フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
日本車輌製造と車両の縁が深く、OSカーまで日本の地方私鉄車両のデザインをリードする車両が多数在籍していた。
 長野電鉄その2 長野電鉄その3  長野電鉄その4  1100形嫁先伊予鉄600形 上田交通 
大 糸 線 松本電鉄 富山地方鉄道 立山砂防 入居予定
長野電鉄10形61号画像
■ 安チョコ掲載で長電撮影の持ちコマ掲載95%を達成か。コメントは何時の日か入れます。(笑)
長野電鉄0形1号画像
 ↑長野電鉄といえばOSカー0系が一番先に浮かぶ。 Office & Student Car しゃれた名前の最先端。
  安価な高架化なら、吊掛も、もう少し生きながらえ、OSも若干の同族が増えたのでは?と思いたいのはヤマヤマ。
  現実には厳しい乗客減の実態のある中で、よく造った?3編成目は事実上、別人格(3扉)のOS11となった。
  日比谷線で魚河岸の買い出し人を支えた車両に席巻され、店主の撮影モチベは急降下。
長野電鉄0形1+51号画像
 ↑列車を待っていると「カッコウ〜」「カッコウ〜」と沢山の鳴き声が聞こえた。早朝の2連
長野電鉄0形4両編成画像
↑OSカー4扉車の4連。朝ラッシュに活躍
長野電鉄0形51号画像
↑↓ラッシュ輸送が終わり、編成を分割するOS 1+51。後方はOS 2+52
長野電鉄0形52号画像
 ↑分割されたOS2は幌が付属
長野電鉄0形51号画像
長野電鉄0形1号編成画像
長野電鉄1100形1101号画像
↑1100形 非貫通のこのお面は丸みがあって店主の好み。しかし、ラッシュ時しか走らず撮影は厳しかった。
長野電鉄1100形1101号画像
↑1101Fのねぐらというか定留場所。
長野電鉄1100形1101号画像
 ↑ラッシュ輸送が終了ねぐらへ。地下化されずに高架で長野市内に乗り入れれば、下回りカルダン化、冷房化されたりして
長野電鉄1100系1151号画像
長野電鉄1100系1151号画像
 ↑入換中の1101F 各車のパンタグラフは連結面に寄っている。1101-1102+1151の3連運用が基本
長野電鉄1100系1102号画像
 ↑1102は伊予鉄道にお輿入れ。伊予鉄の602号のお面や一部部品を引き継ぎ、新品台車と電装品で603号として先頭に立って活躍した。伊予鉄603号こちら
長野電鉄1100形UD-26帝国車両製
 ↑帝国車輛製台車UD-26
長野電鉄1100系1102号画像
↑幌外したお面を観たかった。近鉄のビスタカーの想いに通じるものがある。
長野電鉄1100系1151号画像
長野電鉄1100形1101、モハ300形301
 長野電鉄その2 長野電鉄その3  長野電鉄その4  1100形嫁先伊予鉄600形 上田交通
大 糸 線 松本電鉄 富山地方鉄道 立山砂防  入居予定
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法
当店のスキャン業務等 店主の地方鉄道巡り 店主のお散歩・グルメ
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved