フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
店主独善!高品質でのスキャンのための 
2016.10-EPSON GT-X980でハーフ判スキャン実践研究??掲載
 スキャン時フィルムの周囲が切り取られてしまう→こちら
EPSON GT-X980 ドライバ設定→こちらのページ

 EPSON GT-X970 ドライバ設定
 GT-X970は冷陰極管方式のため、光量が安定するまでのウオームアップ時間が約30秒程度必要。
店主の推奨設定 
モード  プロフェッショナルモード
 名称
※最後に付ける
 名称
 設定内容を名称登録
 フィルムにより使い分け
 →取り込み設定の迅速化
 名称例
 ・35白黒-48-16
 ・35ネガカラー-48-16   
 原稿設定  フィルムホルダ使用 
フィルムタイプ  選んでください
イメージタイプ   48bitカラー(16bitRGB×3)
 速度優先  チェック入れない 
 解像度  4800dpi (妥当な?ファイル容量として)
※素子ダイレクト解像度は6400dpi
 アンシャープマスク  レ点を外す(ソフトでお好みに)
 スキャン直前にレ点再確認を
 お勧め。
知らぬ間にレ点復帰注意
 粒状低減   カラーフィルムの使用時に
 人物等に「好み」で使用。
 「白黒」にはお勧めできません。
 退色復元  古いネガ・ポジカラー用 
 逆行補正  使用しない→ソフトで修正する。
 ホコリ除去  このモードでは使えないはず 
 DIGITAL ICE  カラーネガ、ポジ用。
 白黒は使用不可ソフトで修正
 
※レ点を入れたらアンシャープ処理にレ点が入る!
 
レ点をON-OFFした場合、該当コマに反映します。
 このとき、
アンシャープにレ点がちゃっかり入る場合が
多い
ので、外す場合はスキャン直前で外した方が確実
 上表下部の 「環境設定」はの4画像で確認してください。なお、「フィルムサイズ」はお持ちフィルムに合わせてください。
↑ネット表示の関係で最近は2.2が主流です   ↑表示単位、主に使うmm(プリント)とピクセル(ネット)の基準で
↑ブローニーフィルムのサイズを入力(無ければスルー)   ↑スキャナーが画像の演算などを行う場所として
2016.10-EPSON GT-X980でハーフ判スキャン実践研究??掲載
スキャン時フィルムの周囲が切り取られてしまう→こちら
 EPSON GT-X980 ドライバ設定→こちらのページ
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved