フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
大画像多数+動画です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
 神戸電鉄デ1120号
 ↑神戸電鉄はアルミの仮面電車までの貫通形、端正な顔立ちが車両がお気に入り。 
   しかし、撮影をしているのかというと、京阪や阪急、京都方面に時間をとられてしまう。
  ようやく物になりそうなデジカメ30Dが登場、すぐ40Dにバージョンアップ。このカメラで「行ってみる気」になった時代の写真です。
  昔の通りすがり写真とともに、定点で、来る列車をバンバン撮影して車両番号集を作成?? ベタ貼りを御覧頂ければ・・・。
  てなページです。
  1000系はアルミ車、ステンレス車のあとに、ベタベタ貼っています。ご笑覧頂ければ・・・。
神戸電鉄3002号 
 ↑3002 まずは、この車両のお陰で神鉄に行く気が100年失せていたデザイン。嫌いな3000系から。いざ、貼るで~ぇ 
神戸電鉄3004号 
 ↑3004 簡素化=シンプルなどに言い換えられるが、中央の折角は必要なのかなぁ~。平べったいままの方が・・・。 
神戸電鉄3012号 
 ↑3012 神鉄のアルミ車はクリアラッカー塗膜が朽ちているのか?アルミの地金が錆び粉を噴いて・・・。
 神戸電鉄3010号非冷房
  ↑3010 脱線事故が複数回発生して構内配線を変更する有馬口駅
 神戸電鉄3009号
  ↑3009 短い上屋時代ののどかな光景。
神戸電鉄2008号 
 ↑2008 3000形の後に若番の2000系がT車を挟んで登場  4両編成は2本。
神戸電鉄2009号 
↑2009  4両編成2本を上の2007Fと2本完全GET!(苦笑)
神戸電鉄5001号 
 ↑5001 設計変更代金を節約したのか上回り2000系のまま、床下の電装品をVVVFにした5000形(全電動車編成) 
神戸電鉄5008号 
 ↑5008  非対称の前面はどこかおかしいと思えてしまう。前面=顔と思えば長い歴史でほぼ対称という遺伝子があるからと思う。 
神戸電鉄5016号 
 ↑5016 
神戸電鉄5018号 
 ↑5018 嫌いなおかずは先に食べる・・・。お坊ちゃま喰い(苦笑)。んで、いよいよ好きな1000系列を貼り込みしよう!  
神戸電鉄6002号 
 ↑6002 6000系トップ編成。全面黒づくめ。阪神も↓同じ様相。一昔前、服装の黒系統も関西から流行った。暗黒は関西発か?
阪神電鉄1202
 ↑黄色ススメバチは近鉄特急22600系だが、これは子分(古い表現)のようなもの。22600系と並びは実現できたのか。撮ってみたい
以下、車両番号順に1000系列のお顔をたっぷり?貼り付けました。行き先違えば重複アップ
神戸電鉄デ1071号 
 ↑1071 非冷房 5連で新開地へ下る
神戸電鉄デ1062号 
 ↑1062 神鉄最長だった5両編成。
 神戸電鉄デ1062号
  ↑ 1000系で揃った鈴蘭台駅 絶景ですな。
 神戸電鉄デ1062号
 ↑1062を先頭に2扉、3扉、2扉、2扉・・・。 鈴蘭台、当駅止まり。非冷房なので窓が開いている。幌枠付き。
神戸電鉄デ1062号 
 ↑1062の次位は1070形2扉と3扉の固定編成 。窓を閉められて一旦、引き上げ線に 
 神戸電鉄デ1074号
 ↑1074 両開3扉+2扉×3連 50パーミル駆け上がり。
神戸電鉄デ1075号 
 ↑1075 扉間2コ窓は扉と窓配置を変えた1350の3コ窓より暗い車両に見える。 
 神戸電鉄デ1102号
 ↑1102 下の非冷房時代にあった幌枠が撤去されている。ワイパーも強力型になったよう。貫通扉にもワイパーが付いた。
 神戸電鉄デ1102号(非冷房)
 ↑非冷房時代の1102  この時代でも幌を使って貫通編成を作っていたのか疑問。
神戸電鉄デ1104号 
 ↑1104 
神戸電鉄デ1109号 
 ↑1109 勾配は50パーミル 下りは速度制限50km/h 
神戸電鉄デ1110号 
 ↑1110自動連結解放装置と 貫通路用手摺りが付いている。
神戸電鉄デ1110号 神戸電鉄3018号
並べてみたらやはり「テイスト」があるなぁ~。1110の渡り板の取っ手2カ所は芸が細かい。 
神戸電鉄デ1112号 
 ↑1112 
 神戸電鉄デ1114号
 ↑1114  ドア廻りの山形塗装全盛期は、この塗装じゃ撮影したくないよ。と言える時期であった
 神戸電鉄デ1115号
 ↑1115 車両の塗装この感じがよろしいと思う店主 ※前面は好きではありませんが・・・。山形塗装が無くなっただけでも可。
 神戸電鉄デ1116号
 ↑1116 前パンタに食いつく店主です。
神戸電鉄デ1116号 
 1116 ↑凛々しいねぇ~。
 神戸電鉄デ1120号
 ↑1110と1120 貫通路用手摺りアリの車両の並び 
神戸電鉄デ1121号 
 ↑1121 
 神戸電鉄デ1122号
 ↑1122 
 神戸電鉄デ1154号
 ↑1154  3扉編成グループの多くはパンタが連結面寄りに。3両固定で1パンタだったり、2パンだったり。ナヌ!パンタばかりって
神戸電鉄デ1310号 
 ↑1310  工場で塗装したばかりです・・・。のウットリ
 神戸電鉄デ1352号
 ↑1352 3扉 2連↓ パンタが連結面寄りに。この編成も全検か何かで塗装して間がない様子で綺麗。
 神戸電鉄デ1352号
  ↑新開地から折り返し
 神戸電鉄デ1356号
 ↑1356↓ 
神戸電鉄デ1356号 
 ↑ポイントでの車体相互の偏奇。ワンマン運転対応用に客扉の上にセンサーを取り付けている。その出っ張り具合は側灯と同じ?
神戸電鉄デ1504号 
 ↑1504 1000系列の最終増備の最終編成。
神戸電鉄デ301号 
 ↑3扉化されたデ301。相棒は2扉のままのデ310。310の2両を両端の300が挟む固定編成の時代。車体裾で判別できる。
  他形式2両と6連を組んでいるが、写真は「回送」表示だがこの前後が営業だったら6連旅客列車があったことになる。
  どうも、後尾の2両は2扉にしか見えない。さては・・・。
神戸電鉄デ803号 
 ↑最後の吊掛車800系 パンタが撤去されている。3両に3パンタは不必要ということらしい。出来れば中間のをもぎって欲しかった。
 神戸電鉄デ862号
 ↑後方の山間部に団地が見えるが、有馬口駅は上屋からしてのどか。 
 神戸電鉄デ862号
 ↑862 神鉄の貫通シリーズは貫通扉の窓がHゴムでなく、見た目大きく見えるというか大きい。 
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved