フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
   頻繁更新中  まず最新の画面に更新をお願いします。
 方法はインターネットエクスプローラ上部のアイコンこのマークをクリック!。または「表示」→「最新の情報に更新」で!
 生録BGM
※画像を全て読み込んでから再生してください。
・土山線:別府港→土山のDD502+ハフ5。→こちら
 
2軸客車の音と振動を感じてください
・野口線:別府港→野口→別府港キハ2→こちら
 
機械式の運転機器の音が良~く聴くと・・・。
・再生の方法やお約束については→こちら
 
 ↑ 山陽本線土山駅の跨線橋を渡ると、そこはガラパゴスな客車が発車を待っていた。
 ↑列車はハフ5とワム1両の混合編成。
  ↑貨車を切り離し1両に。
  ↑なぜかホームの端に移動したハフ5。 お客さんに乗られないようにしてるのか。貨車の入れ替えも。
  ↑その後、野口線の列車にホーム譲るため、一旦倉庫側の行き止まりホームに入替。ハフをお迎えで連結する瞬間。
  ↑ DD502の形式写真おば。直射日光が強すぎて下回りは真っ黒け。
 ↑後部の窓は余程ガラスが無かったのか極小の大きさ。 
 ↑下回りを少しでも見えるように、ザーとらしい覆い焼きをしてみました。台車は1段リンクのまま。
 ↑ 定員は50人。結構ぎっしり詰まるのか? 乗り心地は最低最悪。上下にドッシャン、自連で前後にガッシャン。貨車の荷物気分。
  ↑ 別府港駅全景
  ↑野口駅に到着するキハ2。野口線は貨車の収受はやっていなかった。途中、廃線前なのに鉄橋が架け替えられていた。
 ↑キハ2の形式写真。どピーカンはつらい。
 ↑菱枠形台車。これでも50~60km/hで走れるんだから、高速鉄道と謳う地下鉄は軽量車体にこれで充分。コストダウン可能かも(笑)
 ↑キヨ~ッ~!と言う音とともにDD13がワムを先頭にに組成した貨物を牽引して通過。
 
  ↑加古川行きが到着。実は加古川線に乗って、頑張れば野口線の終車に乗れると再訪したことがある。
   アナウンス無く、ドア開かず(気動車は当たり前)。さらに真っ暗で、信号所と思っていたら発車。最後のチャンスを逃すバカ体験
 
  ↑よっこらしょと子供を持ち上げる主婦。凄い段差が当たり前の昔。
 
 
  土山線のハフと並ぶ。
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved