フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所 
フィルムの危機紹介
スキャンアドバイス

店内業務・関連製品の御案内
メガ盛り2杯!未だ足らん。散歩グルメ 
鉄道写真や録音の
見出しページへ
   まず最新の画面に更新をお願いします。インターネットエクスプローラ上部のアイコンこのマークをクリック!
2018.034. NIKON(D850) フィルムデジタイズアダプターのコメント
 当店では35mmポジ(マウント)はD800直写「RAW渡」(添付ファイル付)です。
ピクセル(pix:色粒)とドット(dot:粒)各社で定義が違うようです
例:RGB各受光素子を数えれば3px、まとめて1とすれば1pixまたはdotなど定義ありすぎ
当サイトでは上記の状況を無視?して同義として扱っています。
 dpi:1インチあたりのドット(粒)の数 
         ドット・パー・インチ
 ppi:同上のピクセル(色粒)の数 
         ピクセル・パーインチ
  「D850」及び「D800」と「9000ED」フィルムスキャンとの差異 
項      目 9000ED   RAW渡し(Nikon-D800)
現在D850移行のため中止
Nikon D850 RAW渡し
(現在、試運転中) 
 解像度 (マウント枠一部含む) 4000dpi (ライン)
35mm=通常:横5904pix縦4000pix
公称7360ピクセル×4912ピクセル)
マウント部黒枠は下記の参考画像のように若干入ります。
画像をギリギリ切出せば
横6850×縦4650ピクセル程度
の数字になります。
 公称8256ピクセル×5504ピクセル
マウント部黒枠は下記の参考画像のように若干入ります。
画像をマウントのRを避けた内方ギリギリに切出と
横7362×縦4876ピクセル程度
の数字になります。
 ファイル容量 (およそ)   (TIFFファイル)135MB RAW 70~80MB(画像により異なる)  RAW 94~91MB
※画像により上記範囲の以上以下あり
 現像後のTIFFファイル容量 (およそ)  現像処理無
※スキャナー内で機械自動現像
右欄のピクセル数の比較用
35mm=通常:横5904pix縦4000pix、135MB
207MB:周囲切り取らずの値。
※解像度変更:ピクセル数、容量は変化無 
※ピクセル数変更:容量は変化。
  例:5906×3942ピクセルで約134MB
他のファイル形式も含め検証中 
※多忙のため遅々としてます。
  スキャン時のゴミ取り  デジタルICEで可能な範囲部分を除去
※画像が変にのっぺりする部分が出ます
原則不使用
 自力でゴミ取りとなりますが、粘着性のゴミだらけでなければ、若干のスポット修正で済むまたは修正不要が大半です。  ←同左
  現像ソフト  不要 現像、閲覧程度ならNIKON-CaptureNX-D最新版をダウンロードして御使用ください。
※同社サイト参照
SILKYPIX最新版があればベター
同左と言いたいが、未検証 
  当店のスキャンセット
 ※ JPEGはソフトの最高画質で設定
(1)元TIFFデータ
(2)(1)を加工のJPEG4000dpiデータ
※白黒の場合→白黒化データに加工後
(3)見出576dpiデータ
(4)A4ベタ焼用データ 
(1)元RAWデータ
(2)(1)を加工のJPEG-RAW同値dpiデータ
※白黒ポジの場合→白黒化データに加工後
(3)見出576dpiデータ
(4)A4ベタ焼用データ 
(1)元RAWデータ
(2)撮影時カメラ内で同時に生成する
  RAWと同pix値のJpegデータ添付
(3)見出用(2)加工の576dpiデータ
(4)A4ベタ焼用データ 
  スキャン解像度の優劣について  双方ほぼ同一の性能と判断。色調等はソフトで容易に修正可。
 ※双方ともフィルムの粒状の部分までほぼ解像している。        
 検証中ですが下記のブレ画像もご参考に
※D850を除く双方のスキャン画像 
※全てデフォルト設定補正無し。RAW現像NIKON-NX-D現像(V1.4.6.)
元画像を横450pixで指定切り抜き
手持ち撮影ASA64エクタ撮影。時刻は朝通勤時7時台
 
9000ED、D800、D850 スキャン例 
この画像は
ブレていますが比較のため同じ画像をスキャンしています。
↑9000ED ↑D800 
D850デフォルトスキャン 画質モード「RAW+FINE(jpeg)」
 カメラのRAW撮影時に同時に生成されるJPEG「★FINE」利用。
 以下の画像も同様加工作成。
 上記2枚よりポジフィルムは約4年経過しています。
 
 スキャン範囲も以前の2コマにほぼ合わせました。
 レベルなどの違いは下の花電車とも比べてください
 ※光源が落ち着いてから撮影したものに差し替えました。 
  
↑D850 
450pix-454pixで範囲をトリミング 
9000ED D800 
D860?登場まで空き(苦笑)
↑ D850
アンシャープ処理後 (100-0.5)
 ↑9000ED D800 
←上記の2機種と同様に
アンシャープマスク100-0.5をかけたもの
  デジタル機器は内部でかなりエッジを際だたせる処理をしているので、最近のモノほど性能は上がる傾向
 横浜市電さよなら花電車をスキャン (上記と同じ設定)
   
9000ED  D800 
D850デフォルトスキャン 画質モード「RAW+FINE(JPEG)」
 カメラのRAW撮影時に同時に生成されるJPEG「★FINE」にて
 上記2枚スキャン時から原版のポジフィルムは約4年経過しています。
 
 スキャン範囲も以前の2コマにほぼ合わせました。
 ※上の相鉄の同じデフォルト撮影ですが、ややアンダー気味なのか
  設定が何か違うのか?
光源の安定時間なども関係します。 
 ↑D850
↑9000ED
 ↑D800
 
 ↑D850
EOS7Dで撮影した手軽な光源も無かった頃の 大昔に作ったKenko-DSLRページ反転の参考にでも・・・。 
フィルムの危機紹介
スキャンアドバイス

店内業務・関連製品の御案内
メガ盛り2杯!未だ足らん。散歩グルメ 
鉄道写真や録音の
見出しページへ