フィルムスキャンs(鈴木写真変電所top)
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
フィルムスキャンの
営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。お立ち寄りを
鉄道写真や録音の
見出しページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
岳南電車2016近況
静岡鉄道2016
修善寺虹の郷 ロムニー鉄道
 静岡おでんと由比の桜エビ 岳南鉄道の機関車今昔 静岡鉄道静清線(その昔) ・  静岡鉄道駿遠線 
岳南富士岡駅モハ1603、モハ1101
 ↑岳南富士岡駅
 ■本稿を記述するにあたり鉄道ピクトリアル通刊431号 岳南鉄道(寺沢新、登山昭彦共著)、世界の鉄道1966を参考にさせて頂きました。
   また、説明部分に「岳南電車wiki」にリンクさせて頂きました。御礼申し上げます。

   下記の理由により2016年まで訪問はありません。
東海道線EF15形168牽引貨物列車
↑EF15168の牽く国鉄貨物(吉原~東田子の浦間)がまだこのような頃、富士市の吉原周辺は日本を代表する製紙工場が多数立地して、ヘドロ汚染、大気汚染で有名であった。
  小児喘息系の 店主は撮影に行って、地域全体に漂う異様な臭気(空気)のお蔭で不安が的中、帰宅後、気管支炎を発症した。
  以来、近づかないまま、時が流れてしまった。その後は岳南電車2016年編

岳南鉄道検車区
  ↑訪問時、車両工場はお化粧直し中。結果、↓のように駅構内で列車の洗浄を行っていた。(洗浄線が無さそうで何時もこうだったのかも知れませんが?)
モハ1100形
セミステンレス車1105を洗浄中
ここで少々脱線します。  日車標準型という名称の謎
岳南鉄道モハ1100形1101
 ↑トップナンバー(1エンド側)。 車体長17,030mm
    岳南には 日車標準型と謳われる車両1100形が5両いた。銀行の関係からか2社で5両納入した。
    内訳は日車東京支店3両、汽車会社は2両のうちセミステンレス車を1両納車している。   
    車体図面は同じであるはずだが、「日車標準形」の図面でとなると汽車会社は図面の提供を受けただけなのか?以下の考察で疑問が湧く 
新潟交通モハ10形19号
新潟交通モハ19(S35製)  車体長17,030mm    
    新潟交通は湘南形の造作で¥安と運転台に寒風を入れないためか、2枚窓で納入されている   
 松本電鉄モハ10形101
  ↑松本電鉄モハ10形101号 車体長17,000mm。貫通路幌座の無いタイプで、車掌通り抜け用保護柵を付けている。
 しかし~ぃ~である
栗原電鉄、宮城中央交通、M15形152
 栗原電鉄M15形 車体長15,700mm 完全新車。昭和30年に竣工届け
栗原電鉄のM15形車両は竣工届けの年次で行くと、車体長は短いモノの1番手として登場 。日車標準に似てると言われながら一番早く世に出た。
だったら一番手なんだからナニワ工機標準じゃん。
これはどうしてなの~お~ぉ。
店主的にこの謎を推察するに

 昭和27年以前から私鉄経営者協会技術委員会において電車標準化の動きがあった。

※戦後の大混乱時期に各社バラバラのデザインや規格では著しく車輌製造会社の生産能力に影響するため、鉄道業界内での規格化の話し合いがあり、発足に向けていろいろな地ならしが行われていた。標準化は18m車が対象。
その委員会の地ならし情報を抜け駆けして活用し、対象外の地方私鉄に適用すれば、戦後、疲弊した地方の鉄道にいち早く売り込みが出来る・・・。なんていう思惑で各社が動いたのでは・・・。
<電車改善連合委員会>

昭和28年1月に私鉄経営者協会技術委員会内に「電車改善連合委員会」が設置されて活動を開始、
翌29年3月に標準電動機仕様書、同年の5月には標準台車仕様書を制定し、
昭和30年6月に原案がまとまり、8月に私鉄経営者協会で「電気鉄道車両用標準車体仕様書」として制定された
※店主想像
  発足以前~発足後の担当者の調整会議は相当回重ねられ、花道が出来たところで、全国の経営者が一堂に集まって「制定」となった。
 鉄道事業側の担当者はそれぞれの取引先メーカーと主張すべき点を整理して、風呂敷に資料を包み、小脇に抱えて、その課題を持ち寄って遠路はるばる様々な会議に参加して議題を進行させたのだろう。
 電話もまだ満足でなく、複写機も青焼きが最高級機?、鉛筆、烏口と製図板で原案を作るための、多量の郵便物や小包が行き交ったのでは無かろうか。
 このような会議がどのくらいの期間、回数が行われたのだろうか。東京以外からの出張はこだまも超特急もなく、直角座席の夜行だったのか等々、当時のナイナイづくしの環境で、鉄道事業を復興させていこういう御努力を想像するに頭が下がる。※結構、飛行機だったりして(苦笑)
  この会議には鉄道事業者の委員会なので製造会社は協力会社として日本車輌本店、日本車両支店、ナニワ工機、川車、汽車東京製作所、日立笠戸、近車、帝車、新潟、東急車の10社が名を連ねている
この委員会は、今後の見通しとして車体を18m車とした大手私鉄用に6種類の車体を制定した。
※20m車の導入は国電63形割当を走らせた数社しか無く、施設改良まで手が回らない状況下での最大公約数ではなかったのか。

<地方鉄道標準形車体のルーツ>
委員会は中小地方私鉄用はとりまとめていないので、「電気鉄道車両用標準車体仕様書」に定められた車体記号「L-2L(区間車用)」の車体を両運転台として窓寸法を調整してデチューン?すれば、ナニワ工機、汽車会社、 日車東京支店と金太郎飴車体が出来ることになる。
一番の採用例の多い車体として考察
 委員会の制定は台枠から、溶接方法、ドアや金具類、配管、塗装仕上げまで用途別に設計図、指示書が示され、応用すれば、車両設計認可も楽だったのではないだろうか。
窓については軽金属と指定してあり、「ユニット窓は経験が浅いため指定しない」とあり、Hゴムの指定も無い。
 たとえば地方鉄道向けの注文取りに興味があると思われる製造事業者(協力会社の範囲内で想定4社含む)は、昭和29年に日立が納車した大分交通の300形の上窓Hゴム形式でいこうや。としていたのではないか。
とすると、
「日車標準型」という呼称は源流を私鉄経営者協会技術委員会「電車改善連合委員会」の「電気鉄道車両用標準車体仕様書」に求められるのではないか。
 原案検討中に4社?が地方私鉄向け車両の売り込みを検討、ナニワ工機と帝国車両は全新品の車両を受注成功。汽車と日車東京支店は図面で売込んで、タネ車の下回りを流用、箱屋の力業で機器移設をする安価タイプの車両受注ストーリーと思える。
そうでなければ、一番に登場させたナニワ工機が原設計者として、「ナニワ工機標準型」と呼ばれるべきではなかろうか?
日車東京支店の売り込みが奏功してダントツの納車数から「 日車標準型」と呼ばれるゆえんだろうが、この筋書きであれば 日車だけが「標準化の名誉」で良いのかどうか?
以上が事実であれば、店主的には「地方私鉄向け標準車体」等の呼称に変更すべきではと思う次第。
謎の解明は???
余談であるが、日車本店のお膝元、遠州鉄道にもその影響「E-2LF(急行用車体)」があると思われる湘南車両モハ30系(片開扉)のあった。
この見方で全国の昭和30年代初期の車両は、なにがしか関係している車両ばかりである。
もっとも、そのための標準化だから・・。
 また、九州地区として西鉄、西鉄北九州営業局、大分交通が委員会に参加している。
 西鉄大牟田線の1000系特急車(標準化図面:E-2LF)の車体デザインの源泉はこの部分であろう。
 日立は昭和29年大分交通に上窓Hゴム使用の300形を納車した。委員会でデザインの論議が始まる前に実績作っちゃえ的な窓とも感じられる。
 上窓Hゴム思想は日立が源流なのか?大分交通は300形を日立に発注し、以降の発注をほぼ似た設計で、東洋工機とした。
 日立は「小型少量生産より大形の大量受注だぁ~」と言って東洋工機に投げてしまったのか?東洋が安値で受注したのか?

   さらに1100形より1年早いが、西武(所沢)がカタログまで作って売り出した自社旧型車のリメイク小型モデル(山形交通高畠線モハ3)は、地方の鉄道の凋落を知っていても、
 工場の稼働率向上と自社老朽車有効処分を目的に更新修繕手数料込の販売したかったのではと感が深い。モハ3→こちら
    しかし、流用のコンセプトは同じでも新造車体の魅力が上回ることは想像に難くない。第一、この車体で足りる輸送力では赤字が必至。
    ※西武のカタログはネコパブリッシング刊RM LIBRALY 82号(鈴木洋、若林宣共著)P51に掲載されている。

電気鉄道車両用標準車体仕様書 L-2L
 んで、1100形に戻ります。
岳南鉄道モハ1100形1101
 ↑モハ1101号2エンド側
岳南鉄道モハ1101車内
 ↑モハ1101の車内 セミステンレスの1105のみ床材がリノリウム貼り
岳南鉄道モハ1100形1103
 ↑モハ1102が衝突事故で廃車になり、忌番の4が付く1104が元々無いので、店主が訪問した時、モハ1100形は実数4両であった。
    元小田急車のモハ1107(最終形式番号はクハ1107)、モハ1108(デハ1607)は非カウント
岳南鉄道モハ1100形1103
↑訪問時の時代でも昼間はガラガラ、日中は日産前(現ジャトコ前)を通過していた記憶がある。
   いちいちクハを切るのが面倒だったのか?なかなか豪華な2両運行である。
岳南鉄道モハ1100形1105号汽車会社製セミステンレス車
登場当時のライトはシングルライト。シールドビーム2灯化の際にオシャレにケースをステンレスで車体に合わせた。幌付き撮ったど~っ
   汽車会社は153系のステンレスのサロ153-901・902を1958年に試作しており、1959年製造なのでほぼ同時の地方向け?の最初で最後の試作車。
   アジア鉄道首脳会議の鉄道車両展示会「ECAFE」に展示された。というものの、実際に動かしたらヤバクナイ~。綺麗な車体でウンガ~ァ音出たら・・・。
  国鉄と私鉄は、軌間が同じなら、ほぼ線路がつながっていたため簡単に「ステンレス車借りるよ~」とか「ちょっと工場(国鉄)で車輪削ってや」とかで貨物列車に挟まれて鉄路移動が主流だった。

岳南鉄道モハ1100形1106
↑1106号
  1100形は幌枠座の奥行きはかなりある。最小カーブの関係?
岳南鉄道モハ1100形1106
 ↑空気を運ぶ末端区間。当時から工場もない江尾までなぜ路線が敷設されたのか。それは何故??
 クハ1100形
岳南鉄道クハ1100形1107
 ↑小田急のクハ1351を譲受、クハ2602とした。1979年には再改番クハ1107に。なおこの車、小田急開業時のモハニ154という骨董品。
    片運転台車となっている。連結面端の窓上に埋めた様子がくっきり。
岳南鉄道クハ1100形1107
  ↑改番は相棒のモハ1100形の関係か?何故か改番の統一感が無い。1981年7月に廃車
モハ1600形
岳南鉄道モハ1600形1603
 ↑東急車の動向は鉄道誌などで結構目立つが、小田急車はファンが少ないのか情報量で少々ひけをとると感じている。
    小田急車が結構在籍したが、その後入線した東急5000系より目立だたなかったような。3連組成とはそれだけ乗客があったのだろうか。
岳南鉄道モハ1600形1603号台車
↑1603の台車
岳南鉄道モハ1600形1603
モハ1600形1603 (小田急デハ1602号)「1」エンド側
 ↑↓何という奇遇。中ガキ時代にオリンパスペンFで江ノ電撮りに行ったついでの何枚かに1602号が写っていた。
岳南鉄道クハ2100形2106
  ↑クハ2100形2106 元小田急クハ1650形1659  ←「1」エンド側 相棒はモハ1108(小田急デハ1607)、増結で1603の3連を組んだ。
     モハ1108の写真は後方に写っているこの写真あいかなさそうで、拡大したら1108と何とか文字が読めた。
 モハ1900形・サハ1950形
岳南鉄道モハ1900形1905
   ↑ モハ1900形1905 (小田急デハ同番号)相棒はサハ1955とモハ1602。「2」エンド側→
 ↑中ガキのハーフ写真。同番号車ではないが台車が何回か取り替えられている。おでこの雨樋カーブしてたのね。
     う~ん車両番号が191までは読めるが尾灯とコンクリート柱で見事に隠れている。
岳南鉄道モハ1905台車
↑モハ1905台車
岳南鉄道サハ1950形1955
 ↑サハ1950形1955 岳南唯一のサハ。←2エンド側
岳南鉄道サハ1955 OK-17形台車
 ↑サハ1955の非常にシンプルなOK17形台車。
京急OK-18台車
 ↑この後の台車型番は京急採用の著名なOK-18形。あまりの進化?にびっくり。
クハ2600形
岳南鉄道クハ2600形2601
 ↑↑ クハ2600形2601
        小田急1600系のうち、この車両のみが1100系列と組成している原因は、制御器を1100系列のCS系に対応させているためと「岳南電車wiki」に記載されている。
岳南鉄道クハ2600形2601
元小田急デハ1608→岳南クハ2601号に 昭和47年1月譲受  1形式1両
岳南電車2016近況
静岡鉄道2016
修善寺虹の郷 ロムニー鉄道
 静岡おでんと由比の桜エビ 岳南鉄道の機関車今昔 静岡鉄道静清線(その昔) ・  静岡鉄道駿遠線 
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
フィルムスキャンの
営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。お立ち寄りを
鉄道写真や録音の
見出しページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved