フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
 久里浜支区のED17形24,26号スナップ2枚とED27形11,12号の廃車留置中グルリ写真。
 本稿作成に当たり「世界の鉄道1969」(朝日新聞社)、ED27、南武1000形のwikiを参考にさせて頂きました。執筆者に御礼申し上げます
H画像(ハーフ判)のトリミングです。
ED17形 24号26号 たった3枚ですいません
 国鉄北久里浜機関支区(国府津機関区)
のどかな国府津機関区久里浜支区に憩うED1725号24号機(この1枚のみ)
    ハナタレガキは庫内に入っているので車体各所の撮影はあきらめています

ED17形26号
乗務員ドアが偏っているED17があったとは初めて知った。なんせKWIモデルのED17しかシラン世界でした。 
1925年(T14)英国製6000形輸入6000〜6002号、1923年(T12)9月、横浜港荷揚げ中、関東大震災に遭って海没した3両の機関車を英国に返送、再製作した化身?である。
→1928年(S3)形式変更ED51形(1〜3)→1938年〜歯車比変更(大)工事→横須賀線で貨物運用→1970年(S45)廃車
  蛇足:山下公園は関東大震災のガレキを埋めて出来た公園で、海没した車両を本国に送れなかったら、山下公園のガレキの一部になっていた鴨。
ED17形26号
 ↑速度計軸でよろしいんでしょうか。
ED27形11号12号
 ■南武鉄道1000形機関車は昭和3年〜4年にかけて2両ずつ4両が増備され、昭和18年国有化されてED34形となった。
   その後昭和32年にED27形に形式変更11〜14号となった。
   1968年(S43)冬休み、京急久里浜から横須賀線久里浜へ歩いていたら久里浜機関支区があって撮影させて頂いた。   
ED27形11号,12号
↑廃車されて鉄条網が巻かれているED2711号と12号の連結部
後ろの架線柱は京急久里浜線
ED27形11号
ED2711号〜14号はこの写真以前には運転台小窓1/3当たりから中央委寄りに乗務員ドアがあり、直下にステップがあった。
    「1969世界」の写真を見るに砂箱が無かったので空転防止のために取付の邪魔になることからサイドの乗務員ドアを撤去して運転台窓も拡張したのではなかろうか

ED27形11号
前面運転台左右の窓は鉄枠固定式だったが、腐食のために外窓枠を新規再生して溶接し、Hゴムはめ込みとしたのでは無かろうか
ED27形12号
両サイドの乗務員ドアを埋め込んだあたりの鉄板の継ぎ目らしき所の塗料がはげている。偶然か
ED27形製造銘板日立
日立製作所東京製造銘版ED27形11号or12号
 ↑製造銘板 日立東京 昭和3年6月とある。製番は254と読める
ED27形12号足回
床下機器ということで
ED27形11号12号連結
連結部のナンバープレートは撤去されたのか盗難か 
クハ111形4*号非冷房昭和43年
↑電留線のクハ111−4*号
サロ111形13号1等表示非冷房
 ↑サロ111-13号1等車標記、冷改前
サロ111形13号汚物管
垂れ流し装置の写真。廻りに飛び散って検修担当は大変な苦労をされたと思う。まぁ踏切で一般人が浴びる事もままあったらしい。
   「公害」をもじって「黄害」と呼ばれていた。
   店主も小学校高学年時代、北九州の紫川でボート漕いで20系「あさかぜ」だったか見たくて近寄ったら、霧の様な物をまき散らしながら走ってきたので、必死こいて待避したが、霧を一部浴びちゃった様な気がしている。オエ〜ッ。踏ん張ってしている方はそんなになっていることとは判らない。

※よく見たらレールが使用限度を超えているとしか見えない。電留線だから転用したのか。
じぇじぇじぇ〜!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
・店主的フィルムスキャナ比較
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
ブローニーSCAN等
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
半皿〜ッ!グルメ

ウケ狙いで、そろそろ古い?
随時更新中。
お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

・30分以上多数
旧客峠駅売、山スカなどお勧め
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved