フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
各ページ大画像多数です。「ADSL」環境は受信に時間を要します。そのまましばらくお待ちください。
    最新の画面に更新をお願いします。上部にある「ページ更新」このマークをクリック
    または、上部にある「表示」→「最新の情報に更新」で画面を最新情報にして御覧願います。
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
14720系その1 14720系その2 生録付14770(14790)、14780、10020 吊掛車(7530、12510、147050)、クハ120、160 上横江・横江駅
生録付本線4連特集 生録付 14760系 サボー!立山砂防軌道 北陸鉄道目次(石川線)
10025編成の3連と上滝・不二越線の増結+クハ173形(173、174)クハ175形(175) 
富山地鉄10020形3連10025
↑ワンマン化する車令では無いので改造が見送られている唯一の編成。3両編成が必要な間はワンマン化されることは無い。北陸新幹線効果で2017現在波動用として3連を組むことがあるかも知れない。 
富山地鉄クハ173形174+モハ10025-3連
 上滝・不二越線の朝はクハに順光。モハは上記のように曇天以外は影になる。
富山地鉄10020形3連10025
↑不二越・上滝線の仕業で戻らずに岩峅寺で立山線に転線。五百石、寺田経由で本線に戻っていた一時期に撮影。
富山地鉄10020形3連10025
 この場所はどうにか朝の列車に対して順光気味に鳴る場所。通信ケーブルの支柱が無いため、ここで撮影。
富山地鉄10020形3連10025
↑来る日も来る日も愚直に撮影。どピーカンに巡り会えることは無かった。
 富山地鉄10030形
一番列車をおりたら枕木に真っ白く霜がたっていた。背後の北アルプスはこれから夜明けの美しい時間に。 
富山地鉄クハ173形クハ174+14760-3連
↑クハ174の3連。14760の運用に余裕があった時期は10025以外に、このような組あわせもあり。
富山地鉄,クハ173形173号+14760形3連
↑クハ173のピンボケ画像 2017年月現在在籍。10020連結すれば統一編成美(らしく)なる。
富山地鉄クハ173形174+14760-3連
 ↑クハ174の連結面。14760形と同じ車体のクハ175も妻面は同じ。2014年クハ174は廃車となったが、クハ173が在籍中。
     皮肉なことに新幹線が
開業して増結列車が増加。
     14722が頑張っているの同様の整備が可能でクハ174を廃車しなかったら3連がもう1組成の増発可能だった?(非ワンマン列車のため車掌の要員増の対応もあるが)
 2017現在、虎の子のクハ175。頑張ってけれや〜。
富山地鉄14760形4連14764
↑本線に重用されている14760も、この頃はまだ10020の2編成が本線を駆け巡っていたので、この線の乗客が多いこともあり4連2本対応だった。
富山地鉄10030形4連1032
↑岩峅寺に向かう輸送力列車。10030も4連を組んで登板。新車増備が思うに任せない昨今と乗客減のダブルパンチで廃車の分は編成減で充当しえいるのが現状のよう。
富山地鉄10030形4連10032
 ↑学生、通勤客を乗せて富山方向へ。現、小杉駅は高校生の利用が多い。
富山地鉄14760形2連れんげ
↑今は栽培しているのだろうか。鋤込みの肥料としてレンゲがもてはやされた時期が合ったが、手間とお金で簡単な「撒き肥料」主流
富山地鉄14760形れんげ
↑現地で撮影時はとても綺麗に見えていた。今もあるとうれしいとお金も何も払わぬ観光兼撮影者。勝手なものだ。耕作者の方に謝意。
富山地鉄月岡駅10030交換
↑月岡駅、変わってなければ全国でもまれな交換可能な素敵な小駅と思う店主。
 富山地鉄月岡駅待合室
 ↑素晴らしい待合室。地元の利用者にとっては寒くてたまらん。
 富山地鉄月岡駅便所
 ↑今もあるか月岡駅の便所。
 
 ↑沿線の風景をパチリ
富山地鉄14773F3連
↑一面の霜の中を岩峅寺へ急ぐ。数世代前のコンクリート鋼管組み合わせのPC枕木のレールクリップに注目。
14720系その1 14720系その2 生録付14770(14790)、14780、10020 吊掛車(7530、12510、147050)、クハ120、160 上横江・横江駅
生録付本線4連特集 生録付 14760系 サボー!立山砂防軌道 北陸鉄道目次(石川線)
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved