フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
   頻繁更新中  まず最新の画面に更新をお願いします。
 方法はインターネットエクスプローラ上部のアイコンこのマークをクリック!。または「表示」→「最新の情報に更新」で!
空港線・本線(金山~神宮前)  犬山橋梁・築港線 名鉄本線(東岡崎~豊橋)  
名鉄三河線ク2746
スポーク車輪のため、タイヤだけの綺麗な輪となる。店主唯一?の画像。
三河線の思い出は「挙母(ころも)」という駅、地名が存在して暗記していた。その後、カタカナの駅名、地名になるとの噂が聞こえたが漢字の駅名になった。
   日本を代表する企業の立地地名や駅名が「コロモ」ではまずいのか、現在の読み仮名は「トヨタシ」になった。
■本稿作成にあたり鉄道ピクトリアル名鉄特集各号を参照いたしました。御礼申し上げます。
梅 坪 駅 に て
名鉄豊田線モ100
 ↑モ100系。名古屋市交通局鶴舞線を挟んで犬山線と三河新線(当時の呼称)の運行車両として初の名古屋市営地下鉄の相互乗入用車両となった
     トラック運転台の装飾板のイメージを導入した通勤車第1号か? 名鉄と名古屋市交しか流行ってないような気がする
     日車のデザイナーでお好きな方がいたのかな。

名鉄三河線ク2733
 ↑撮影のお目当ては旧型車であった。 この時まさか猿投(さなげ)~西中金間がレールバス転換(1985.3)や廃止(2004.03.31)になるとは思ってもいなかった。
名鉄三河線ク2716
 ↑旧型4連の横が入る写真で待った甲斐があった。でも夕方で逆光で(泣) 
名鉄三河線ク2737
  ↑この位置ではクばかりだが他の場所に移動できる時間もなく、せっかく4連であっても豊田市方面の列車はこのとおり2連風。
名鉄豊田線名古屋市交通局3104
 ↑↓名古屋市交3000系豊田市で折り返してきた。4連時代と判る。
名鉄豊田線名古屋市交通局3104
名鉄豊田線名古屋市交通局3111
 ↑写真を見ると4両編成時代
 ↑ク2746F↓ク2732F  
名鉄三河線ク2732
東武東部線1500V車として戦前から活躍する2601+3601 撮影できたのはラッキーかも
 ↑三河知立駅構内
 
 ↑貨車が滞留していたと思われるヤードがある三河知立駅。矢羽根と夜間色灯がひっそりと。
   ※関東圏の会社では夜間に入換を行わないと決めた箇所の色灯を撤去しているところもある。
 
 ↑2001年10月1日からワンマン運転化された。車内での料金収受がない単純ワンマンである。センサーを設置している。
↑7705-7706
   車内は大勢の旅客がいたので撮影しなかった、運転台後ろのソファーのようなロングシートにはびっくりした
   なぜなら関東圏は少しでも立ち席面積を増やすために座席をどんどん高くして、女性からクレームが出るほどの高さとなった車両もあった。
↑7701-7702
↑7705-7706

↑7709-7710
↑7710-7709
↑7715-7716
↑6202F 窓固定タイプ(1976(S52).12製造初年グループ)2016年現在、車令40年。店主的には古さを感じさせないデザイン
↑6037-6237(中間車6337-6137は瀬戸線に転属)
   ワンマン化あたって客窓に保護棒が付いた。保護棒の理由はワンマン化の為のホームセンサー内蔵柱と車体の間隔が狭くなるため。
   関東では数十年前から付いていたが、建築限界や車体などの規格の違いなのか?この点は「おおらか」としか言いようがない
   
 ↑上の後撃ち。1980年(S55)製造グループでこちらも車令36年だが、充分お若い気がする。
空港線・本線(金山~神宮前)  犬山橋梁・築港線 名鉄本線(東岡崎~豊橋)   
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
フィルムスキャンの
営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿~ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。お立ち寄りを
鉄道写真や録音の
見出しページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved