勢いよく坑道に突っ込みます
足尾銅山トロッコ-7
足尾銅山トロッコ-8
 ↑突如、人形のライトアップが。脅かし?ます
足尾銅山トロッコ-9
 ↑坑道終点 
足尾銅山トロッコ-10
 ↑いろいろと実物大展示が
足尾銅山トロッコ-11
↑坑道の守護神社? 
足尾銅山トロッコ-12
 ↑生?鉱物の勉強
足尾銅山トロッコ-14
↑厳しい労働。上り下りのトロッコダイヤはあったのか 
足尾銅山トロッコ-15
 ↑↓屋外展示場 2019年現在この荒れ方だが、その後再塗装などされているのか?
足尾銅山トロッコ-16
足尾銅山トロッコ-21
足尾銅山トロッコ-22
足尾銅山トロッコ-23 足尾銅山トロッコ-24
 ↑↓ノッチのいろいろ
            ※店主はコントローラーとかアクセルとか言いません
足尾銅山トロッコ-25 足尾銅山トロッコ-26
足尾銅山トロッコ-27
 ↑展示館内 ホイールから伸びる針金のような集電母線?がなんともすごい
足尾銅山トロッコ-28
見学者は別のルートで出てきて広場と展示館を見学。階段を上がる
【 トロッコの運用】 
足尾銅山トロッコ-29
↑坑内で見学者を降ろしたトロッコは回送で戻って待避線に入り、
降りてくる列車の機関車を待ちます 
足尾銅山トロッコ-33
足尾銅山トロッコ-30
↑構内配線
見学者の動線を換えたのか、右側のホームは線路切断不使用に
多分、出口にあたる売店へ階段を上らせる方法にしたようだ
足尾銅山トロッコ-31
 ↑機関車連結待ち
足尾銅山トロッコ-35
 ↑バッテリー自走トロッコ7号車
ということは1両~2両がどこかに運ばれて修繕中なのか
工場などの車両保管建屋は見当たらない
充電は終園後に一斉充電するのだろうか?
足尾銅山トロッコ-36 足尾銅山トロッコ-38
↑ジャンパーと連結器テコは手動で
下ってきたトロッコを素早く発車させるために、
解結作業は某急並に手際が良い。といっても2カ所
足尾銅山トロッコ-7
  機関車の入換はリモコンで外部から行う 
入換に出発! びび~ィィン←電波の音のつもり(笑)
足尾銅山トロッコ-39
↑↓ポイントは発条式なので即、折り返し可能 
リモコンで「びび~ィィン」瞬時?に前後切り替えして転線する
足尾銅山トロッコ-40
足尾銅山トロッコ-42
 ↑上記の空のトロッコに連結、ジャンパを繋いだら、上駅?へ押し上げを開始する
機関車1両、トロッコ2編成しかないようだ。
塗り替えしながら、せっせと働かされる。
全車「新トモエ工業(株)」製。詳細は同社の坑内観覧車をご覧ください
足尾銅山トロッコ-44
 ↑ラックレール始端とホーム凹
トロッコの運用と機関車の入換は見ていて結構面白い。
2022.04現在、コロナ渦で対策して営業中のようだが、
問い合わせは「電話」とは・・・。繋がるか?
日光市のサイト  日光市の観光サイト
 上毛電鉄1972+2019+大胡車庫  足尾銅山トロッコ   桐生市の観光(市役所) あしかがフラワーパーク(公式)
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved