フィルムスキャンs(鈴木写真変電所top)

立山砂防軌道酒井DL
  ↑「SKW」を誇らしげに樺平上部を走行する 
  軽便にも色気があった店主、地鉄立山駅脇から「サボー軌道」があると知って、現地泊、軌道モーターカーに便乗させて頂けることに。
  当時の建設省立山砂防工事事務所の方々に厚く御礼申し上げます。 ※訪問後、砂防工事の重要性を知った店主でした。
  下部が54年の夏に再訪問ですが、あまり写真はありません。一部順序が混じっています。
$(_ _)$
  【生録mpg】は最下段にあります。全画面が表示されてから再生してください。
立山砂防軌道 千寿ケ原連絡所
 ↑千寿ケ原停車場 5-Tm-251、Tld-752+人車※Tld752は人車用なのか、2年後にお邪魔した時も人車牽引で活躍していた。
    ※5-Tm-251モーターカーは諸元表だと「5-」が無い。
 ↑鉄道ファンと全く関係ない?ので車両は「建設機械」扱い。「DB752」とかしてくれると・・・。
    多分「建設資材運搬用軌道」は「鉄道」とするとお上の所管が関係するのだろうな~。とかエアに考える。
立山砂防軌道 沿線1
 ↑川と言うよりも「岩をゴロゴロ押し流す道」と呼べるような、立山の崩壊土砂で川が埋め尽くされている。その脇の山腹を軌道が走る
立山砂防軌道沿線2
 ↑山腹に線路が張り付いている。
立山砂防軌道 沿線3
 ↑このような線形なので高速走行は危険極まりない。続行運転が結構あるので、その昔の猛者は競争して機関車ごと谷に落下した事故もあったそうな。
立山砂防軌道モーターカー
 ↑乗車させて頂いた軌道モーターカー。車内はエンジンと軌道の音で満たされ、他の音は消去される状態。いやはや凄かった。
立山砂防軌道橋梁
 ↑スイッチバックして登る線路。クズ谷橋梁から見事な滝が見えた。
立山砂防軌道 列車交換
 ↑列車交換設備のあるところは「連絡所」と言う名称。ハテどこだったっけ?
立山砂防軌道 砂防工事現場
 ↑立山連峰の土砂崩壊は谷という谷で起こっている。各所に工事現場がある。
立山砂防軌道 樺平スイッチバック
 ↑樺平連絡所から見上げた高低差約200mを連続18段スイッチバックでよじ登る。
 立山砂防軌道 樺平スイッチバック
 ↑連続スイッチバクの頂上付近※この先にもあります。
   
※一般的には18段スイッチバックとよばれていますが、下記の資料は19段となっています。(昭和54年現在)だぶん少し先に1カ所あった気がで19段?。
立山砂防軌道 樺平スイッチバック
 ↑さて、樺平連絡所から人車が発車です。約200m下です
立山砂防軌道 樺平スイッチバック
何度もスイッチバックします
立山砂防軌道 樺平スイッチバック
立山砂防軌道樺平スイッチバック
 ↑もう一息でこの山の頂上に向かいます。 
立山砂防軌道
 ↑Oh!ほぼこの山の段は上りました。しかし撮影場所まで高さが未だあります。ということは!まだありますスイッチバック。
 ↑スイッチバックの嵐です※昭和54年当時
立山砂防軌道樺平スイッチバックポイント
スイッチバックのポイント部。ここは列車交換が出来る構造。
立山砂防軌道樺平スイッチバックポイント
ポイントは発条ではなく、全て手作業でダルマ返しを行う。
    なお、立山砂防工事事務所によると「安全と省力化を図るため昭和55年から自動化を進め、昭和61年に全面自動化」されているらしい
     運転助手によるトングレール開通方向の確認は残っているらしい。それはその通りだと思う。

    しかし、運行動画を見る限り、ポイントが切替わる様子が写っていないし、トングレールが進行反位に見えたまま、でも定位?に進行する。
    その仕組みが判らない。立山砂防事務所には是非、この部分の動画をアップして貰いたいものだ。

ちょっと寸法が足りんかった。それでも足らんやンか
立山砂防軌道 人車列車
 グォングオン、ゴロゴロとやってくる。人車の軸バネなんて「気持ちっだけス!」。だからすんごい振動。
 下手にふわふわのバネなんか付けたら、上下左右に周期が合わずにかえって事故の元?。スパルタンの方が線路に馴染むのではと推測。
立山砂防軌道 人車列車
 ↑曲がりくねったカーブだが「軌条塗油器」などの贅沢品は無い。
立山砂防軌道 人車列車
 ↑水谷隧道に進入する人車編成
立山砂防軌道 貨物列車
 ↑ドラム缶・プロパンガスボンベが横積みになっている。機械用の重油とプロパンの空荷だろうか。まもなく来たる冬期に備えて燃料容器も下山
立山砂防軌道 標識
 ↑落ち葉がすごい箇所用の標識
立山砂防軌道 水谷地区遠景
 ↑水谷連絡所(事務所は水谷出張所)が見えてきた
立山砂防軌道 水谷橋
 ↑ 「水谷橋」を渡ると水谷連絡所(撮影側)
立山砂防軌道 水谷事務所
 ↑水谷出張所
立山砂防軌道 水谷車庫
 ↑車両収納小屋。雪対策の扉が付いている。
立山砂防軌道 水谷構内
 ↑水谷連絡所構内
立山砂防軌道 加藤機関車
立山砂防軌道 加藤機関車
 ↑駅名標。ここが駅。バス停みたいに何にもない
立山砂防軌道 加藤機関車台車
 ↑昭和42年製 酒井製。排気管はココカイ!モーターカーも含め、立山砂防軌道は上に出すタイプではないようだ。※車号は下の一覧でどうぞ
    軸箱の支持は板バネが車軸の真上に。軸箱は左右のボルトで中心出し、ライナー摩耗調節ボルトも丸見え。軸箱が落ちないように抜け止めも装着して・・・。
    板バネ支持具と左右の軸箱ライナー止めはリベット止めのよう。ボルトじゃダメなんですか?と、どこかの議員の名台詞?のように聞きたい。
立山砂防軌道人車
人車。両輪抱の基礎ブレーキ付き。ベンチの下に圧縮空気溜を装備 機関車と違い、軸箱守は左右のコイルバネで支持。そのシンプルなこと。
立山砂防軌道水谷構内
 ↑機廻しが終了して機関車はエンジン放熱中、車両は休憩?中
    訪問時は冬期に備えて片付け中らしく、閑散としていた。これが春だったら、工事用の資材荷揚で貨物続行の続行で賑わっていたと。残念二兎は追えず。
立山砂防工事地区遠景
 ↑さて、立山連峰は大地震で「大鳶、小鳶山」自体が崩壊してカルデラのような場所に大量の土石が堆積し、豪雨の度に下流に甚大な被害をもたらして来た。
立山砂防工事地区遠景
 ↑国直轄で砂防ダムを春~秋にかけて、こつこつと砂防ダムを作り続けている。凄い岩ゴロ状況である。
   
※軌道敷設は下記の沿革で驚いてください。最初の運搬方法に富山県民でないのでオドロキました。
立山砂防軌道白岩インクライン
 ↑↓建設重機を運び上げる白岩インクライン
立山砂防軌道白岩インクライン
最初に訪れた1977年の河床状態。↓2年後1979年訪問時の河床状態。たった2年で激変している。
   平野を守る砂防工事は自然相手・・・。
立山砂防軌道 白岩堰堤
 ↑大規模な砂防ダムとして「白岩堰堤」(通称白岩ダム)が建設された。
立山砂防軌道 白岩堰堤
 ↑一度に岩を落とすわけに行かないので、段々を付けて落とす。
立山砂防軌道 白岩堰堤
 ↑白岩ダム こんな岩がゴロンゴロン落ちるからたまんない。
立山砂防軌道人車台車
 ↑実は荷物があったりすると先に積み込んでおく。好きな席は早々に確保されてしまう。
    現場の方々は「日勤」では仕事にならないので、水谷などの宿舎に「泊込」で作業を行って、里に下りてくるようだ。
    「わら縄・ムシロ」で縛られた布団や生活用品と思われるミカン箱は訪問時11月だったので、冬期撤収のため、里に下りる方の荷物と推測
立山砂防軌道 水谷人車
 ↑↓そろそろ発車の時刻になります。
立山砂防軌道 加藤DL
 ↑運転台は片方だけなので、千寿ケ原方向はスイッチバックを除いてずう~っと後ろを振り向いて運転していく厳しい運転姿勢。
    凄い振動のため厚めの座布団が。店主のような「ポッチャリ」には狭すぎて胴体も首も廻りづらいので運転には不向き。
 ↑Tld-753牽引の人車。右の標識とホーム
 ↑団体臨発で人車が2列車続行で出発準備
 ↑Tld-652の牽引する人貨物一体輸送列車。今ではあり得ない状況だが途中の工事現場まで等、普通に行われていたようだ。
 ↑千寿5段バックで高度を稼ぐ
 ↑水谷連絡所に連絡所にTld-751牽引の貨車が到着。
 ↑人海戦術で荷物を下ろします。夏とは言え肌寒い状態です。
 ↑貨物休憩中
 ↑車両番号は??。丈夫な木の側受は取り外し式。自車ブレーキは無く機関車に頼る。
 ↑Tld-752 ラジエター?給水中
立山砂防軌道 Tld-752機関車
 ↑Tld-752
立山砂防軌道Tld-752機関車
 ↑左:Tld-752、右:54-10-60 Tldと名称が無く2桁数字6文字の羅列形式。下表にもなく見た限りピカピカで新車のよう。
          導入会計年度による識別方法に変わったようだ。←憶測だが最下部の北陸重機のリンクでもそう思えます。
TM-051モーターカー
 ↑TM-051 モーターカー
     前面窓の開き方が上が開く様になっていて、上部にカンヌキ、下部に蝶番の構造がほほえましい。どっちが1位側?

※本ページに掲載している資料は店主蔵の「建設省立山砂防工事事務所軌道便覧昭和54年4月」より抜粋転載他。なお一部消去している部分もあります。
  ・北陸重機工業(株)が砂防用機関車を納入している最近のニュースへリンク2016.07
      乗務員転落防止安全ベルトや下部確認用バックミラー等が昔と違うような。
  立山砂防事務所で身近な情報をフェイスブックで発信中。最近の工事状況や周辺情報を伝えていて結構学習になります。→こちら
  立山砂防事務所の砂防軌道360度カメラによる要所の運行動画→こちら
【生録】ヘッドホンでボリューム上げて、延々お楽しみください!
■モーターカー 千寿が原しばし後~約16分間お楽しみください。何カ所かスイッチバックあります→こちら
■水谷発 人車  乗務員乗車→エンジンがけ→「オーライ」(聞こえづらい)→発車→29分樺平スイッチバック含む→こちら

じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved