フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
   頻繁更新中  まず最新の画面に更新をお願いします。
 方法はインターネットエクスプローラ上部のアイコンこのマークをクリック!。または「表示」→「最新の情報に更新」で!
 生録BGM
※画像を全て読み込んでから再生してください。
阿下喜→馬道220形爆走42分→こちら
 
昔は迫力ある走行でした。西桑名に近くなると車内が賑やかになります。
・再生の方法やお約束については→こちら
近鉄(三岐)北勢線サ155 
 昔のスキャンデータ(8000EDとⅤED)を探し出してトリミングしたものを
 単純にアップ最優先(苦笑)ところどころにコメント入れてます。 レイアウト工作の参考にもならない・・・。すいません。
近鉄(三岐)北勢線モニ227 
近鉄(三岐)北勢線モニ221 
近鉄(三岐)北勢線モニ220形223 
近鉄(三岐)北勢線モニ226 
右の貨車の形式写真撮っておけば・・・。若かったから・・・。オツムが回らない・・・。今もそうか(涙) 
近鉄(三岐)北勢線モニ226 
近鉄(三岐)北勢線モニ220形224-ク223 
 ↑224-223。 223は電装解除でクハされているが車番は変わってない。
 近鉄(三岐)北勢線270形ク170形172
  ↑北大社で車両交換のため乗換る。この駅は現在信号所となった。三岐鉄道になってからは大胆な駅の統廃合が行われた。
近鉄(三岐)北勢線ク170形171 
 ↑ある時、訪問したら、噂のカマボコ電車が活躍していた。ガックリ。 
近鉄(三岐)北勢線270形271 
近鉄(三岐)北勢線サ145 
 ↑以下朝の通勤、通学シリーズ。 
 
 ↑朝の最大編成は5両編成だった。1M4T。軽便は本当にエコなんだなぁ~。
近鉄(三岐)北勢線サ152 
 ↑学校が北大社方面にもあるらしく、朝は上下の列車が混んでいる。お行儀が良いのはサラリーマンの多い西桑名方面
近鉄(三岐)北勢線モニ220形227 
近鉄(三岐)北勢線サ137 
 近鉄(三岐)北勢線モニ220形224
近鉄(三岐)北勢線モニ220形226 
 ↑フィルムの右側がなぜか帯状に変色・・・。
近鉄(三岐)北勢線モニ220形221 
近鉄(三岐)北勢線サ137 
 ↑阿下喜に帰る列車。背後の山は石灰岩のお宝。阿下喜と三岐鉄道の東藤原は川を挟んだ対岸。
近鉄(三岐)北勢線モニ220形227 
 ↑この頃の化けペンのレンズがおかしいと思っていたら、レンズの貼り合わせが一部剥がれかけていたことが判明。 
  さらにこの場所の近辺で撮影していたら何やら建物やその感じがおかしい・・・。こっこれは~。の場所だった。看板も無かったし。
 ここから近鉄内部線。次ページは再び北勢線
近鉄(三岐)内部モニ211形211
↑近鉄内部線 211-155-214 MTM編成なら手間いらずで折り返しが可能。 一番古風に見える編成。
近鉄内部線モニ211形214
 ↑ 近鉄内部線 MM編成発見。走行写真を撮りたかった。
近鉄内部線モニ211形213
 ↑近鉄内部線213-132-226
近鉄内部線モニ220形226
 ↑近鉄内部線 上の列車の後撃ち。
近鉄内部線モニ211形212
  訪問した中で一番お気に入りのカット。近鉄内部線小古曽駅。しかし、編成がリレー箱と電柱で。内部線はここで終了。
↓いずれも四日市にて225+152
近鉄内部線モニ220形225
↑225号の台車の鋼材の色がなぜ違うのか?不明なので何となくアップ。 
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved