フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
 弘南鉄道尾上高架橋タイトル
■弘南線尾上高架橋+番外:浅瀬石川橋梁           大鰐線石川陸橋はこちら
  正式名称:尾上高架橋 延長344.1m
 弘南鉄道尾上駅〜尾上高校前駅間の尾上高架橋の更新工事の状況です。
 尾上高校前駅の無かった時代は尾上駅発車後、列車はリンゴ畑が切れると同時に高架橋に飛び出す感覚で、吊掛車独特の惰行音を響かせて駆け下り、左カーブに突っ込んで田舎館までの直線を再力行かましてました。とてもスピード感があった覚えがあります.
これが上路ガータ鉄橋だったら、底抜けなのでもっと怖い感じ・・・。
尾上高校前駅が開設されて以降、過走防止対策として黒石方面の橋梁走行は50km/hの速度制限がかかりました。
構造は型枠鉄筋流し込みと思われます。
鉄筋の処理や使用材料、施工管理等のコンクリート橋梁の施工技術はPSコンクリ系の現在から比べれば格段差があったと思います。
弘南鉄道尾上高架橋左側
 ↑↓尾上高前から津軽尾上方を遠望したもの。
弘南鉄道尾上高架橋右側
弘南鉄道尾上高架橋補強状況-01  ■左は2010年の状況

門型架線柱の左側に橋脚を新たに増設。

■下は補強脚のない以前の状況。
門型架線柱の右側の橋脚には補強脚が無い。
訪問のたびに少しづつ変化していました。
2011年1月現在も年次計画で路盤桁の強化や当初の橋脚の間に新たに橋脚を設置して補強、補修が継続されています。
例として
↑↓の写真をご覧ください。 
弘南鉄道尾上高架橋補強中-02
 
取り付け区間
尾上高校前駅を発車しての上り勾配を加速する8レ
弘南鉄道尾上高架橋を加速する7000系4両編成
桁は外装が整備され、橋脚間に新しい脚が入れられた。
 弘南鉄道尾上高架橋橋脚  ■←補強された橋脚を下から見たところ。全て門型。
古い脚は外側にコンクリートを巻き劣化防止対策。

■↓尾上方から見た2カット。線路遠方左側が尾上高前駅舎
弘南鉄道尾上高架橋全景
弘南鉄道尾上高架橋尾上方取り付け部
 ■浅瀬石川(あせいしかわ)橋梁の掛け替え
弘南鉄道境松駅浅瀬石川橋梁架替 ■浅瀬石川橋梁(135.65m)が老朽化したのと河川改修が重なったような記憶がありますが
一旦仮橋に移って新しい橋梁の橋脚工事をしている時の写真です。
新橋梁も下路ガータのため写真撮影には向きません。

近接する境松駅はホームの一部が小阿弥堰(こあみせき)橋梁(22.6m)に組みまれています。 
店主作成サイト 弘 南 鉄 道 総 合 目 次 リ ン ク (Aは画像アニメーション)
弘南鉄道株式会社
ホームページへ
・ラッセル車情報+A
私製ダイヤはこちら
連写動画室(目次)-A
ラッセル列車中心
ラッセル車P01P02  ラッセル車車内
2017イベント
2016イベント
ふれあい
  感謝祭2012(第3回)
 ふれあい
  感謝祭2013(第4回) 
 2014イベント   2015イベント  
フリー切符・企画切符 冬の暁&早朝 6000系+A 工臨ED221+ホキ1246 輸送力列車+A
尾上高架橋石川陸橋 鯖石駅夜景+A 大鰐線+A
社長廃止発言店主考察
貸切列車申込書(公式) 施設・情景
ニュースの倉庫
 田んぼアート駅 7000系 過去車両 黒石線(廃線)
店内各コーナーは下記をクリックで出発進行です。※TOPへはバナーをクリック
・ビネガーシンドロームの実態
・自分で大量スキャン実行方法 
当店のスキャン業務等   店主の地方鉄道巡り  店主のお散歩・グルメ
※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所  
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved