【2023.01.20更新】Ver3.01
最近のTVはUSBに記録した画像を直接読める機能もあるようです。
出来るTVの方は取説をご覧頂いてSCANした画像をUSBに貯め込んで、大画像で楽しんでください。
そのテレビに合わせた画面解像度がありますので、取説に従ってください
このページは2017.06.08の記事で機種、機器などは終売で削除しました。
< 口上 >
  往年、暗室やってたんだ!の方々はきっと・・・。
   冷房もない4畳半の畳部屋、夏は氷柱立て、冬は現像液ヒーターで20℃厳守。タタミに新聞紙厚く敷いて、
 雨戸締めて、遮光カーテン張って、赤い暗室電球、酢酸くさい暗室。
恵まれた方は「写真部の暗室」
   での思い出がたくさんあると思います。
   店主は押し入れ中段に引伸機を反対向けにセット。必死でタタミの「半切」にピント合わせ。
 小片で段階試し焼き。定着、水洗,ムラ無き乾燥までが本当に大変でした。
   いよいよ「全紙に挑戦」とバットまで買たものの、中断の憂き目に。
   大きな画像を眺めるのが夢でした。それが現在、トリミングや画面加工の自由で大画面作りが
 可能になりました。大型テレビがあればスライドもプロジェクターも不要です。
  暗室はやってないけど「大画面をマッタリ鑑賞」派の方々の作品がネット経由でどんどん増えれてくだされば、
   いろいろな方の想い出を大画面で見られて楽しいんだけど。との思いで
  インターネット経由のホームページの大画像を見る企画です。 
【注記無き限り】以下の画像は横1400pixの切出画像です
 <インターネット画面閲覧は2つの方法があります>
(1) TVのネット機能でダイレクトに見る
 結果 すこぶるよくありません。
       
キーボード・マウスが使えず、表示も良くない。
  超不便で店主はとても使えません。

     ※リモコンのボタンで検索文字などを変換入力

(2) パソコン→HDMI接続→
  パソコンの
ディスプレイ(モニター)として使用 
  結果 上々

 (3) iPhone・アンドロイド対応機器経由で(大型)テレビに表示
         店主は御紹介のみで当面、導入の予定はありません。ご興味のある方はご自身で比較ご検討をお願いいたします。
TVの直結LANで直接ネット受 像した画像の例 
上記(1)の事例

全てリモコンのキーボード操作で扱えねぇっ~つ~の
画質が固有の解像をしているのかモヤモヤサマーズ色調もありえへん。
 ↑ 右寄り設定で表示されるので中央位置に来ません。 ↑同左プラスで見られたものではありません。
※偏角はカメラの位置に依ります
 ↑ハット! トリック!はみ出しではありません。当初からの構図です  $(_ _)$
 ↑ネガハーフ判から切出
 ↑築地行7045   ビューゲルのカバーが屋根のカーブに合わせてあるのに浮いている不思議。寸足らず?そういう構造?
横ピクセル指定数値で切り抜いた画像の状況    
※スキャン画像をトリミング(9660×6036)した画像を下記の「ピクセル各数値」に縮小したものです。縦のピクセルも当然変化します。
各画像全てアンシャープマスク(100-0.3)を掛けています  
 
 
 
 
元画像(7890×3492-4000dpi)を横1400pix縦622pixの指定のみで切抜-504KB
同左元画像を解像度72dpi追加指定で切抜-415KB。89KBほど容量が違います。元画像の状況にもよります

 まぁいろいろと以前貼り付けたり、新規に貼ったりの状況で・・・。記載以外は解像度を72dpiにしています
 
 
 ↑表示は上下がけられる場合があります。
 
 
↓↑横長画像ですが、双方ともトリミングが大きくjpg切り抜きで↑は結構画像ブロックが散見されます
 
 ↑2023.01現在、消滅に向かう2000系
 んんっ、なんか交通案内の電光掲示版が!
 冬、通特709Bレに神奈川新町駅場内第一信号機が停止を現示。
仲木戸駅を歩くように通過、4号車がB点を通過する時点で本線が開通しYG現示が出た。
低速走行のため、各抵抗器からの排熱が冷気の中に陽炎となって上昇している。
じぇじぇじぇ~!
フィルムの危機紹介
・大量スキャンのアドバイス
ビネガーシンドローム(フィルムが丸くなる)
スキャン営業内容他
・フィルムデータ保管法
・取り込み解像度比較
スキャナー用フォルダの例
喰ったら体重倍返し
成人病百貨店盛業中
随時更新中。お立ち寄りを
地方鉄道中心の
写真・録音見出ページへ

旧客峠駅売、山スカなどお勧め 
鉄フェイクブックNEWS
某急コメント 
熊電500形 1200pix
飯田線旧国 1350pix
 
 
 
 
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved