フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
石川総線旧世代 能美線 金名線と旧型車  富山地方鉄道-目次
石川線新世代 石川線周辺日本酒五蔵 サボー!立山砂防軌道
 
北陸鉄道加賀一宮7102号
■加賀一宮を発車した7102号。この区間はこの写真が最初で最後。神社の祭典が無い日なのか、乗客がゼロ。
 これはやばいと思っていたら・・・。 
北陸鉄道ED201号
  ↑新世代ではありませんが、残存の除雪機関車と言うスタンスで。
 地元の人はこともなげに、結構、雪は積もるよとのことだが、除雪は何時動くのか興味津々。店主としては今後、ウォッチしたい心境。
北陸鉄道石川線モーターカー 除雪がらみでシリンダーや取り付け台座の付いているモーターカー。
 作業関係者用の後部乗車室がある中型?
 ボンネットの開閉式ルーバーのクニャクニャ度は「酒井製作所」の林鉄 風。運転台窓廻りは、ガラス寸法鉄板穴開けの近代的なHゴム作業。
 やはり前後に高く掲げられた作業用のライトがハートをくすぐる。
 意地悪な言い方だが、極細の足で支えられたライトををHOゲージで点灯 させられるスケールで作れるモデラーは、果たしてどのような素材で製作するのだろうか。 
北陸鉄道石川線7000系7011号
  ■雪とディスクブレーキの心配からDT21と、もどきのFS342に変更。
   1500V昇圧は変電設備更新や饋電線、架線関係の絶縁費用がかかりすぎるのか
   見送られ600V仕様になった。600V仕様に対応させるための機器を集めるのに苦労したのでは。
   弘南鉄道は7000系の導入時期も早く、台車の確保が出来なかったのか、費用対効果で考えたのか、パイオニアのまま。
   南海車の導入は「雪対策車」として予備的に購入したといわれたが・・・。
北陸鉄道石川線7000系7202号
  ■さて、このような電車が出現すると怪しくなってくる雰囲気プンプン。
  「電車の魅力」より、沿線住民が利用しやすいように何十年も昔から問題になっている野町駅の接続問題。
  それを解決出来なければ何にもならない。
  究極は浅野川線と地下相互乗り入れか金沢駅までライトレール化すべきではないか。と思う店主です。
  少子高齢化が続くからと採算ばかりが叫ばれて都市の成長の芽を摘んでしまうのか。
  こういうところの海外比較が行われないのが現在の役所。
  廃止になれば、全国の地図や関連物から鶴来をはじめとする駅名が全て消え去ります。
  地名のPRは地域の命。存続補助が億単位でも安い。  
北陸鉄道石川線7000系7211号
  ■窓ガラスは東急9000系の窓ガラスと同じものに見えるんですが。徹底して勘弁(簡便)な作りで好きになれない店主。
北陸鉄道石川線7000系7112号
 ■やっぱりこのお顔の方が好感度。全般検査か何かの後で台車廻りも綺麗に全塗装。
  ステンレスも磨き上げられていて、担当社員の方々の愛情が感じられます。後方に廃車された3752が留置中。
 北陸鉄道石川線7000系7711号
■お昼寝中の7711F。虎の子として大事に扱われてるんでしょうね。湘南形顔の最後の車両。左右対称は落ち着きます。
石川総線旧世代 能美線 金名線と旧型車  富山地方鉄道-目次
石川線新世代 石川線周辺日本酒五蔵 サボー!立山砂防軌道
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
  ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved